初巳大祭のこと

0
     震災関連のニュースが増え始め、当時のリアルな映像を見ると思い出し、大変なときのことを思うと涙がこぼれそうになりますが、先走って5月、初巳大祭のことをお伝えいたします。

     今年5月(巳の月)初巳大祭は、例年より初巳の日(今年は5月3日)より、始めて一週間斎行される習わしです。


     期間中の日曜日(今年は5月5日)には、盛大に神輿渡御も執り行われることになっています。


     今年の初巳大祭本祭は、巳歳御縁年大祭としても「本祭」の位置づけを担っています。



     昨年は牡鹿半島各浜の方々のご協力もあり、震災以降2年ぶりに御神輿を出すことができました。



     今年は稚児も含め威儀物(いぎもの)行列を省略しないで完全復旧の形で行う予定です。




     


     5月になると境内には桜が満開になっています。

     ソメイヨシノは4月下旬が見ごろで、八重桜は5月上旬が見ごろです。






     来る巳歳御縁年開扉大祭においても、巫女の弥栄舞が執り行われますが、5月初巳大祭本祭においてもやはり弥栄舞が榊・鈴の舞として奉納されます。






     
     桜咲く頃の金華山は、震災前の近年まで、桜の病気も少なく、松の松喰い虫の被害もなく、それはまるでまさに桃源郷のようでした。

     




     今なお、その片鱗は感じられることと思います。

     上の写真は昨年4月に来山された日本を美しくする会ボランティア様御一行の中の渡邊翔一様により撮影されたものです。


     鹿と桜、そして海が同時に見られるのは金華山くらいのものではないでしょうか?


     この春、御開帳の巳歳大祭(3月18日〜)には、より多くの方々がこの地を訪れ、ご参拝なさることを願っております。




    己巳の日

    0
       今日3月4日は己(つちのと)巳の日、午前10時から弁天堂にて己巳の日弁財天御縁日祭が斎行されます。

       暦上、十二支が一回りすることで12日に一度巳の日があり、さらに十干(じゅっかん)十二支でみると60日に一度、この己巳の日が訪れ、己巳は弁財天の御縁日とされているため、この60日ごとに奥殿遙拝所である弁天堂にて執り行われるお祭りが御縁日祭です。


       下の写真は昨年夏に撮影された島内の蛇の写真です。






       「弁天堂」は、昔から金華山の本社としても存在しており、江戸時代兵火により荒廃した折にも伊達藩などに修理を協力されている棟札が残されておりますが、現在の弁天堂は平成元年己巳(つちのとみ)歳に御縁年大祭の記念事業として建立されたものです。






       さて、平成25年は癸(みずのと)巳歳です。

       癸は「き」とも読み、草木の種子の内部にはらまれたものが、しだいに形づくられてその長さを測るほどになった状態を表しています。

       一方、巳は月で言うと旧暦4月ですが、草木が繁盛の極限に到達した有様を表すと言われます。


       昨年から今年にかけて、次第に形作られて来たものが一気に成長することを暗示する年周りと言えましょう。



       


       ちなみに巳歳御縁年大祭の本祭に当たるものが、「巳歳御縁年初巳大祭本祭」でして、これは巳の年、巳の月、巳の日、そして巳の刻の午前10時より執り行われるお祭りです。

       それが5月3日ですが、この巳の日は、今までのお話の己巳の日にも偶然当たり、それでなくても、巳が四つ重なる御縁中の御縁のお祭りですので、心しておかなければなりません。


       是非この際に、多くの方々に御来山いただければと存じます。


       (たまたまゴールデンウィークにも重なり、4月からは仙台・宮城デスティネーションキャンペーンも始まっています。)



      雑記3

      0
          震災前、そう言えば近年は外国人の方々も多くこの島を訪れていました。
         
         外国人向けの旅行ガイドブックに宮城県は松島と金華山が名勝の地であると書かれていることもあってか、複数人で泊りに来られたり、山登りをされたりして、習わしに従い、泊られると御祈祷も受けられました。

         下の写真は珍しく金華山で結婚式を挙げたいというドイツ人の方々が来られた際の写真です。

         この時は通訳の方も添乗員でついておられましたが、40名位の団体様でした。





         山に入ると金華山は野生の鹿がおります。

         そしてもう少し暖かくなると蛇も・・

         (山で蛇に会うことは、金華山では弁財天のお使いなので、幸運のしるしです。)





         
         間もなく震災から二年、メディアの方も連日報道がなされていますが、金華山での震災とそれ以降の話は「震災ドキュメント」に詳しく書いてあります。

         
         




         一年前、その震災ドキュメントを終了するに当たり、来年3月にはどこまで金華山は復旧復興しているか、分かりませんがとにかく尽力してまいります、という旨のことを書いています。

         
         その頃に考え、思っていた未来図から比べると、現実はやはりずっと厳しく、複雑で、層が厚く、成し遂げることができたと言えないかもしれません。


         しかし、それとは別の唯一ある、今ここの現実から、常に始まるしかありません。

         
         
         常日頃この地のことを気にかけてページを見て下さっている方、あらためて、有難うございます。

         
         今後とも何卒お見守りのほど宜しくお願い申し上げます。



        春の嵐

        0
           今日、3月2日は昨日来るべき予定の春一番の風がやって来ました。

           
           桟橋付近の小幟が一本ぽっきりと折れてしまい、夕方の今もなお強い風が吹いています。

           

           海のことに素人なのでなぜだか分かりませんが、波はそれほど出ていないように見えます。


           午後2時頃の金華山付近の海上の様子です。

           






           参道の崩れた付近の個所は、山ののり面が保護されていないためか、強風のたびに砂まじりの小石がパラパラと落ちてしまい、掃いても掃いても落ちてきてしまいます。






           
           現在の参道部分で、台風による崩落・修復個所は上の写真のようになっています。

           




           桟橋付近お土産屋の解体工事は進み、あと2,3日で完了します。
           
           
           (頂上大海祇神社修復もあと2,3日で完了するようです。)


           昨日1日に考えたことですが、自然災害を身体の「病」に例えることはできないでしょうか。

           飢饉や疫病のような災いと台風・地震の災いも全く同じではありませんが、同じ「自然」のことです。


           その中で生きる人間は、科学で予測・観測・対策する必要もありましょうが、身体に例えても「健康」というためには、自然に深く学んできた先人たちの知恵が不可欠に思えてなりません。



           巳歳御縁年大祭まで、カウントダウンが始まっています。

           まるで眠っていた蛇が目を開け始めるかのように。



           
           


          震災2年目を前に

          0
             今日、3月1日は間もなく18日より始まる巳歳御縁年大祭228日間のために備えて、桟橋鳥居付近の大幟を試験的に立てる作業を行いました。

             この個所は津波が来ており、震災以降、大祭であってもずっと大幟は立てられずにいましたが、巳歳大祭にはやはり立てる心づもりでいました。




             ちなみに、上の写真の鳥居の下の横棒まで津波は来たと言われています。



             

             祈祷殿横の大幟も杉でできた棒を新しくし、より高く掲げられるように致しました。


             本日夕方、午後6時半頃から仙台放送にて放映された金華山巳歳大祭に関わる特集を、たまたま見ることができました。

             震災以降尽力頂いておりますボランティアの方々も含め、鮎川近辺のなじみの方々が出演されており、クジラの料理でおもてなしをするという企画が取り上げられ、金華山・巳歳大祭にかけて頑張っておられる皆様の声が紹介されて嬉しく拝見させていただきました。


             今日は3月1日、平成23年の東日本大震災発災以来からやがて丸二年が経とうとしております。

             


             
             鮎川港付近の現状です。 


             よく言われることですが、以前は そこに町がありました。

             



             上の写真の白い建物の3階部分まで津波は訪れ、町並みはすっかり呑まれてしまいました。

             今は津波被害区域の瓦礫はたいがい片付いたものの、未だ解体工事中のものもあり、荒涼としています。





             かさ上げ工事の済んだ部分の港湾にて漁業は営まれ、今は上の写真の近辺から金華山行きの船も発着しております。

             
             
             3月1日、2日と海上が時化るとの予報から船は全便欠航となりましたが、10℃を越えるほど暖かくはなりつつも、実際当地では今日は予報ほどの春一番の風はまだ吹きませんでした。

             余儀なく来山できなかった方々も多くおられ、震災以降、荒天予報・警報の報道は時として過剰になされる傾向ができているため、船の運航もやはり安全責任から予報に従わざるを得ません。


             震災二年目を前に、自然=現実 などについて思うところが多くあった今日一日です。・・






             


            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << June 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:432 最後に更新した日:2018/06/20

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM