埋め立て作業ほか

0
     今日は埋め立て作業を、古い木の電信柱を用いて土嚢止めを作ることに半日がかかりました。



     昔、電信柱は木だったのです。そしてその廃材が金華山には多数残されておりました。



     あるものを活用するのが方針です。

     






     春の嵐を過ぎて、今日、海は大変穏やかになり、快晴となりました。



     本日は、宗教学者の中沢新一様もご参拝に訪れています。









     

     

     木の電信柱を組み立てるとこのようになります。



     これで幾らかの十分な「受け」ができたので、後はひたすら土砂投げ入れになります。








     

     長期連泊のファーストアッセントジャパン村上みちこさんは参道崩落個所現場上の、浮き石や倒木を落とす作業を試みておられました。



     どのみち遅かれ早かれ落ちてしまうものは早めに落として処理しておいた方が良いことはもちろんです。








     

     桟橋かさ上げ工事は、2号、3号、防波堤と完了しており、次はいよいよ1号桟橋となります。



     1号桟橋はかさ上げがまだであることから、満潮時間になると完全に海に沈んでしまうことが分かります。











     参道崩落個所の修復作業は悲願のことで、自分たちの手によっても、次第に形になっていくことを嬉しく思います。













     4月1日、とうとう新年度が始まりました。




     来る5月10日「初巳大祭」に向けて、また同月11日の「初巳大祭神輿渡御」に向けて、本格的な準備が迫られております。





     春の野鳥も姿をよく現すようになりました。













    ここ数日の出来事

    0
       3月29日には、初巳大祭第70回実行委員会が牡鹿総合支所二階研修室にて行われ、今年5月11日(日)の初巳大祭神輿渡御に関して、各浜の代表者が集まり快く討議することができました。 









       同日、ファーストアッセントジャパン12名様と、This is a pen 6名様がボランティアで来られ、ファーストアッセントジャパンの方々は来る5月4日・5日の「宝島フェスティバル」というボルダリング公開イベントと、4月26日・27日の「宝島サポーター募集」ということで段取り下見に訪れていました。
       

       (「ファーストアッセントジャパン」で検索願います。)



       This is a pen 代表岡田章吾様計6名の皆さまはボランティア奉仕で、一日目はダム周辺の土嚢づくりを行い、二日目は荒天のため室内にて社報発送作業にご協力頂きました。



       作業の中にも、和気藹藹と楽しい時間が過ごせました。





       写真がないのが残念です。




       そして春の嵐により今日は完全に船が欠航となり、大雨のため参道埋め立て個所がまた少し下がってしまったところを連泊で残られたファーストアッセントジャパン村上様ほか計3名のご協力により土嚢を用いて再度埋め立て、また社員と上川氏により埋め立て作業を続行しました。




       今日は主に倒木伐採の残骸を埋め立てに用いました。











       古い木の電柱も土嚢止めとして活用されます。


       昔の人たちは、こうして土木作業を行ったものと思います。









       案外と、埋め立ては進みました。










       太くて長い、したがって重い、木の電信柱を、三人で適度な位置に決めることができ、写真を撮りました。











       後はダンプが復活すれば、重機による石のガレキの埋め立てが始まり、そしてまたひたすらダンプ&重機の土砂の埋め立てということになります。











       今日で3月も終わり、明日からは4月、新年度が始まります。




       様々なものが終わり、また新しいものが始まる節目となります。





       金華山はまた一歩、新たな世界に向けて踏み出せるでしょうか。






       震災後4年目、この年が正念場と言われております。・・・







      重機&ダンプ

      0
         参道崩落個所埋め立て作業は順調に進んでおりました。

         
         埋め立て部分を埋めるためには小さな丘一つ分くらいが入りそうな勢いです。


         しかしこの丘はもともと、以前参道工事を行った際、参道に「もしものことがあれば」活用するためにと保管されていたもので、今回それがまさに活用されている訳です。

         







         

         穏やかな海はきれいで輝いておりました。








         

         そんなところ、作業途中に四駆ダンプが四駆にならなくなるという故障が出てきてしまい、作業は中断せざるをえなくなりました。










         金華山において車はつねに四駆でなければ、ちょっとした坂も上がることができず、ダンプ・アップ出来る車は作業に不可欠で、これは致命傷となりました。



         日産の方に修理を要請し、4月以降に直る見込みです。



         上川氏・三上氏による作業は、再び石の五重の塔の組み立て作業に戻りました。




         暖かくなり、春の訪れを実感する今日この頃です。・・・・







        参道崩落個所埋め立て 

        0
           ボランティアさんが帰られても、ボランティア中のボランティア、上川氏と三上氏が長期滞在でおられる限り、作業はひたすら続行します。


           今日も参道埋め立て作業を、重機とダンプでひたすら埋め立てに没頭しました。



           いくらか、少しずつ、埋め立ては進んでおります。












           一段目部分が二段目以下、一番下まで土砂が届くようになると下からの支えが出来たことになるのでしめたものです。



           松の流木などを利用して、補強資材をさらに投入致しました。









           

           道路幅は明らかに拡張されておりますが、上から小石が落石で落ちてきがちなのでやはりこの個所は注意が必要です。














           今日はここまで進みました。




           重機が復活すると、できる作業は一気に増えて、他にも補修必要個所は多数あるのですが、当面はここの作業をやらなくてはなりません。





           春一番、春の嵐は過ぎ、梅雨どきの台風に備えて、早めに手を打つ必要があります。




           また、秋の台風は増して恐ろしく、遅くとも夏までに完了させなくてはなりません。・・・





           金華山の桜はまだまだですが、恵比須大黒尊像後ろの梅はすでに咲いておりました。





           やがて新芽が吹き出す頃になると、やっと鹿たちも飢餓から解放されて、島全体が春の気に満ち、一気に勢いは増してまいります。





           毎年のことですが、蛇が冬眠から覚める季節がやってまいります。・・・・








          地球の歩き方・VCを支援する会ボランティア作業

          0
             3月20日(木)、風の旅行社扱い・「地球の歩き方」復興支援ツアー並びにボランティアVCを支援する会の皆さま16名が来山され、本日21日(祝)から作業は始められました。



             今日はお彼岸の中日に当たり、早朝一番祈祷後、春季皇霊祭遙拝式、並びに春季霊祭が斎行されております。


             
             作業は多少の雪もありましたが、参道崩落個所埋め立て作業の続行となりました。


             

             部品が完全にそろったため、中型重機もフル活動できるようになりました。(!)








             ダンプ・4駆軽トラック、2駆トラック、運搬機(クローラー)らを駆使して作業は行われます。









             埋め立てのためのパイプ補強なども進み、土砂や石、土嚢を投げ込んでひたすら埋め立てて行きます。








             これは昨年4月19日・20日に行おうと試みた作業の延長にあり、台風被害で土砂が堆積したダムから出てきた土砂を埋め立てに活用させようとする、というものです。







             


             そのときは100名でダムの土砂上げに専念した形となりましたが、やはりそこからの運搬は苦労したものです。



             
             午前中降っていた雪はお昼過ぎころ晴れ、作業日和となりました。








             

             しかし、昨日の大雨でせっかく埋め立てた一段目部分が30センチ以上下がってしまい、2段目部分を埋め立てて補強を入れて行くこととなります。










             いくらか、少しでも前へ進んでおります。



             
             為せば成る、の精神です。・・・








            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << May 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/05/20

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM