G.W.

0

     4月29日から始まりましたゴールデンウィークもおそらく5月4日の頂点を控え、続々と参拝者の方々が訪れていらっしゃっています。

     

     

     今年はゴールデンウィーク中の平日にも臨時船が運航されるとあって、金華山渡航の利便ははかられ、お泊りの方も連日いらっしゃいます。

     

     

     神輿渡御に向けて、御神輿の装飾も終えました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     本日はご参籠の愛知県・石田様による獅子舞の奉納が一番祈祷後、ございました。

     

     

     津波で流された石巻の大漁旗を身にまとい、震災後各地で舞われているとのことで、迫力のある獅子舞でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     御神輿と初巳本祭の準備は着々と進んでおりますが、3日から来られるボランティアさんたちのご協力が心待ちになっております。

     

     

     

     境内の八重桜はすでに満開を迎えました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     この桜も御神輿渡御まで持ってくれれば良いのですが、少なくともGW期間中は参拝者の目を楽しませてくれることでしょう。

     

     

     

     明日2日はまた鮎川・女川両港ともに一便が運航され、3日からは女川3便、鮎川は8便も出ますので、各船会社にお問い合わせの上、ご確認頂きまして、金華山へご来山をお待ち申し上げております。

     

     

     

     

     G.W.は金華山へ!

     

     

     

     


    金華山の桜

    0

       4月29日、今日は昭和の日に当たり、早朝6時30分より祈祷殿にて「昭和祭」を宮司以下の奉仕員で斎行いたしました。

       

       

       いよいよゴールデンウィークも始まり、女川港より一便、鮎川港より二便の定期船がそれぞれほぼ満船で出航されました。

       

       

       金華山の受付脇の山桜がいまちょうど見頃を迎えております。

       

       

       

       

       

       

       

       早朝の写真ですが、夕方にはほぼ満開となり、過剰な暖かさのためか、一方で散り始めてもいます。

       

       

       ご覧頂くにはお早めに!としか言えません。・・・

       

       

       

       

       

       

       

       こちら祈祷殿脇の八重桜はつぼみが膨らみ、夕方の段階で八分咲きでしょうか、いつも5月の初巳神輿のときに咲いていましたので、何とかそれまではもってほしいものです。

       

       

       GW期間中には確実に満開となります。

       

       

       

       

       

       

       

       

       船便は明日も女川港11:00、鮎川10:20と12:20の定期便が出航しますので、お時間にお乗り遅れのないよう、ご注意下さい。

       

       

       

       さて、来る5月3日には、風カルチャークラブ・VCを支援する会の総勢22名様が神社職務運営スタッフとしてボランティアとしてお手伝いに来て下さり、今回は4泊5日のご予定で5月7日・日曜日の御神輿の日までご奉仕される予定ですので、誠に頼もしい限りです。

       

       

       

       先だって本日先発隊の厨房・押切さんもすでに入られました。

       

       

       通常業務のみならず、お祭りのときに合わせてこうした形でご支援を頂いておりますことは、平成25年の巳歳正月以来、ずっと助けられておりますことでして、おとりまとめ頂く方々・ご参加頂く方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

       

       

       

       神社はこうして多くのお手伝いの方々のお手をお借りしましてやっと大きなお祭りごとが行えるもので、そこには、中心とする神さまのお働きかけが強くあるものとも感じられます。

       

       

       

       御神縁によって、ご奉仕もされ、あるいはご来山されてご参拝もされ、そういった諸々のつながりが、大小の大きな輪となって、神社や祭典が成り立っていく、このことが事実まさに悠久の昔から連綿と続いて来たからこそ、こうして現在があるものと思い受けられます。

       

       

       

       たとえ震災があろうと、かえってむしろ新たなご縁が生まれ、新たなつながりでまた大きく羽ばたいていくのが信仰深い神社たるゆえんです。

       

       

       

       こうして、これまでにも何度も困難を乗り越え、幾度も復興を繰り返してきたのがまた金華山でもあります。

       

       

       

       その現場に、私たちはまた一つ直面しています。

       

       

       

       

       G.W.は金華山へ!    

       

       

       

       


      G.W. /初巳大祭間近かに

      0

         G.W./初巳大祭を間近に控え、先ずは船便のご案内を申し上げます。

         

         女川発4月29日から5月2日までは

         

           毎便 女川発11:00  金華山発13:30 が運航され、

         

            5月3日から7日までは

         

           毎日 女川発   9:00 、 11:00 、 13:00

              金華山発 10:00 、 12:00 、 14:00 、 15:30 が運航されます。

         

         

         鮎川発4月29日から4月30日までは  鮎川発  10:00と12:30

                             金華山発 11:50と14:00 の二便が運航され、

         

            5月1日から2日までは   鮎川発 10:30  金華山発12:30  の一便です。

         

            5月3日から5日までは

            鮎川発 9:00、9:40、10:20、11:00、11:40、12:20、13:00、13:40

            金華山発 9:40、10:20、11:00、11:40、12:20、13:00、13:40、14:20

              の計8便が運航されます。

         

            5月6日初巳大祭本祭の日は 鮎川発 9:00と10:30 、金華山発12:30と13:30〜14:00

              の二便、

         

            5月7日初巳大祭神輿渡御の日は 

               鮎川発  9:00、9:30、10:30、13:00

               金華山発 12:30、13:30、14:00〜15:00

              の4便となっております。

         

         

          詳しくは船会社 鮎川港:金華山航路事業協同組合(0225−44−1850)     

                  女川港:潮プランニング(090−4639−9038)

              までお問い合わせ願います。

         

         

         

         さて、金華山灯台へ向かう海沿いの道は相変わらず津波被災そのままの有り様ですので、ご注意ください。

           

         

         

         

         

         

         

         

         以前はこちらに二軒の民宿もありました。

         

         

         今は見渡す限り白玉の浜になっております。

         

         

         

         

         

         

         

         その桟橋付近にあるのが、この度オープンしました、休憩所です。

         

         

         トイレもあり、船待合に活用できますので、ご来山のおりには中をご覧ください。

         

         

         

         

         

         

         

         その休憩所から少し進んだところに、御神輿の日に神輿が休まる「御旅所(みたびしょ)」があります。

         

         

         

         芝生を植えて、昨年、おかげさまで整備も進みました。

         

         

         

         

         

         

         桟橋付近の鳥居も健在です。こちらは昭和52年の巳歳大祭記念で建てられたものです。

         

         

         (津波はこの鳥居の下の横棒まで来ました。)

         

         

         

         

         

         

         

         

         鳥居付近には、初巳大祭告知の看板が立てられております。

         

         

         5月6日初巳の日から5月12日まで一週間、毎朝の開扉祭とご祈祷の度ごとに御本殿御開帳の儀が執り行われるのが初巳大祭です。

         

         

         神輿渡御は期間中の日曜日であり、今年は5月7日に行われます。

         

         

         

         

         

         

         

         神社付近まで昇りますと、各所に桜が咲いているのが目に見えます。

         

         

         こちらの写真は枝垂れ桜で、これからは山桜と八重桜が咲こうと各所でつぼみを膨らませております。

         

         

         

         

         

         

         おまけの写真は、御神輿の日に行われる特殊神事で使われる特殊大麻の長い若布です。

         

         

         春潮の一番干潮で引いたときに採取してまいりました。

         

         

         

         

         

         

         

         

         これがお祓いのための材料にもなります。

         

         

         

         震災以前はもしお草という海藻を活用しておりましたが、地盤沈下のため取れなくなってしまいました。

         

         

         

         震災は海藻の繁殖も変えております。

         

         

         

         ともあれ、4月29日から始まるG.W.並びに5月5日前夜祭から始まる初巳大祭には、是非ご注目頂き、ご来山遊ばせ頂きますようご案内申し上げます。

         

         

         

         内陣の御簾が開かれる初巳大祭の御開帳の儀は、格別のご利益が授かるものと、言われております。

         

         

         

         準備を重ね、万端の状態で、金華山一同お待ち申し上げております。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        金華山植樹祭斎行

        0

           ご報告が遅れてしまいましたが、去る4月15日(土)、金華山植樹祭が斎行されました。

           

           

           崇敬者総代・阿部和工務店様による桜と松の苗木それぞれ20本を金華山境内地に植樹するという試みは、震災前から続いておりまして、今回で9年目になります。

           

           

           東京都から1泊2日で来られておりましたボランティアのthis is a pen様20名もご参列頂き、その後の植樹作業にまた鹿の角切り場フェンス修復作業他にとご協力頂きました。

           

           

           

           霊島に木を植えるには神事を必要としまして、良く育つようにと祈念をいたします。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           阿部和工務店様総勢17名、this is a pen様20名、それに神社職員と元総代の三上さんも加えて合計40名近くで作業を行いました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           今回は、this is a pen代表岡田様の斡旋によりボッシュジャパンの提供があり、電動工具までご奉納頂きました。

           

           

           

           神社にご奉納頂きますことは、すべてにおいて有難いことでありまして、これまでの数々のご奉納の品々で様々な場面で物たちが活躍し、丁寧に扱うことで末永く活用させて頂くことになります。

           

           

           

           作業も含めまして、誠に有難うございました。!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           金華山の桜はソメイヨシノがすでに100年を過ぎて老木となっており、新しい若い苗木を植えて、数10年後を見据え、手入れをしていく状況にあります。

           

           

           

           苗木の植樹には、鹿よけの柵が欠かせなく、囲っておかないと鹿がすべて食べてしまいますので、十分に育つまでに囲いが必需となっています。

           

           

           震災前も、NPO環境ネット石巻様に、金華山植樹のプロジェクトを企画頂いたものでした。

           

           

           

           整備を重ね、桜の桃源郷をまた再びつくりたいものです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           現在の桜は、ソメイヨシノが19日の暴風で散り始めを迎え、これからは山桜と八重桜が咲くころとなっています。

           

           

           

           やがて散りゆく桜はいつ見てもはかなく、そこはかとない思いに誘われます。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           売店脇にありますのは、コウボウ桜という巨木ですが、こちらも散り始めではあります。

           

           

           

           樹木はいったいいつまで咲き続けることでしょうか。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           金華山参道の工事も法面まで進んでおりまして、通行の際には工事関係者より注意されますが、この工事は全く悲願のものでした。

           

           

           

           プロの方々は当たり前ですがしっかりと確実に段階を踏んで着々と工事を進めていらっしゃいます。

           

           

           (定点カメラで撮影し続けたら出来上がりの様子まで素晴らしい動きが見られることでしょう。)

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           工事関係者の方々も神社参集殿にほぼ泊まり込みで進められ、参道に関しては夏までの完成を目指していらっしゃいますが、山津波以降悩まされてきた道路幅が広がる参道工事の完了は、本当に楽しみです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           間もなく来週からはゴールデンウィークを迎え、工事はいったん中断されて、多くのお客様をお迎えすることとなりますが、出来立ての桟橋の待合所が活用され、多くの方々に生まれ変わりつつある金華山を堪能頂きましたら幸いです。

           

           

           

           

           ご来山頂きました方々、並びに初巳大祭の郵送でお申し込みの方々には、この霊島の、広大無辺なるご利益が授かりますよう、祈念申し上げます。

           

           

           

           

           ゴールデンウィーク期間中は、鮎川・女川両港ともに船便が増便されますので、追ってご連絡申し上げます。

           

           

           

           

           

           

           


          金華山灯台が国登録文化財に

          0

             金華山灯台は1876(明治9)年にスコットランド出身のリチャード・ヘンリー・ブラントンの主導で建設されました。

             

             

             高さ13メートル、白色の御影石製で、1945年太平洋戦争などで計四度にわたり被災したものの、明かりをともし続け、昨年点灯140周年を迎えてマスコミにも公開されました。

             

             

             この度、所有者の第二管区海上保安部が石巻市を通じて国に申請し、3月10日、文科省文化審議委員会が登録を答申しました。

             

             

             石造りの灯台としては東北最古で、以前は交代で職員が駐在していたものです。

             

             

             

             

             

             

             金華山は太平洋沖の要の位置にあるため、航海を臨む船のための灯台にしても重要な場所に変わりはありません。

             

             

             かつ、そのような場所でもあり、円錐形の秀麗な山でもあったため、金華山信仰はその地形の成り立ちの有史以前からつながっているものと思われます。

             

             

             かつては海側の道が整備されていたため、車で灯台までも行けたものでした。

             

             (現在は津波被災のためまだ道路整備はされておりません。)

             

             

             

             そして間もなく、金華山黄金山神社最重要儀の5月「初巳大祭」がやってまいります。

             

             

             

             

             

             

             

             

             期間中、おそらくソメイヨシノは散ってしまっていますが、八重桜が咲き誇る頃と思われます。

             

             

             下の写真は昨年のソメイヨシノ満開の頃の様子です。

             

             

             離島の神社にあって、境内は整備され、まるで桃源郷のようです。

             

             

             

             

             

             

             こちらの桜が咲くのは、今年は少し遅れているようでして、4月の第4週、23日以降になりそうな感じです。

             

             

             未だつぼみにしかなっておりません。

             

             

             

             一瞬の咲き誇る桜をこよなく愛でる日本の感性ですが、離島の自然に囲まれてその悠久の時間を体感されるのもまた「をかし」かもしれません。

             

             

             

             是非天気予報をチェックされて、気候の良いときを狙い、金華山参拝に訪れ頂きますよう、お願い申し上げます。

             

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 風の旅行社、VCを支援する会お盆支援
              緑園
            • 風の旅行社、VCを支援する会お盆支援
            • 平成29年龍神まつり第二日目
              緑園
            • 平成29年龍神まつり第二日目
              かよこ
            • 参道舗装工事 続!
              緑園
            • 参道舗装工事 続!
              蒼玉
            • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
              蒼玉
            • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
              緑園
            • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
            • G.W.、そして初巳大祭へ
              緑園

            links

            profile

            書いた記事数:410 最後に更新した日:2017/09/17

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM