金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト

0

     「金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト」のご案内を申し上げます。

     

     金華山復興支援に取り組む最上元気研究所・VCを支援する会押切珠喜様ご紹介の東京造形大学教授・オープンハウス代表取締役益田文和先生始め山谷こうじ様、風の旅行社竹嶋友様などのボランティアグループが、金華山の牡鹿の春に角が抜け落ちることに着目し、それらを拾い集め、質感を生かしたものづくりに着手していただきました。

     

     

     そのテーマの一つとして作製されるのが、縄文時代に行われていた鹿角の釣り針づくりや、勾玉のような装身具づくりです。

     

     

     

     いまだ試作品の段階ですが、なかなか好評で、試作品の中でも強く求められ、販売されたりもしております。

     

     

     

     神社境内内、大広間売店前にて展示されております。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     金華山の魅力の一つは、日本にいてまるで異国にいるかのような、または異世界にいるかのような、非現実的な時間空間の感じ方にあるとも思われます。

     

     

     

     

     その切り口が一つ違うだけで、こんな芸術的な作品が出来上がってしまうものと驚嘆いたします。

     

     

     

     

     鹿たちは、古くはブッダの時代から、何故か神聖なところにいるものでした。

     

     

     

     写真の切り取りかたによって金華山がこうもまた違って見えます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     こちらのプロジェクトはまだまだこれから進行する予定ですので、お楽しみにお待ちください。

     

     

     

     

     

     

     さて、本日はまた福井県から上川さん・石巻市から三上さんが昨日ご来山されたために、復旧作業がまた一つ進むこととなりました。

     

     

     

     男子寮トイレの配管直しという地味なことではありますが、その住民にとっては作業の完成は震災後6年を経て快哉を叫ぶほど重要なことでありました。

     

     

     作業写真はお見せせず、美しい風景をお楽しみください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     再来週土日、再再来週土日にもボランティア作業が予定されており、まだまだ現場も多くあることを痛感いたします。

     

     

     

     

     

     一方、お祭りの後片付けかたわら、あらたなる7月龍神まつりの告知も始まりました。

     

     

     

     金華山休憩所に掲示してあります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     お祭りは準備を重ね、多くの方々のお手をお借りしてようやく成立するもの、神社の運営護持も、多くの方々のお知恵を拝借して技術が重なり、ようやく成り立って行くもの、多面的ではありますが、古くよりそうした伝統が脈々と続いて来て、今また新たな展開が生まれようとしていることには、ご神縁とお導きの出会いに感謝いたすことしか出来ません。

     

     

     

     

     金華山は、神社は、幾度も再生して行きます。

     

     

     

     

     多くの方々の手によって。それでいて古き良き伝統を絶やすことはありません。

     

     

     

     

     

     神事は必ず継続されますので。・・・ それは1000年以上絶えない、ある山のご神火のように。・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    平成29年初巳大祭の終了

    0

       5月12日、初巳大祭閉扉祭をもって、平成29年の初巳大祭に関する一切の祭典諸神事は無事万端滞りなく終了いたしました。

       

       

       

       夏までの工事の目玉でもあります、旧売店前、参集殿前、裏参道入り口のアスファルト敷き工事の段取りも始められております。

       

       

       

       平成23年、震災の年の台風被害・山津波によって損壊した場所が6年を経た今になってようやく完全に修復されようとしています。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       男子寮付近から見える中庭の木は、アジサイのような花をつけ、名前は分からないけれども美しい花が咲くものがあり、毎年のことながら見る人の目を和ませます。

       

       

       

       

       「年年歳歳花相似たり、年々歳々人同じからず」、とも言われますが、同じ花でもそれは一年を通して必ず違った花であり、時期時期で目を楽しませてくれる植物の偉大な力と思います。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       そして初巳大祭も終了し、お祭りの非日常からまた日常へやってまいりました。

       

       

       かと言え、金華山は毎日がほとんど非日常ではありますが。・・・

       

       

       

       

       朝日の光はいつでもどこでも神々しいものです。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       G.W.中、全くと言ってよいほど降らなかった雨が今日はまとまって降っています。

       

       

       これは農作物にとってはまさに恵みの雨かと思われます。

       

       

       

       波浪によりお客様は少なくとも、初巳大祭の片づけは進み、また新たなるシーズンに向けて金華山は旅立うとしています。

       

       

       次の大きなお祭りは7月の龍神まつりですが、これまた一カ月以上かけて準備するお祭りであり、まだ少し先のことであります。

       

       

       

       

       5月、6月、新緑の候・青葉の候、金華山は海の涼しさもあって、夏に至るまで、最高のシーズンを迎えようとしております。

       

       

       

       山賑やかなこの頃に、是非ご参拝をお待ち申し上げております。・・

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      初巳大祭神輿渡御の長い一日

      0

         5月7日(日)、午前10時より初巳大祭神輿渡御御霊代(みたましろ)奉遷祭が斎行されました。

         

         

         当日は5時起床で、同日開扉祭は5時半より石の間で行われ、午前6時半、神輿を拝殿まで上げて、午前9時より小渕浜実業団による獅子舞の奉納と鮎川七福神舞保存会による七福神舞のご奉納がありました。

         

         

         お神楽が始まるといつもお祭りの始まりを予感させ、お祭りの気分をいっそう高めて頂きます。

         

         

         

         午前10時の巳の刻に祭典開始の太鼓が鳴り、祭員・奉仕員は大広間前より、正面の石段を参進して行きます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         そして引き続き、神輿発輿祭(はつよさい)が斎行されると、神幸の儀を経て、渡御委員長による一本締めにより、御神輿が動き出します。

         

         

         

         

         

         随神門脇にて、鍾楼の鐘が撞かれ続け、行列の威儀物は賑やかに、八重桜と相まって彩を添えます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         牡鹿半島各浜の皆さまがご奉仕下され、各浜多くの稚児さんたちも参列していました。

         

         

         稚児付き添いの親御さんも含め、総勢100名を越える大行列です。

         

         

         

         

         

         

         

         御神輿は境内大広間前、旧売店前などをところ狭しと練り歩いたあと、裏参道から降りて分かれ道に入り鹿山公園の行在所(あんざいしょ)を目指します。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         そして少しの休憩のあとで御神輿と行列が再び動き出すと、桟橋御旅所にて御旅所祭(みたびしょさい)が斎行されます。

         

         

         

         震災後、ぎりぎりの参道で神輿を出したこともありましたが、今回は道路修復中の神輿渡御となりました。

         

         

         (工事は今年の夏までには完全に完了する予定です。・・)

         

         

         

         

         

         

         神輿御旅所祭は先ず海潮祓用の潮汲みから、厳かに始まります。

         

         

         

         

         

         

         

         

         そして御旅所(みたびしょ)祭のハイライトは特殊大麻による海潮祓の特殊神事です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         五色切麻所役も同様に祓います。

         

         

         神輿、山鳥に向かって対岸の海、そして山を清める神事です。・・

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         御旅所にても七福神舞が奉納され、その後めいめいにお昼を食すと、再び神輿が動き出し、後は一直線に拝殿の元つお宮を目指します。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         そして拝殿に到着し、神輿還幸祭が斎行され、神さまにご奉告申し上げ、本年の神輿渡御も無事恙無く終えることが出来ました。

         

         

         

         

         

         

         

         5月9日付けの石巻かほく、また河北新報にも取材記事が掲載されました。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         御神輿の準備はまさに一カ月かかり、後片付けも一カ月かかります。

         

         

         

         その直前の込み入った準備にご協力頂きましたボランティアの皆さまにやはり感謝です。

         

         

         

         担いだ奉仕員、参加された皆さま、ご観覧頂きました参拝者の皆さまにもやはり深謝申し上げます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         そして御神輿が終わると、御山はいつの間にかいったいがまさに新緑の候となっており、島内が静けさを取り戻し、翌日より蟯殍楞藩佑砲茲覿内内道路舗装工事が満を持して着手されることとなりました。

         

         

         

         

         

         

         こちらの工事も悲願のもので、山津波で流されたアスファルトを敷き直す工事となります。

         

         

         

         

         そして平成29年初巳大祭は5月12日まで続きます。

         

         

         

         明日、10日は天候不順のようですが、御本殿内陣の御簾が開かれる「御開帳の儀」が執り行われるのも、12日までで、駆け込みのご参拝をお待ちいたしております。

         

         

         

         

         例年のことですが、初巳大祭が始まると特別な神事の期間中となり毎日の開扉祭・閉扉と職員は身体が覚えている特別な動きとなってまいります。

         

         

         

         

         新緑の候の霊山に、皆さまどうぞ近隣の皆さまお誘いあわせの上、神遊びにお運びくださいませ。

         

         

         

         

         

         

         


        G.W.、そして初巳大祭へ

        0

           5月5日、午後4時より初巳大祭前夜祭が斎行され、5月6日午前10時、初巳大祭本祭が斎行されました。

           

           

           そして本日5月7日、初巳大祭神輿渡御も無事滞りなくご奉仕終えました。

           

           

           前夜祭・本祭の写真は残念ながらありませんが、神輿渡御の写真はありますので、後日ご報告いたします。

           

           

           以下の写真はボランティアで来られておりました風カルチャークラブ・竹嶋様によるものです。

           

           

           G.W.最中の5月3日に入って頂きました風カルチャークラブ・VCを支援する会総勢22名の皆さまのご奉仕により、今年も無事初巳大祭神輿渡御まで乗り越えることができました。

           

           

           厚く御礼申し上げます。

           

           

           

           初巳大祭は、5月6日より開始され、5月12日の閉扉祭まで、ご祈祷の方全員が御本殿御開帳の儀にご案内される習わしでございますので、是非こちらの機会に金華山にご来山くださいませ。

           

           

           

           島内は八重桜が満開のまま神輿渡御まで迎えることが出来ました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           G.W.期間中も鮎川・女川両港ともに大幅に増便され、おかげさまで多くのお客様をお迎えすることができました。

           

           

           

           この賑わいが、神社にとって何よりの喜びです。

           

           

           

           きっと神さまもお喜びになられているはずです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           天候も穏やかで恵まれ、極めて平和な賑わいに満ち、鹿たちは桜の落ち花を食べていました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           大祭前には習礼と称して、お祭りのリハーサルのようなことも行います。

           

           

           各方面から来られておりました助勤者の皆さまにも大変にお世話になり、多方面でお働き頂きました。有難うございました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           まことに極めて平和な、穏やかな天候のもとG.W.は過ぎゆき、金華山は大勢の参拝者の方で賑わいました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           金華山という島は、古くから信仰の対象とされ、鹿は神鹿(しんろく)とも言われておりますが、写真や切り口の違う目線で見ると、また沢山の掘り出し物がございます。

           

           

           

           神社とそこに暮らす人は、変わらずそのままであっても、なぜこのようなところにこのような場所があるのか、それは実際に訪れてみて、長い時間を過ごしてみなければ分からないことかもしれません。

           

           

           

           古くからなぜこのような祭典が厳修されているのか、その問いはつまるところ神さまの域に関わり、尊厳はいつまでも保たれて行きます。

           

           

           

           

           

           VCを支援する会・風カルチャークラブボランティアの皆さま方、大変お疲れ様でございました。ご奉仕いただき、誠に有難うございました。

           

           

           

           復興途中の金華山ですが、その信仰の核心部分の片鱗にも、触れられて頂きましたら、誠に幸いでございます。

           

           

           

           なぜこの島の神社の復興が重要なのか、この島はどういうところなのか、漠然とした思いで来られておられる方々がほとんどかと思いますが、何となく引かれる、というだけでも大事なところです。

           

           

           

           すべてはご神縁によって導かれています。・・・

           

           

           

           そして初巳大祭は5月12日まで続きます。・・・

           

           

           

           

           


          G.W.!

          0

             G.W.も明日から佳境となり、金華山の桜も山桜・八重桜が満開となっております。

             

             

             

             

             

             

             鮎川・女川両港ともに船便が大幅に増便されます。

             

             

             女川発9:00を皮切りとして4便、鮎川発9:00を先発として8便、5日まで終日運航されます。

             

             

             女川は7日まで同じ便数で動きます。

             

             

             鮎川は6日(土)、初巳本祭の日に少し減り、7日日曜日はまた便数が増えます。

             

             

             なにせ天候が週間予報で良いもので、これは絶好の金華山詣でのチャンスかと思われます。

             

             

             5月5日前夜祭に始まり、5月6日午前10時の初巳本祭を経て、5月7日には神輿渡御が行われ、5月12日の閉扉大祭までの期間中、ご祈祷を受けられました方は全員御本殿御開帳の儀にご案内いたします習わしとなっておりますので、こちらの初巳大祭もどうぞご参拝のご予定の念頭に置いて頂きましたら幸いです。

             

             

             

             御本殿が御開帳されると、また格別のご利益があると云われます。

             

             

             

             長期ゴールデンウィーク休暇の方は、是非こちらにもご注目ください。

             

             

             

             ともあれ、今金華山の桜は満開です。!!

             

             

             

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 風の旅行社、VCを支援する会お盆支援
              緑園
            • 風の旅行社、VCを支援する会お盆支援
            • 平成29年龍神まつり第二日目
              緑園
            • 平成29年龍神まつり第二日目
              かよこ
            • 参道舗装工事 続!
              緑園
            • 参道舗装工事 続!
              蒼玉
            • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
              蒼玉
            • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
              緑園
            • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
            • G.W.、そして初巳大祭へ
              緑園

            links

            profile

            書いた記事数:410 最後に更新した日:2017/09/17

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM