繭玉、どんと祭、登山道修復、そして大雪へ・・

0

    1月15日の小正月の前日、14日朝には繭玉飾りづくりが一階食堂にて全社員で行われました。

     

     

    ミズキの枝に紅白の餅を丸めて取り付け、年縄飾りと交換して各所に飾り、春を呼ぶ行事です。

     

     

    古来、待ち遠しい春を迎えるに当たって様々な行事がありました。

     

     

    一連の正月行事は立春の前日、節分祭まで続きます。

     

     

     

     

     

     

    そして同日14日午後には境内駐車場においてどんと祭が執り行われました。

     

     

    冬場、食べ物に飢えている鹿たちが竹の笹や、紙類も食べるために集まってくるのが毎年恒例です。

     

     

     

     

     

     

     

     さらに1月20日(大寒)、21日の土日にはまたしても東京都よりthis is a pen 様11名がボランティア活動にご来山頂きました。

     

     

    今回の作業は、元総代の三上さんが一人でこつこつとやられていた、昨年10月23日の台風21号被害に遭った登山道修復がメインとなり、他に頂上大海祇神社の足場資材上げと足場組みも行いました。

     

     

     

    初日の夕方でこれだけ大きめの石を積みならし、今後また流されないための段取りが出来ました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     そして上から土をかぶせていき(ダンプが車検中で使用出来ず、重機も故障中のためミニユンボで軽トラックに詰め込み)、ならして行きます。

     

     

     

     

     

     

    被害箇所の半分は進んだでしょうか、まだ難所があるので難しいですが、クラフトマン世田谷の白井さんには標識となる看板まで作って頂き、今後の計画の話し合いも含めて充実した内容となり、出来た部分はきれいに仕上がることができました。 !

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして本日22日には、午後3時半過ぎより報道で騒ぎになっております大雪がこの金華山の地においても降り始めました。

     

     

    けっこうな量が断続的に降る見込みで、久しぶりの大雪になりそうです。

     

     

     

     

     

     

     

    明日からしばらくは船も運休となり、島内は缶詰め状態となりますが、陸地の方々も明朝大変なことになっていることと想像されます。

     

     

    良すぎた天気の後には必ず中和するかのように荒天が来る、というのが何となくの天気の法則のようです。

     

     

     

    陰陽の原理でしょうか、それでも私たちは何とかそれを知りつつも対策を整えて、備え、大事に行動して行かなければなりません。

     

     

     

    自然と付き合っていくことは、しょうがないと諦めつつも、必ず最善を尽くすことは出来ます。・・・

     

     

     

     

     


    謹賀新年2

    0

      2018年、平成30年も順調な滑り出しを経たところです。

       

       

      1月8日の山頂8合目・山神社例祭も終え、その日は成人の日で祝日、女川便が運航し12時台のご祈祷が一回ありました。

       

       

       

      七朝祭の片付けがすべて終わったころに天候は荒れて来て、しかしながらも本日の10日、船便の運航は可能でした。

       

       

       

       

      新しい年のスタートは、海の情景から始まると良いものです。

       

       

       

      太陽がすべての始まりなので・・

       

       

       

       

       

       

       

       

       平成30年、今年の暦は金華山の祭典の要所要所で「当たり」が多いと言いますか、仕組まれたかのような難しい暦となっております。

       まずは、旧正月元旦が最も遅めの2月16日で、これは今年最初の大祭の祈年祭の前日に当たります。

       

       

       

       春の初巳大祭は最も早い、5月1日の巳の日ですが、これより先に、頂上大海祇神社例祭の3月18日は今年日曜日に当たります。

       

       

       (銅板屋根の修復は急がれるところです。)

       

       

       

       

       

       

       こちら、簡略版の祭日表は、桟橋休憩所内に貼られていますが、こちらの休憩所も新年初詣は大活躍でした。

       

       

       

       昨年4月に復旧オープンした休憩所ですが、あらゆる方々から、「売店は?」と聞かれるのが、現実出来ないらしく悲しいところです。

       

       

       トイレを設備し、風雨・寒暖は防げる、船・送迎車待合所となっております。

       

       

       

       

       

       

       

       本日強風にも拘わらず、蟯殍楞藩佑参道工事の再開に来山され、昨年10月の台風21号被害の参道を再び修復工事されております。

       

       

       工期は一応今年度内、早ければ2月中にはあらかた完成するかもしれません。 期待大です。

       

       

       

       

       

       

       平成30年の幕開けは、初詣三が日の参拝者数が、震災後初めて総計で震災前の水準に戻っておりました。!

       

       

       

       平日の船便が少なく(ほとんど無く)、年間で通して見るとまだまだといったところですが、祭典日に関しては、着実に順調に戻って来ておられることに、驚きと感謝でした。

       

       

       

       常日頃ご崇敬頂き、応援して頂いております皆さまのおかげです。・・・

       

       

       

       

       

       

       

       

       そして平成30年は、まだまだ始まったばかり、桟橋の鳥居の前に立ったくらいのものです。

       

       

       ここから始まり、また一年を通して、復興が実現出来る年になればと存じます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       お正月の年神様は各所に祀られ、その年の良きことを祈ります。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       平成30年、戊戌歳、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

       

       

       

       

       


      謹賀新年  明けましておめでとうございます

      0

        新年明けましておめでとうございます。

         

         

        平成30年戊戌(つちのえいぬ)歳、皇紀2678年、西暦2018年もいよいよ幕を開けました。

         

         

        今年はどんな年になるのでしょうか。それをとにかくも良き年の美(うま)し年になるようにお祈りするのが神社の務めです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         金華山三が日は、元旦が暖かく零時ちょうど頃雨、のち晴れ、二日目風が強くとも晴れ、気温寒くなり、三日目は朝から午前中雪のち晴れ、気温はこの冬最も寒くなりました。

         

         

         それでも数多くの崇敬信者皆さまご参拝者が当山を訪れ、新年のお祈りをされて行かれました。

         

         

         震災後、順調に回復しているご参拝者数ですが、今年はさらに伸びて回復したのではないでしょうか。

         

         

         ともかくも、境内に賑わいがあることは、それだけで嬉しいことです。

         

         

         お祭りの日の神社は、いつも最高に活気良くなくてはなりません。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         12月31日、女川22:00発二年詣り便が運航し、零時の歳旦祭も賑わいました。

         

         

         また元旦・2日はボランティアさんの助けもあって、受け入れ体制は十分で各所混み合い嬉しい悲鳴でした。

         

         

         3日になると風も落ち着き、鮎川港モーターボートも運航して人出も増えました。

         

         

         

         皆さま良き新年を迎えられましたことを祈ります。

         

         

         

         

         

         

         

         今年は戌歳です。

         

         

         犬が多産であることにちなみ、実り豊かな年であることを願います。

         

         

         下の写真の祈祷殿脇狛犬は、明治の頃の本殿以下彫刻を手掛けた、翁祐年棟梁の子孫の方が彫られた、祈祷殿内の狛犬の石型の姿で、前足の筋肉隆々たる姿は他にないものです。

         

         

         

         

         

         

         

         3日、雪が降り、境内は一面雪景色となりました。

         

         

         いつも見ている風景がより情緒深くなります。

         

         

         

         

         

         

         本年の平成30年は、もはや平成の終焉にかかって来ております。

         

         

         やがて来る新しい時代に胸をときめかせつつ、平成の総決算を行って総点検し、あの震災からの復興もより弾みをつけて成し遂げて行かなければなりません。

         

         

         

         平成30年、金華山初巳大祭は、なぜか暦上、4月30日が前夜祭で5月1日が巳の日の本祭という、畏こくも平成31年の陛下ご退位と皇太子殿下即位の日取りと不思議と重なるような日程となっております。

         

         

         

         ちなみに、来る平成31年には、10月に(年号は変わっていますが)、6年ぶりの式年柴燈大護摩祈願大祭が行われる予定です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         まずは今年の新年の情景を味わいましょう。

         

         

         

         気候に変動はあっても、やはり例年通り寒く、厳しい寒さの中の防寒した状態でのご参拝であることには、何の変りもありません。

         

         

         

         船便がもう少し増えれば、ご参拝者も都合よく気兼ねなく散策できるのですが。・・

         

         

         

         祈祷殿脇の大幟です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         奥州三大霊場、日本五大弁財天の当社は、古来随一のいわゆるパワースポットであり、いつでも神さまはあたたかくご参拝者の皆さまをお待ちしております。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         それは古来不変に変わらないことであり、今後ともますますそのお力は増して行くことでしょう。

         

         

         

         復興が進むにつれ、船便が増えるに連れ。

         

         

         

         

         平成30年、戊戌歳、さらに新生して行く金華山を、何卒末永くお見守り頂きますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

         

         

         

         

         

         平成30年七朝祭は1月7日まで、ご祈祷を受けられた方全員が御本殿御開帳の儀にご案内されます習わしで、まだまだ斎行継続中であります。・・

         

         

         

         

         

         


        年の瀬を迎えました

        0

          12月28日、早朝5時より恒例の餅つき行事が行われました。

           

           

          今年5月、高知県、四万十うなぎ大前様よりご奉納頂きました、新しい杵と臼二対は、ケヤキ製で頑丈なもので、もち米のふかし具合に時間がかかっても、餅つきの出来栄えは格段に違いました。

           

           

          一年に一度の行事ですが、この時期、この時間になると不思議と皆身体が覚えているのが何故かしらの常です。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           明くる12月29日、各所松飾りも取り付けました。

           

           

           これで一気にお正月気分が高まります。

           

           

           (新鮮な笹は、冬場で飢えた鹿が、背伸びして届くところは食べてしまうものですが・・)

           

           

           

           

           

           

           

           

           正面石鳥居はすでに神々しくあります。

           

           

           このまま天候良く、新年を迎えられますように願います。

           

           

           

           

           

           

           

           

           各所の建物・部屋などに飾られる鏡餅です。

           

           

           ふのり、みかん、かやの実を供えるのが金華山の習わしです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           同日12月29日、お正月の当神社のお手伝い・復興支援のために、風カルチャークラブ、VCを支援する会皆さま総勢18名の方々がご来山されました。!

           

           

           震災後ずっと続いておりますこの企画は、大変に有難く助かっております。

           

           

           

           震災もはや7年になろうとしているこの地で、皆さま何かしら感じられるところがありましたら幸いです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           この神社スタッフとして活躍いただくボランティア活動は、大変に有難く、毎年ことあるごとに助けられております。

           

           

           

           

           どうぞ皆さま何卒良いお年を、一つお迎え下さいますよう、お祈り申し上げます。

           

           

           

           本年も、諸事関係者皆さま方には大変にお世話になり有難うございました。

           

           

           

           来年も、良いお年でありますように、切に願います。

           

           

           

           皆さまどうぞくれぐれも、良いお年をお迎えください。

           

           

           

           

           

           


          師走も押し迫り・・

          0

             12月27日、石巻地域に暴風雪警報も出ましたが、金華山にもうっすらと積雪がありました。

             

             

             帰社社員の話によると、石巻もけっこう積もり、朝の車は渋滞で大変だったようです。

             

             

             この雪は仙台でも降り、爆弾低気圧が近い北海道はより大変なようです。

             

             

             積雪世界一の日本海側、また太平洋側の地域でも積雪の多い地域でもやはり苦労をもたらしました。

             

             

             金華山では拝殿石の間・御本殿のテント張り作業を行いましたが、雪の影響はそれらに比べると恵まれ、それほどはありませんでした。

             

             

             うっすらと雪化粧した境内です。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             先日やはり暴風警報が出ている最中ではありましたが、山頂の大海祇神社屋根修復のための資材が散らばっているとのことで、その片付けに登頂してまいりました。

             

             

             

             

             登拝口入り口の鳥居の注連縄も新しくしております。

             

             

             

             この鳥居は震災後、東京都の下谷神社様にご奉納頂きましたものです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             金華山中腹は、ケヤキの木が多いのですが、枝のあちらこちらでこぶが出来ている姿は何だか不思議な感じです。

             

             

             栄養がたまり、エネルギーもたまってしまうのでしょうか。

             

             

             

             

             

             

             

             

             年末年始、山頂登拝される方は雪対策は無用でしょうが、地面に霜が降りているほど体感温度も下がっておりますので、厚手の上着など、防寒対策は必須です。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             そして苦労して登られた八合目からは絶景のご褒美が待っています。

             

             

             

             お正月元旦、あいにく初日の出は見られないとの予報ですが、本来ならば、金華山の山頂付近では実に神々しい初日の出のご来光が見えるのが常です。

             

             

             

             

             それは本当に神さまの大日輪が現れるかのようなご来光です。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             頂上・大海祇神社にてお正月三が日の無事海上運航、七朝祭の滞りなく斎行されますことを祈願してまいりました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             低気圧が来るとすれば、こちらはお正月に向けての高気圧で、テンションを高めて一丸となって進むことが、何故か不思議の天候回復につながるものと、変な話ですが、理解しております。

             

             

             

             

             

             お正月船便のダイヤはすでに紹介いたしました。

             

             

             

             願わくば、そちらのダイヤが予定通り、恙無く巡航されることを祈願いたします。

             

             

             

             

             本年も残すところあと4日、悔いのない年末を過ごし、年明けをめでたく迎えたいものと、つくづく感じます。

             

             

             

             皆さま良いお年を!  どうぞ一つお迎えください。

             

             

             

             明日は早朝餅つき行事を行います。・・・

             

             

             

             

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:432 最後に更新した日:2018/06/20

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM