繭玉飾り、どんと祭

0

    1月14日、朝より社員一同で繭玉づくりを行い、新年から各部屋に取り付けられていた年縄をはずし、代わりに繭玉飾りを取り付けて春を呼ぶ行事を行いました。

     

     

     ミズキの枝に紅白の餅を丸めて飾りつけを行うものです。

     

     

     

     

     

     

     

     そして午後1時半より駐車場広場においてどんと祭を斎行いたしました。

     

     

     

     

     

     

     

     金華山のどんと祭は従来小規模なもので、海を隔てているため気軽には訪れられず、主に郵送で送られてきました古札・お守りをお焚き上げいたします。

     

     

     本年はたまたま女川よりパワースポットツアーで来られていました方々も参列され、ご神火の煙を浴びて無病息災を受けられました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    明けて1月15日の小正月の日、今朝は氷点下4度、水道管も凍結する寒さとなりましたが、寒さに負けず日も良いのでご祈祷の方も多数金華山を訪れました。

     

     

     

     

    来る1月28日には旧正月に当たり午前2時より元旦祭が斎行され、旧七朝祭が始まり再び御本殿御開帳の儀が七日間奉仕される予定となっております。

     

     

     

    2月4日は立春に当たり、こちらも立春正月と言え、大晦日に当たる2月3日は節分祭が奉仕されます。

     

     

     

    引き続き祭典神事の多い1月2月、霊島(=冷凍)金華山の寒さはひとしおですが、皆さまの熱心な厚い真心でご参拝に多くの方がご来山頂き、黄金山大神様の広大無辺なるご利益を賜りますよう、願っております。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    明けましておめでとうございます

    0

      新年明けましておめでとうございます。

       

       

      本年も復興が進む良い年になりますようにご祈念申し上げます。

       

       

       

      昨年末、12月28日は早朝より餅つき行事が行われておりました。

       

       

      力を込めて餅に魂が宿ります。

       

       

       

       

       

       

       搗いたあとは綺麗に仕上げられ、各所に飾られる形となります。

       

       

       

       

       

       

       

       

       12月31日より、2年詣りと称して、参籠の方が多く訪れられ、境内は点灯されます。

       

       

       

       

       

       

       

       明けて1月1日、元旦は早朝の7時台が日の出とともに最も込み合うこととなりました。

       

       

       午前零時より開始された歳旦祭では皇室の弥栄と崇敬者も皆さま方の諸願成就を祈念いたしました。

       

       

       元旦、そして今日までの3が日で延べ1500名位の方がご来山頂いたのではないでしょうか。

       

       

       鮎川・女川両港ともに船便は増便されました。

       

       

       

       

       

       

       石鳥居後ろの玉垣も竣工したばかりで、新年をお迎えすることが出来ました。

       

       

       

       

       

       

       

       平成29年丁酉歳、今年はどんな年になるでしょうか。

       

       

       酉年生まれの社員の多くいるところですので、一つ役目を頂いて、節目をつけるとしとなれば良いと思います。

       

       

       そして新しい日の出とともに隆盛していきますように。

       

       

       

       

       

       

       

       年末年始もまた多くのボランティアの方々に助けて頂きました。

       

       

       

       震災間もなく6年目となる最中、5年目となる年末年始のご支援にはただ助かりました。

       

       

       風カルチャークラブ、VCを支援する会の皆さま、有難うございました。!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       そして金華山は3が日を過ぎても「七朝祭」は七日まで続き、ご祈祷のたびごとに御本殿御開帳の儀にご案内いたします年間わずかの機会となっております。

       

       

       

       臨時便は鮎川・女川両港より出航致しますので、各船会社にお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

       

       

       

       ともかくも2017年、平成29年丁酉歳は幕を開けました。

       

       

       

       本年が皆様にとって良い年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

       

       

       

       

       

       

       


      年の瀬に

      0

         平成28年丙申歳も早終わろうとしています。

         

         

         来る平成29年丁酉歳は良い年になりますでしょうか?

         

         

         

         それを良き年の美(うま)し年と祈るのが神社の役割です。

         

         

         お正月3が日は鮎川・女川から臨時便が多数出ますので各船会社にご確認をお願いいたします。

         

         

         来年元旦は、ともかく天候には恵まれそうです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         平成25年正月近辺から金華山日誌のブログを始めてより、早4年が過ぎ、5年目となります。

         

         

         お伝えできかねた点、様々ございますが、ご容赦いただきたく存じます。・・

         

         

         本日も年末年始ボランティアとして、計17名の方々が金華山に入っていただいております。

         

         

         ブログとともに、今年で5年目となるご支援を頂き、有難く感無量です。

         

         

         

         先日茨城でも大きな地震が起こりました。東日本大震災の余震だそうです。

         

         

         

         災害の多い年でしたが、明年をまた良き年の美し年となりますよう、お祈り申し上げます。

         

         

         皆さま、何卒良いお年を、一つお迎えくださいますよう、心よりお祈り申し上げます。

         

         

         

         


        新年の準備整いつつあります

        0

           12月も押し迫り、クリスマスを終えると早お正月ですね。

           

           

           金華山においても新年の準備は整いつつあります。

           

           

           謹賀新年の絵が描かれた看板を設置いたしました。

           

           なかなかに見ごたえのある絵ですので、ご参拝の折にはご注目ください。

           

           

           

           

           

           

           注連縄も新正月に当たってはすべてを交換いたします。

           

           

           末社・鳥居の大きめの注連縄も換え、御神威の増した金ぐい神社の様子です。

           

           

           

           

           

           

           正月に当たっては、各所鈴の緒も交換いたします。

           

           真新しい紅白の鈴の緒となりました。

           

           

           

           

           

           

           

           正月期間中は売店待合所が設けられ、上に上がって来られますと、こちらでも休憩が出来ます。

           

           

           車の駐車待合所です。

           

           

           

           

           

           桟橋からは、12人乗りハイエースと8人乗りオデッセイが足の不自由な方、子連れの方優先に送迎致しております。

           

           

           乗車料はお気持ちでけっこうです。お賽銭としてお納め願います。

           

           

           

           

           

           

           

           

           今年は下の桟橋待合所が未完成なのに加えて、上の絵馬殿休憩所も工事中のため使用できません。

           

           

           お煙草をお吸いの方は、喫煙所が設けられ、また殿内にても喫煙出来ますので、ご了承願います。

           

           

           

           

           

           

           

           蟯殍楞藩佑了夏珊事が本格的に始まっておりまして、最も危険な個所にも手が加わり、ボランティア作業で懸命に埋め立てした部分はあっという間に撤去されてしまいました。

           

           

           それでも本当の工事が始まるための段取りには仕方ないことで、よくこれまであの状態で持ったものだと感心し、苦労を思い起こすしかありません。

           

           

           こちらの個所は道幅が大変狭くなっておりますのでご注意ください。

           

           

           

           

           

           

           ともかくも、あと1週間でお正月が訪れます。

           

           

           船便については別途ご案内申し上げます。

           

           

           

           

           

           

           天候は良いようですので、是非金華山の初詣に、皆さま近隣お誘い合わせの上、ご来山くださいますよう、ご案内申し上げます。

           

           

           

           辺境の地であるがゆえに、苦労して来られただけのご利益は大変なものと、約束されている次第でございます。・・

           

           

           

           

           

           

           


          随神門脇、祈祷殿前の玉垣竣工

          0

             連日の蟷暗萓从狹考佑旅事により、随神門前の玉垣は竣工し、また石の間の整備も終わり、今回祈祷殿前・随神門脇の玉垣工事も終了いたしました。

             

             

             下の写真はビフォーの状態で、今年5月撮影のものです。

             

             地震でも、明治期の玉垣は列がガタガタになっていました。(右下に小さくしか見れませんが・・)

             

             

             

             

             

             

             それを今回は一度外した上で綺麗に並べ直し、足元の部分にコンクリートを打ち込み、ステンレスの鉄棒で繋いで、少々のことでは倒れないようになっております。

             

             石垣付近にあることは石垣にとって悪いということで、榊他の植樹も別の場所に植え替えました。

             

             工事後、アフターの状態です。 祈祷殿前が広くなりました。

             

             

             

             

             

             

             

             すっきりし過ぎの感もありますが、本来の姿に戻ったのかもしれません。

             

             

             徐々に境内整備が進んで行きます。

             

             

             

             

             

             

             

             一つ一つ震災の傷跡が消されて行き、残すところもまだまだあるのですが、やはりどうしても一歩一歩の歩みになるしかありません。

             

             

             

             

             

             

             

             桟橋待合所もほぼ出来上がってはいるようですが、実際に使用可能となるのは来年4月1日の予定で、今回のお正月に間に合わなかったのが残念です。

             

             

             

             お正月3が日は特に船便も増便されますので、動向に着目ください。

             

             

             

             師走、年の瀬を迎え、お年取りの準備で抜け落ちることのないよう貴重な一日一日を過ごしてまいります。・・

             

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << April 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 
              緑園
            • 金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 
              OK
            • 伊逹武将隊来山
              緑園
            • 伊逹武将隊来山
              蒼玉
            • 繭玉飾り、どんと祭
              蒼玉
            • 年の瀬に
              緑園
            • 明けましておめでとうございます
              緑園
            • 明けましておめでとうございます
            • 年の瀬に
              蒼玉
            • 随神門脇、祈祷殿前の玉垣竣工
              緑園

            links

            profile

            書いた記事数:388 最後に更新した日:2017/04/26

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM