金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 

0

     2月18日(土)、19日(日)、東京都よりthis is a pen様17名がボランティア作業支援で一泊二日で駆け付けて頂きました。

     

     

     上川さん・三上さんの特殊監督部隊が揃っているため、高度な作業も他に可能なところは幾つかあったのですが、人数が多めであったため、多人数で出来ることとして金光水お水取り場の復旧作業に終始専念することとなりました。 

     

     

     皆さまお参りされてから作業に取り掛かる習わしとなっています。

     

     

     この作業安全のお参りが非常に大事なことは、すでに熟知されています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     現場は、ちょっと分かりづらいところにありますが、受付所後ろから5分から10分歩いたところにある「金光水」というお水取り場です。

     

     

     

     「金光水」は金華山五大霊泉の一つで、他に銀光水・天狗の力水、滑石神社水取り場などがあり、そのうち最も重要なお水取り場でした。

     

     

     平成23年の震災の年の台風被害でその東屋が下方100〜200m流されたままになっており、それ以来ずっと手付かずの場所でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     現地に来られないと分かりづらいところですが、下方に流れてしまった東屋を一度解体して上まで運び、本来の場所で再び組み直すという大仕事です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     その計画は福井県・上川さんマジックによる発案でした。

     

     

     

     そしてまずは物を運ぶための道づくりから始まります。

     

     

     段取り八分、下地が常に重要です。

     

     

     けもの道を、人がすれ違えるだけの平坦な道に作って行きます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     そしてようやく現場にたどり着きました。

     

     

     東屋の屋根の部分の角を埋もれているところから出すことで始まります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     上川さんは、三上さんともにボランティア中のボランティアの方で、人出が多いときもその本領をいかんなく発揮されます。

     

     

     そのリクエストのレベルは高く、それについていく形で作業が進められて行きました。

     

     

     

     

     

     

     道がみるみる見違えるほど道らしくなって行きました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     そして東屋に到着すると、銅板の屋根にそれぞれどの方向の何段目のものか、東西南北と番号をマジックペンでナンバリングする作業が始まりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     this is a pen代表の岡田章吾さんです。

     

     

     たまたまペンを持つ作業も就かれましたが、一団体のリーダーとして申し分ない人格者でおられ、モデルの仕事が本業とはいえ、ボランティア作業においても経験豊富で後輩方に慕われ、常に高い志で参加者のモチベーションを高め、優しいジェントルメンかつナイスガイを具現化された方でおられます。

     

     

     

     

     

     

     

     そんなモチベーションの高いまま作業は進められ、いよいよ銅板めくりの段階に入ってまいりました。

     

     

     

     

     

     

     

     同時並行で肝心のお水取り場の周辺をきれいにしようと、古い瓦を運び、水取場の湧き水の流れも三上さん主導で復旧させ、砕石と玉砂利も運ぶ作業が行われておりました。

     

     

     

     

     

     

     

     そして続きがあります。

     

     

     

     砂利等運搬の際には、かつて金華山頂上に大海祇神社修復のため活用された、神道青年全国協議会奉納による背負子(しょいこ)が大活躍いたしました。

     

     

     

     

     

     

     


    随神門脇、祈祷殿前の玉垣竣工

    0

       連日の蟷暗萓从狹考佑旅事により、随神門前の玉垣は竣工し、また石の間の整備も終わり、今回祈祷殿前・随神門脇の玉垣工事も終了いたしました。

       

       

       下の写真はビフォーの状態で、今年5月撮影のものです。

       

       地震でも、明治期の玉垣は列がガタガタになっていました。(右下に小さくしか見れませんが・・)

       

       

       

       

       

       

       それを今回は一度外した上で綺麗に並べ直し、足元の部分にコンクリートを打ち込み、ステンレスの鉄棒で繋いで、少々のことでは倒れないようになっております。

       

       石垣付近にあることは石垣にとって悪いということで、榊他の植樹も別の場所に植え替えました。

       

       工事後、アフターの状態です。 祈祷殿前が広くなりました。

       

       

       

       

       

       

       

       すっきりし過ぎの感もありますが、本来の姿に戻ったのかもしれません。

       

       

       徐々に境内整備が進んで行きます。

       

       

       

       

       

       

       

       一つ一つ震災の傷跡が消されて行き、残すところもまだまだあるのですが、やはりどうしても一歩一歩の歩みになるしかありません。

       

       

       

       

       

       

       

       桟橋待合所もほぼ出来上がってはいるようですが、実際に使用可能となるのは来年4月1日の予定で、今回のお正月に間に合わなかったのが残念です。

       

       

       

       お正月3が日は特に船便も増便されますので、動向に着目ください。

       

       

       

       師走、年の瀬を迎え、お年取りの準備で抜け落ちることのないよう貴重な一日一日を過ごしてまいります。・・

       

       

       

       


      玉垣再建、紅葉

      0

        10月25日より始まりました玉垣再建工事は、日を追うごとに進捗し、建込み工事は早終わりつつあります。

         

         

         

         

         

         

         

        基礎を二重にして、あの地震で倒れた玉垣ですが、今後の少々の地震では決して倒れないように万全を期しています。

         

         

         

         

         

         

        ご芳名が入った玉垣は、震災復興のまたしてもの一段落の集大成とも言えるもので、崇敬信者様も特に震災後の尽力に携われた方々のお名前が並び、亡き名誉宮司、そしてボランティア様方や役員総代・神社社員の名前も刻まれています。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        玉垣再建工事は新嘗祭までに一応完了し、その後は付随する工事としてあちこちの石関係の修復工事が予定されておりまして、それは年明けまで続く見込みとなっています。

         

         

         

         

         

        折しも、11月17日に前年度に引き続きアメリカ国務省の方々がボランティアとしての作業も含め、日本語研修の一環として6名、一泊でご来山されました。

         

         

        日本独特の障子張りの作業の前段階として障子を水で流してはがし、さんを磨く作業に従事頂きました。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        皆さま翌日には金華山山頂まで登られ、夕食直会には国際談義で花が咲き、充分に満足されたご様子でしたのが何よりでした。

         

         

         

         

        また、ちなみに現在は、大広間前、松と楓の「相生の松」が紅葉の最高潮を見せております。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        寒くなると、一気に一晩で紅葉してしまう自然の不思議で、こうしたものに美しさを見出し、愛でる文化は日本だけなのでしょうか・・

         

         

         

         

        黄色が鮮やかです。

         

         

         

         

         

         

         

         

        秋は11月23日の新嘗祭を以て大祭が完了し、後は冬のお正月に向かってひたすら準備が進むこととなります。

         

         

         

         

        それにしてもこの一瞬の紅葉を、時間を感じて楽しみたいものです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        鹿たちも金華山で皆さまをお待ちしております。

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        工事に次ぐ工事・・

        0

          去る10月25日、石鳥居後ろの玉垣再建工事の安全祈願祭が行われ、翌日から工事は着工いたしました。

           

           

          加美郡加美町の三嶋石材店様による工事で、工期は約1カ月を見ております。

           

           

          11月23日の新嘗祭をはさみ、12月中旬には全工事が終了する見込みです。

           

           

           

           

           

           

           

          地震で倒れた玉垣の再建が、またもや崇敬信者様の方々による篤い奉納があり、何とかこうしてこぎつけた次第です。

           

           

           

           

           

           

           

           

          今回の玉垣奉納方々には、震災後特にお世話になっています方々の集大成ともなり、そのご芳名がずらりと並ぶ形となります。

           

           

          「東日本大震災復興祈願」と銘打った玉垣も建てられます。

           

           

           

           

           

           

          その段取りが下地のコンクリート打ち込みで、その範囲は伸びて鐘楼付近まで建てられます。

           

           

           

           

           

           

           

           

          資材は台船で運搬し、コンクリートミキサーやカニクレーン、ユニック車とミニユンボも運び込まれております。

           

           

           

           

           

           

          お詣りの際には鳥居部分を迂回する形となりますので、ご注意ください。

           

           

           

          来月には下の写真のように刻銘された石柱がずらりと並びますので、それはとても楽しみであります。

           

           

           

           

           

           

           

          参道の工事も着々と進められておりまして、市道となる部分として、上、下、そして中央の深くえぐれた部分の特にのり面などが苦労しそうな工事です。

           

           

          こちらは石巻市・(株)丸本組様により施工されております。

           

           

           

           

           

           

          工事に次ぐ工事で、桟橋の船待合所も年を越してからの完成となり、ようやくまた新しい展開が見えそうな予感があります。

           

           

           

          部屋の片づけなどが一時的に散らかってしまった後により綺麗になるように、工事中は境内の雑然とした感じが仕方のないことですが、その後にはより立派な姿が見えてくるものと期待しております。

           

           

           

          玉垣の工事が終わると竣工祭も行われますが、今年年末年始には、完全な姿が必ずや見られるはずですので、ご参拝の皆さまもその新しい姿を楽しみにご来山ください。

           

           

          ただし、船の待合所はお正月に間に合わないとのことですので、防寒には十分ご注意願います。

           

           

           

          工事に次ぐ工事、そうして金華山も新生してまいります。・・・

           

           

           

           


          上川さん・三上さん作業(2)

          0

            上川さん・三上さん作業の紹介の第二弾目です。今年の最近のものです。

             

             

            青銅製の大麻立ても壊れてきていたものを、一度バラバラにして溶接して直してしまいます。

             

             

             

             

             

             

            ここの部分で使われるものでした。

             

             

             

             

             

            崩れた石灯籠も基礎部分がここまで修復できていました。

             

             

             

             

             

            ペンキで文字部分に墨入れもしてしまいます。

             

             

             

             

             

             

             

            時には軽トラックも修理されます。エンジン部分の知識も豊富であられ、重機もエンジンをバラバラにして組み立てたことがありました。

             

             

             

             

             

             

             

            時にの楽しみが釣りで、しかも船に乗って、磯釣りを楽しまれます。

             

             

             

             

             

             

             

            社員も手伝うたびにその現場で仕事を教わります。

             

             

            この後、この石灯籠は無事完成しました。

             

             

            次の石灯籠も基礎から作り直して行きます。

             

             

            雨にも負けず、シートを張った下での作業も行います。

             

             

             

             

             

             

            慎重に、一段ずつ基礎修復をしていきます。

             

             

             

             

             

             

            そして出来上がりました。要領をわきまえていらっしゃるので、進行は速く進みます。

             

            仕上がりはいつも完璧です。

             

             

             

             

             

             

            この度はステンレス製春日灯籠10基が奉納になりましたので、それの設置作業も協力頂いた中、行いました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            これに関しても、水平垂直を後に正確に出して、基礎部分に捨てコンクリートを打つ予定です。

             

             

             

             

             

             

            先の石灯籠も、仕上げを念入りに行われておられました。

             

             

             

             

             

            そしてまたこの後も作業はまだまだ続いておられますが、その続きはまた随時お知らせしてまいります。

             

             

             

            9月25日(日)の例大祭を控え、天候に恵まれない中も準備を進めておりますが、今日は秋の彼岸入りの日、お彼岸の中日には秋季霊祭が早朝斎行されます。

             

             

            台風を終えると、次の土日には例大祭の賑わいがありますので、ご参拝にどうぞ金華山を訪れて頂き、復旧復興部分も是非ご覧になられたら幸いでございます。

             

             



            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            2425262728  
            << February 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/05/20

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM