いくつかの新聞記事など

0

     来る2017年7月22日(土)から9月10日(日)まで、「リボーン・アート・フェスティバル」が会場を石巻(牡鹿半島・市内中心部)として開かれます。

     

     石巻市報とともに、このような冊子が配られました。

     

     主催はReborn-Art-Festival実行委員会と一般社団法人APバンクです。

     

     

     

     

     

     

     

     冊子には小林武史氏と櫻井和寿氏の対談が載り、小林武史氏のご挨拶と石巻市長亀山紘氏のご挨拶が掲載されています。

     

     問い合わせはオフィシャルサイト www.reborn-art-fes.jp

     

      とinfo@reborn-art-fes.jp (Reborn-Art-Festival運営事務局) または 0225−95−1111(石巻市産業部推進課)

     

     です。

     

     

     具体的に、何が起こるのかは紹介されておりませんが、お祭り気分がずっと続くものと理解できます。

     

     

     

     

     

     

     

     差し当たって、7月28日、29日、30日に開かれる国営みちのく杜の湖畔公園で開かれるフェスでは、様々なアーティストが音楽イベントを行う予定です。

     

     

     この期間中、これらのバンドの方々も牡鹿半島のどこかで演奏されたりするのでしょうか?

     

     

     サイトなどをご確認のうえご来場くださいませ。

     

     

     

     

     もう一点、5月2日の河北新報には、「東北野生動物保護管理センター」代表の宇野壮春氏の論文が掲載されておりました。

     

     

     「ほとんどの野生動物は人の営みによって左右されるが、この島の動物は違う。いつの間にか動物も風景の一部となり、変わることのない大切な何かを教えてくれる。」

     

     

     「いつか大人になり、さまざまな人生の岐路に立った時、人の言葉ではなく、いつか見た風景に励まされたり、勇気を与えられたりすることがきっとある(写真家・星野道夫)」を引いて「私にとっての金華山はそのような風景の一つである。・・だから東日本大震災後にそれぞれが持っている風景を守ろうと思うのは、至って普通のことに違いない。」

     

     

     と述べております。

     

     

     

     

     

     

     

     

     さらにもう一点、5月30日の河北新報には、クライミングで観光復興を試みるNPO法人ファーストアッセントジャパンの活動が紹介されました。

     

     

     クライミング(岩登り)が2020年の東京オリンピックの公式種目に選定されたこともあって、国内のボルダリング人気は過熱している中、金華山の千畳敷・大箱崎・小箱崎といった島の裏側の岩場が、古来から手付かずの岩場で美しいことから、「宝島」として全国また海外のクライミングの方々が訪れて来られている、という内容です。

     

     

     

     

     

     

     本日ミヤギテレビでも紹介されましたが、船便が少ない中で、ボルダリング人気が観光客を集め、復興への後押しをして頂ける話は有難く、是非この日本でも珍しい美しい風景を様々な方にご覧いただければと思います。

     

     

     米国のアウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」も動画を投稿されるなど後押し下さいまして、「ロック・トリップ」と合わせて検索くださいませ。

     

     

     

     様々な魅力のある牡鹿半島、金華山のこの夏の盛り上がりに、是非ご注目くださいまして、ご来山のうえひと夏のバカンスをお過ごし頂き、また新しい発見を頂ければ、幸いこのうえないことです。

     

     

     

     

     


    表参道修復開始!

    0

       薫風みなぎる青葉の候、ボランティア作業は続いております。

       

       

       これは前回東松山チームによる登拝口付近の整備です。

       

       

       境内整備は神社に不可欠のもので、森を抱えた神社の位置は、常に整備が行き届かないとすぐに荒れてしまいます。

       

       

       まして、震災と台風被害の影響が未だに残る金華山は、境内のあちこちに手を入れるべきところがまだまだ沢山あります。

       

       

       

       

       

       

       

       作業前、ビフォーの状態です。

       

       拝殿前周辺の側溝ががたがたでした。

       

       

       

       

       

       祈祷殿から拝殿に至る階段の下もまだ堆積物があり、柱を腐らせていました。

       

       

       

       

       

       そして表参道は、震災の年の「金華山支援プロジェクト」による日本財団他皆さまによる整備を最後として、清掃くらいしかほとんど手が付けられないでいました。

       

       

       

       

       

       

       出来ていたのは土のうを置いて、昔の石の階段をいくらか歩きやすくした程度でした。

       

       

       これでは雨では滑ってしまいますし、車も渡れず、景観も損ねていました。

       

       

       

       

       

       

       そこに助け船のボランティアさんがまたやって来て頂きました。

       

       

       東京都よりthis is a pen 、総勢29名の皆さまです。毎月来ていただいておりますので記事としてはおなじみですが、参加者には新しい方も多くいらっしゃいます。

       

       

       毎月の作業計画を経て、ここに来て最大の人数で渡来頂きました。

       

       

       

       

       

       

       昨年、一昨年のクラウドファンディング企画から成り立った作業で表参道に至る太鼓橋の補強作業も終えていましたので、ここを積載した2トンダンプや重機が渡れることが可能になり、表参道にようやく修復の手を入れることが出来るのです。

       

       

       この橋も以前は地震でボロボロでした。・・

       

       

       

       

       

       

       

       拝殿周辺側溝整備のアフターです。

       

       

       綺麗に作られて行きます。まだ引き続き継続出来そうです。

       

       

       

       

       

       

       祈祷殿から拝殿に至る階段下の堆積物掻き出しと柱の補強作業、アフターです。

       

       

       

       

       

       今後また堆積物が沈殿しないようにと、杉の枝やその辺りにある素材で、土留めまで作って頂きました。

       

       

       杉の枝を編むことでそれ以上杉葉などが来ないように遮断することが出来ています。

       

       

       

       

       

       

       そして表参道はこのようになりました。

       

       

       古い鉄製灯籠を撤去し、土のうを開けて、ダンプと軽トラックでおよそ2トンが15杯〜20杯を埋め立てに用いました。

       

       

       

       

       

       

       

       そのため、車で(4駆に限りますが)表参道を階段下まで昇ることも出来、これは実に被災後初めてのことでした。!!

       

       

       これによって参道周辺の清掃も容易くなり、これから表参道はどんどん整備が進むことが予想されます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       しかしまた、側溝部分のU字溝を並べるなど、課題は山積みですが、重機も入れればマンパワーで何とかなりそうな見込みがあります。

       

       

       

       

       

       

       

       

       ここまで至るにも、一日二日とは言え、濃密された時間の中で、凡そ30人の方々の知恵を生かした様々な現場がありました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       そして贈り物までありました。

       

       

       CRAFTMAN世田谷の白井さんお手製のショーケースです。

       

       

       売店を盛り上げて行こうと、長財布やコインケースの売り物を販売するための品質あるケースがお届けされました。

       

       

       

       

       

       

       

       他にも諸々お世話になり、有難うございました。

       

       

       

       今年は復旧・復興を加速させて進みゆく、良い年にあると感じております。

       

       

       

       崩落した市道として工事の進む参道のアスファルト敷きも7月20日をめどに工事業者様方が頑張っておられると聞かれ、7月29日、30日の龍神祭にはまた一つ新しくなった金華山が見られるのではないでしょうか。

       

       

       

       期待しております。

       

       

       境内整備が着々と進むことは、本当に喜びで、嬉しいことです。

       

       

       日々進捗のある金華山を、是非現地でご確認頂き、味わって頂きましたらまた幸いです。・・・

       

       

       

       

       


      東松山チームと上川さん

      0

         去る6月3日(土)4日(日)、埼玉県東松山チーム(住居は各地混合)17名の復旧作業支援活動がありました。

         

         福井県・上川さん、石巻市・三上さんもそろって待機されておりましたので、作業は登拝口付近石灯籠の建て起し他整備と、石階段脇石碑の建て起し、また玉垣墨入れ作業に分かれて行いました。

         

         

         どちらの石灯籠も地震以来ずっとそのままであったもので、ここに来てようやく修復されます。

         

         

         (地震で崩れてそのままの石垣などはまだ各所にあります・・)

         

         

         

         建てる位置を選定し、基礎の基礎として単管パイプを土台に打ち込むことから始まります。

         

         

         

         

         

         

         同時並行の石碑の建て起しもやはり基礎の基礎に単管パイプを打ち込んだ上で、ステンレスの棒を曲げて基礎石を固定する形で進められました。

         

         

         

         

         

         

         玉垣墨入れも同時に行っており、石碑・石灯籠の刻字も新たに墨入れし、また車に詳しい日産にお勤めの方には三菱の軽トラックの四駆の不具合も見て頂いておりました。

         

         

         上川さんが作業途中にいなくなってしまい、車のことを見ていたと後で知りましたが、一時監督不在になったため、周辺の石垣を直す作業も行いました。

         

         こちらも地震以降手付かずの場所でした。

         

         

         

         

         

         

         

         翌日、石碑の建て起しから順に始まります。

         

         

         みんなで「よいしょ」して立った暁にはバンザイしなければあかん、と上川さんはおっしゃっていました。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         「奉書大乗妙典字三禮塔」と書いてあります。

         

         

         江戸時代、金華山が大金寺というお寺であった名残りの石碑でした。

         

         

         綺麗に仕上げられ、神さまもさぞかしお喜びであったことでしょう。

         

         

         

         

         

         

         

         続いて登拝口付近の石灯籠の組み立てです。

         

         

         何度も行っていますので、要領は分かっています。

         

         

         台座に穴を空け、ステンレスの芯棒を入れて石材用接着剤で固定します。

         

         

         こちらも江戸時代の灯籠でした。

         

         

         

         

         

         

         胴が来たあとに火袋の台座が来て、(火袋は無くなっていたため上川さんお手製のものです。)水平を確かめ、訳なく組み立てられて行きます。

         

         

         

         

         

         

         

         写真が横になってしまいましたが、基礎台の周辺に砂利をまぶし、細かい芸まで見せて完了です。

         

         

         頭の部分は後日石を切り出して上川さんが作成されておりました。

         

         

         

         

         

         

         

         ゴールデンコンビの三上さんとも喜びを分かち合い、満足気です。

         

         

         

         

         

         

         その後、絵馬殿の修復作業を始め、細かい各所の仕上げの作業を経て、上川さんは13日に下山され福井に戻られました。

         

         

         三上さんとのコンビも含め、この方々がおられなかったら金華山の復旧作業はどうなっていたのだろうと考えるとぞっとします。

         

         

         御神縁に導かれて、ご来山頂いております。・・

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         東松山チームの方々も、最初は震災の年の年末に、お正月を迎えるための準備として「金華山支援プロジェクト」が立ち上がった際に常夜燈の完成にご協力頂いたのを始めとして、毎年継続されてずっと来られております。

         

         

         メンバーは各所からでも、何故か作業に詳しい方々が多く集まれ、ボランティア歴も長い「大人のボランティア」支援活動を行っておられます。

         

         

         震災後6年を経て、いまだ作業を続けておられる皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         社会人の勤めとして、本業が他にあるにも関わらず、出来る方々が出来る時に出来ることをする、というスタンスでお集まり結集頂くこと自体に、天皇陛下ではございませんが、同朋をいたわるお気持ちを痛感され、感じ入ります。

         

         

         

         そしてご支援を頂く立場として、応えられるのは、復興に向けて震災前の賑わいを取り戻し、おかげさまで良くなりましたよ、と言えることです。

         

         

         

         境内整備は神社にとって必須のことで、古来より奉仕団によって守られてきた歴史があります。

         

         

         

         震災を経て、その奉仕団がボランティアさんであっても何ら変わらず、やはりすべては御神縁のお導きで成り立っている気がいたします。

         

         

         

         感じ入ります。極めて多くの方々によって、この島が御神威あるものとして守られて行きますことを。・・

         

         

         

         

         

         

         

         


        復旧・復興のこと・・

        0

           風薫る季節、まさに新緑の候、5月27日(土)、28日(日)にはまたしてもボランティアのthis is a pen様20名が東京都より復旧復興支援活動に訪れて頂きました。

           

           

           両日ともに女川便・鮎川便両港より多数のご参拝の方々が訪れ、土曜日のご参籠は40名近くでボランティアさんも入れると参集殿は満館状態でした。

           

           (参集殿屋上の雨漏りから使えない部屋が五階に多くあり、そちらの復旧も急がれるところです。・・)

           

           

           

           作業の第一は4月19日の突風で剥がされた頂上奥の院大海祇神社の銅板屋根修復のための足場組みのための資材運搬作業で、これには中でも特に若い方々が従事され、二日間で二度三度と資材を担いで登拝頂きました。

           ただ登るだけでも大変なこと、頭が下がります。本当にお疲れ様でございました。

           

           

           

           

           同時並行してさらに一つの現場は、お正月・G.W.などに半分が休憩所として開放される旧売店作業スペースの棚づくりで、こちらにCRAFTMAN世田谷の白井さんが監督され、ご奉納頂きましたボッシュの電動工具を含め、作業道具類を分類して収納できる、素晴らしい棚が出来上がりました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           あたかもテレビ番組の「ビフォーアフター」の匠の技を再現されたかのようです。

           

           

           

           

           

           

           

           そして別の場面で匠の技が発揮されたのが祈祷殿から拝殿に至る中を通る階段の傾きの矯正作業で、地震で歪んでそれっきりでしたところをここに来てようやく手を入れることが出来ました。

           

           

           

           

           

           

           

           作業監督の若林さんです。せっかくだからと、階段下杉葉などの腐葉土と化した堆積物の掻き出しを行い、柱部分をワイヤーブラシで苔を落とし、そこに防腐剤を塗って行く作業までご指導頂きました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           金華山にとって何といっても欠かせないのが福井県・上川さんと石巻市・三上さんのまさしくゴールデン・コンビです。

           (黄金山だけに・・)

           

           

           お二人とも頂上も登られており作業の段取りをして頂き、様々な場面でも重要なポジションは変わりなく、たとえば上川さん発案で階段の横のズレを矯正するため、近くの杉の木の大木から同じく杉の木の丸太を水平にジャッキを当てて、外側から階段を押すことで中から見ても殆ど真っすぐになっております。

           

           

           その後反対側から引っ張る段取りです。

           

            

           

           

           

           

           

           

           ここも地震以来手付かずな場所、なかなか手を入れることが出来ない部分に整備を行うことが出来ましたので、神さまもずっと痒いところが掻かれたかのような気持ち良さを味わったのではないでしょうか。

           

           

           

           二日目の船便帰りの便間近まで、マンパワーで粘り強く出来るところまで完全に綺麗に出来ました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           さらにもう一つの作業現場が拝殿周辺の側溝整備です。

           

           

           これの長年の放置が遠因となって、地震で拝殿石垣の角の部分が少しく不安定な形となってしまったものと理解しております。

           

           

           排水をとることは建物のみならずあらゆる場面で大事なことです。

           

           

           雨は必ず降りますので。・・

           

           

           セメント等に詳しい宮本さんに監督頂き、ご指導頂きました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           this is a pen 代表SHOGOさんのご子息も来られておりました。

           

           

           大人数をまとめ人員の配置などの苦慮もされつつも、さながらCMの撮影現場のような、和気藹々とした中でご活躍を頂きました。

           

           

           神社にとって、子どもが天真爛漫に活動されることは、和気相満ちたとても微笑ましい風景となります。

           

           

           

           

           

           

           

           

           そして拝殿周辺側溝は埋もれていた土管を通し、無事応急処置的にでもこれから梅雨時にでも、十分な排水がとれる状態となりました。

           

           

           

           

           

           

           

           当日は河北新報の方も取材に訪れ、震災後6年経ってもいまだ復旧作業を必要としている金華山の現場と、それを根気強く継続されておりますボランティアさんの活動を記録されて行かれました。

           

           

           

           

           今年は本当に復興が如実に兆しとなってようやく現れてきている年と認識しておりますが、ここまで来れておりますのも、ひとえにこれまで震災復旧復興に従事頂きましたボランティアさん皆さま方、そちらを後方支援で資金援助して頂いております崇敬信者様皆さま方、さらには変わらずご参拝頂いております参詣参籠者皆さま方の賜物と、関わるすべての方々に、あらためまして言葉に表せないほど深謝申し上げたいところでございます。

           

           

           

           復旧・復興とは、決して一筋縄では行かないものと思い、稲で縄をよるかのように、それが不思議とひとりでに折り重なって次第に太くなって行くかのように、多数のご縁が集まって初めて成し遂げられるものと考えます。

           

           

           

           

           関係者、諸々の無数のご縁が集まって、ここに結集して成り立っている金華山、こうした縒りを絶えることなく未来まで、後世につないでいくことが私たちに課せられた使命であります。・・・

           

           

           

           

           


          金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト

          0

             「金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト」のご案内を申し上げます。

             

             金華山復興支援に取り組む最上元気研究所・VCを支援する会押切珠喜様ご紹介の東京造形大学教授・オープンハウス代表取締役益田文和先生始め山谷こうじ様、風の旅行社竹嶋友様などのボランティアグループが、金華山の牡鹿の春に角が抜け落ちることに着目し、それらを拾い集め、質感を生かしたものづくりに着手していただきました。

             

             

             そのテーマの一つとして作製されるのが、縄文時代に行われていた鹿角の釣り針づくりや、勾玉のような装身具づくりです。

             

             

             

             いまだ試作品の段階ですが、なかなか好評で、試作品の中でも強く求められ、販売されたりもしております。

             

             

             

             神社境内内、大広間売店前にて展示されております。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             金華山の魅力の一つは、日本にいてまるで異国にいるかのような、または異世界にいるかのような、非現実的な時間空間の感じ方にあるとも思われます。

             

             

             

             

             その切り口が一つ違うだけで、こんな芸術的な作品が出来上がってしまうものと驚嘆いたします。

             

             

             

             

             鹿たちは、古くはブッダの時代から、何故か神聖なところにいるものでした。

             

             

             

             写真の切り取りかたによって金華山がこうもまた違って見えます。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             こちらのプロジェクトはまだまだこれから進行する予定ですので、お楽しみにお待ちください。

             

             

             

             

             

             

             さて、本日はまた福井県から上川さん・石巻市から三上さんが昨日ご来山されたために、復旧作業がまた一つ進むこととなりました。

             

             

             

             男子寮トイレの配管直しという地味なことではありますが、その住民にとっては作業の完成は震災後6年を経て快哉を叫ぶほど重要なことでありました。

             

             

             作業写真はお見せせず、美しい風景をお楽しみください。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             再来週土日、再再来週土日にもボランティア作業が予定されており、まだまだ現場も多くあることを痛感いたします。

             

             

             

             

             

             一方、お祭りの後片付けかたわら、あらたなる7月龍神まつりの告知も始まりました。

             

             

             

             金華山休憩所に掲示してあります。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             お祭りは準備を重ね、多くの方々のお手をお借りしてようやく成立するもの、神社の運営護持も、多くの方々のお知恵を拝借して技術が重なり、ようやく成り立って行くもの、多面的ではありますが、古くよりそうした伝統が脈々と続いて来て、今また新たな展開が生まれようとしていることには、ご神縁とお導きの出会いに感謝いたすことしか出来ません。

             

             

             

             

             金華山は、神社は、幾度も再生して行きます。

             

             

             

             

             多くの方々の手によって。それでいて古き良き伝統を絶やすことはありません。

             

             

             

             

             

             神事は必ず継続されますので。・・・ それは1000年以上絶えない、ある山のご神火のように。・・・

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << July 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 参道舗装工事 続!
              緑園
            • 参道舗装工事 続!
              蒼玉
            • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
              蒼玉
            • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
              緑園
            • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
            • G.W.、そして初巳大祭へ
              緑園
            • G.W.、そして初巳大祭へ
            • 金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 
              緑園
            • 金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 
              OK
            • 伊逹武将隊来山
              緑園

            links

            profile

            書いた記事数:404 最後に更新した日:2017/07/25

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM