初巳大祭神輿渡御・閉扉祭無事終えました

0

    5月6日(日)、午前5時半初巳大祭第6日目開扉祭が一番祈祷併合の上石の間にて執り行われて、朝のうちに御神輿を拝殿前まで上げて準備を済ませると、午前8時鮎川港を神輿渡御奉仕者が出航し続々と島に到着され始めてから、お祭りムードは一気に高まってまいりました。

     

     

    午前9時、小渕浜実業団の皆さまによる獅子舞が大広間前にて奉納され、引き続き鮎川七福神舞保存会による七福神舞の奉納も賑やかになされました。

     

     

    (震災以降、震災前と変わらず皆さま技術を保っておられる姿にいつも感涙です)

     

     

     

    午前10時、平成30年初巳大祭神輿渡御・神霊代神輿奉遷祭が石の間にて斎行され、遷霊の儀が執り行われて、引き続き拝殿前にて神輿発輿祭が行われると、神輿渡御委員長の一本締めにより、いよいよ御神輿が動き始めます。

     

     

     

    御神輿行列は道中祓いを先頭に、約100名が整列して、随神門脇の鐘楼の鐘が鳴らされる中、石階段を降り、大広間・旧売店前を御神輿が練り歩いてから長い参道をまた整列して降り始めます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    本年は特に、参道が今年ようやく完成したところから、震災後7年にして初めて稚児行列が桟橋まで下がるということとなりました経緯がありました。

     

     

     

    復旧復興は、常に一歩ずつ、少しずつ、緩やかな時間の流れの中で、この僻地においても着実に歩んで、進んで来ているのです。

     

     

     

     

    (本来は表参道を御神輿が通るのが習わしでした。今年、この日までの復旧は間に合いませんでしたが、来年にはもしかしたら、表参道を、震災後初めて御神輿と行列が渡れる日がやって来るかもしれません)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    牡鹿半島各浜の皆さまのご協力によって、こうした神輿渡御も成り立って、実現可能となっております。

     

     

     

    津波で被災された皆さまであっても、金華山の御神輿に関しては常に格別のご協力を頂き、宮司がよく「金華山を復興させることがここを心の拠り所とされている皆さまの励みになれば」と思って復旧復興へ努めていると言わくゆえんです。

     

     

     

     

    金華山の海、そして山、そして神振り行事の御神輿行列は実に盛大な、一年に一度の厳粛な、賑わいの祭典です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    昨年8月、参道が石巻市に譲渡されて以来、復旧工事が進んだ上で、震災後、長年の悲願の完成の日の目を見たと思いきや、同年10月の台風被害で再び工事のやり直しとなってから、再度また再建された参道です。

     

     

     

    自然災害が特に大きい昨今、対策と知恵を重ねて災害に強い道路づくりをして頂きました。

     

     

     

    参道は、今や市道ですが、参拝者の通られる道であるため車の通行も不便なく行われ、また神社への物資のルートの確保にもなっております。

     

     

     

     

     

    御神輿に乗られた神さまは、じっくりとこの新しく出来た参道を噛みしめて踏み歩きお乗せられ、お喜びになられたことでしょう。

     

     

     

     

    諸々皆さまのおかげさまで、この日は全くの晴天でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

    初巳大祭・神輿渡御神事は、正午、桟橋御旅所において神輿御旅所祭が斎行され、その中で海潮祓いの特殊神事も行われて終了し、再び七福神舞の奉納も行われて、諸員昼食を食した後、行在所の休憩も経て一気にまた拝殿まで上がり始めます。

     

     

     

     

    午後1時15分、拝殿にて神輿還幸祭が執り行われて、無事万端恙無く神輿渡御神事は終えました。

     

     

     

     

     

    そして明くる5月7日午後3時、初巳大祭閉扉祭が拝殿にて当社独自の弥栄舞・琴の神楽奉納の上執り行われ、本年4月30日初巳大祭前夜祭から始まりました平成30年初巳大祭の一切の祭典諸神事を万端滞りなく終えることができました。

     

     

     

     

     

     

    これらの祭典に関して、ご協力、ご奮闘頂きました、近隣含め関係者の皆さまに深謝申し上げますとともに、ご来山頂きました皆さま、またご遠方よりご支援頂いております皆さま、そして目に見えないご縁とつながりと、この祭典が恙無く行われたことを、誰よりも喜んでいらっしゃる神さまに、深く感謝申し上げます。

     

     

     

     

     

    おかげさまでございました。

     

     

     

     

     

    皆さま、有難うございました。

     

     

     

     

     

    (御神輿、初巳を終えると、一気にまた境内が静かになるところが、まだまだ震災後、復興へは端緒についたばかりと感じざるを得ませんが・・・  初巳の最重要神事を恙無く終えることができましたので、まずは安泰と、安堵しております。)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    一週間に及ぶ初巳大祭、誠にお疲れ様でございました(*´▽`*)
     
    今回初めて、初巳大祭の期間に滞在させていただき「最重要儀」の一つと言われる所以を肌で感じることができたことを、大変嬉しく思っております。
    御神輿が見れたのも楽しかったですし、早朝一番大護摩祈祷と合わせて執り行われる開扉祭もとても荘厳で美しく心に残りました。ありがとうございました。
     
    今回ご一緒した9名のボランティアの方も皆様大満足でいらっしゃり、皆様金華山のファンになってお帰りになりました。
     
    また金華山に参拝できるのを楽しみにしております。
    引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。
    • 初瀬保 公映(はつせほ・きみえ)
    • 2018/05/09 10:32 AM
    あいにくの5月3日全便欠航から3日間のご奉仕、誠に有難うございました。

    本当におかげさまを持ちまして、重要祭典日は天候に恵まれ、本年の初巳大祭を無事終了することが出来ました。

    ボランティアさんたちのお力は、震災後、ずーっと心強く頂いておりまして、そのおかげさまを持ちまして、年々少しでも復興している様子が垣間見れることが出来ましたら幸甚に思います。


    震災後7年を経て、金華山はようやく復興の端緒についたばかりとの認識です。


    今後とも是非、末永くお見守り頂き、ご奉仕活動にご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。


    • 緑園
    • 2018/05/10 6:15 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:432 最後に更新した日:2018/06/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM