初巳大祭中日

0

    平成30年、戊戌歳、初巳大祭も5月4日で中日を迎えました。

     

     

    5月1日本祭は無事盛大に終え、続く二日目も平日でも参拝者は多く訪れ、しかし5月3日だけは荒天のため全便欠航となってしまい、ご予約を頂いておりましたご参籠者の方々のみならずご参拝ご予定されておりました方々にご迷惑をおかけしてしまいました。

     

     

    本日、5月4日中日、天候は雨のち晴れ、多くのご来山者がおられました。

     

     

    ボランティアでVCを支援する会・押切様の後を継がれた東京都・初瀬保様チームもボランティアでご来山、見参いたし、巫女役として活躍されております。

     

     

    風の旅行社他企画、金華山鹿角(ろっかく)プロジェクトの皆さまもご来山、見参頂き、この時期に落ちる鹿の角を拾って加工品を作る試みをして下さっています。

     

     

     

    明日は初巳大祭第5日目の開扉祭が、午前6時半より御本殿石の間にて執り行われ、そしていよいよ明後日・日曜日の神輿渡御を迎える運びとなっております。

     

     

     

    交響曲第四楽章で言うと、今はまだ第二楽章に当たるでしょうか、これから盛大な盛り上がりを見せ、フィナーレを迎えるのが初巳大祭です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ご参拝の方々も、家族連れも多く和気藹々、賑やかにご参拝されているお姿を拝見しますと、金華山の復興も進んできていると感じ入ります。

     

     

     

    船便が平日少ないために、完全な復興にはまだまだほど遠いですが、連休中、休日中だけでも、復興したかのような賑わいが見せられるのが感涙です。

     

     

     

    拝殿は祭典用に装飾され、ご祈祷を受けられた方は全員、御本殿御開帳の儀にご案内される習わしなのが初巳大祭です。

     

     

     

    そして御本殿御開帳の儀では、お正月七朝祭と違って、御本殿内陣の御簾も開けられるのが初巳大祭の醍醐味ですので、ご利益もさぞかし倍増かと思われます。

     

     

     

    弁財天のお使いが巳であるところから、古くから行われているこの初巳大祭です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして、5月6日、日曜日には神輿渡御が斎行されます。

     

     

     

     

    この日はまた一日中お祭りムードが否が応にも最高潮に高まりますので、是非とも近隣の皆さまお誘いあわせの上ご来山下さいますようご案内申し上げます。

     

     

     

     

    船便は、鮎川・女川両港ともに増便される予定です。

     

     

     

    詳しくは各船会社にお問い合わせ願います。

     

     

     

     

    一年に一度の大祭典、是非とも盛大に盛り上がって頂きたいと願うばかりです。

     

     

     

    八重桜は例年より極めて早く散ってしまいましたが、新緑の候、初巳大祭期間中の、神遊びに是非金華山にご来山下さいますよう、

    ご案内申し上げます。

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/05/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM