春の嵐

0
     今日、3月2日は昨日来るべき予定の春一番の風がやって来ました。

     
     桟橋付近の小幟が一本ぽっきりと折れてしまい、夕方の今もなお強い風が吹いています。

     

     海のことに素人なのでなぜだか分かりませんが、波はそれほど出ていないように見えます。


     午後2時頃の金華山付近の海上の様子です。

     






     参道の崩れた付近の個所は、山ののり面が保護されていないためか、強風のたびに砂まじりの小石がパラパラと落ちてしまい、掃いても掃いても落ちてきてしまいます。






     
     現在の参道部分で、台風による崩落・修復個所は上の写真のようになっています。

     




     桟橋付近お土産屋の解体工事は進み、あと2,3日で完了します。
     
     
     (頂上大海祇神社修復もあと2,3日で完了するようです。)


     昨日1日に考えたことですが、自然災害を身体の「病」に例えることはできないでしょうか。

     飢饉や疫病のような災いと台風・地震の災いも全く同じではありませんが、同じ「自然」のことです。


     その中で生きる人間は、科学で予測・観測・対策する必要もありましょうが、身体に例えても「健康」というためには、自然に深く学んできた先人たちの知恵が不可欠に思えてなりません。



     巳歳御縁年大祭まで、カウントダウンが始まっています。

     まるで眠っていた蛇が目を開け始めるかのように。



     
     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/05/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM