祈年祭斎行される

0

     2月16日、旧正月元旦祭を午前2時より斎行し、旧正月七朝祭が始まりました。

     

     

     旧正月七朝祭は2月22日まで斎行されます。

     

     

     旧正月元旦の日の2月16日は各地から崇敬者が訪れられ、境内は盛況となりました。

     

     

     

     そして17日、祈年祭は、鮎川便が欠航とあって、残念でしたが、女川便は運航され、今年最初の大祭を恙無く終えることが出来ました。

     

     

     

     写真は、ボランティアで来られておりましたVCを支援する会・押切さまの意志を継がれた、同じくボランティアで来られております初瀬保さまによるものです。

     

     

     

     スタッフに徹するボランティアの精神はいつでもどの場面でも多大に生かされ、有難く、その知恵と行動力で様々なことが助かって行きます。

     

     

     

     

     祈年祭は拝殿・石の間にて祭場が舗設されて、御本殿にて執り行われました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     浦安の舞が奉納されます。

     

     

     

     

     

     

     

     祈年祭は、「としごいのまつり」とも読み、その年一年の農作物の豊作を祈願して行われたのが古い起源です。

     

     

     「とし」という言葉自体、元来「稲」を意味し(一年は一回の稲の生育)、古来稲の出来栄えが生死にかかわる重要事であったため、このお祭りは秋に収穫を感謝して奉仕される新嘗祭と対をなして、わが国の非常に古くから、また極めて重要な意味を持って行われてきたお祭りなのです。

     

     

     それゆえ、「大祭」として奉仕されます。

     

     

     この度は、旧正月の暦とも重なり、五穀豊穣はより強く願われたことと思われます。

     

     

     そして一年の始まりの大祭は、今年一年の活力・国力を祈る意味も重ねられて、変化してきてもいます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     よく神主は背中で語る、と教わられてきました。

     

     

     真摯な祈りこそが神社の本分と本業です。

     

     

     

     

     

     

     

     そして平成30年祈年祭は、無事滞りなく終えました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     期せずして、ピョンチャンオリンピックにおいて羽生結弦選手が金メダルを獲られましたが、平成30年は来る平成31年の改元に伴い、新しい元号が発表される年でもあり、わが国の国力の、真底からの増力を願う次第でございます。

     

     

     

     

     東日本大震災からはやがて7年の節目を迎え、来るべき復旧復興への兆しへと、風向きが変わりまた大きな後押しがなされ、進みゆくことを願います。・・・

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/05/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM