繭玉、どんと祭、登山道修復、そして大雪へ・・

0

    1月15日の小正月の前日、14日朝には繭玉飾りづくりが一階食堂にて全社員で行われました。

     

     

    ミズキの枝に紅白の餅を丸めて取り付け、年縄飾りと交換して各所に飾り、春を呼ぶ行事です。

     

     

    古来、待ち遠しい春を迎えるに当たって様々な行事がありました。

     

     

    一連の正月行事は立春の前日、節分祭まで続きます。

     

     

     

     

     

     

    そして同日14日午後には境内駐車場においてどんと祭が執り行われました。

     

     

    冬場、食べ物に飢えている鹿たちが竹の笹や、紙類も食べるために集まってくるのが毎年恒例です。

     

     

     

     

     

     

     

     さらに1月20日(大寒)、21日の土日にはまたしても東京都よりthis is a pen 様11名がボランティア活動にご来山頂きました。

     

     

    今回の作業は、元総代の三上さんが一人でこつこつとやられていた、昨年10月23日の台風21号被害に遭った登山道修復がメインとなり、他に頂上大海祇神社の足場資材上げと足場組みも行いました。

     

     

     

    初日の夕方でこれだけ大きめの石を積みならし、今後また流されないための段取りが出来ました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     そして上から土をかぶせていき(ダンプが車検中で使用出来ず、重機も故障中のためミニユンボで軽トラックに詰め込み)、ならして行きます。

     

     

     

     

     

     

    被害箇所の半分は進んだでしょうか、まだ難所があるので難しいですが、クラフトマン世田谷の白井さんには標識となる看板まで作って頂き、今後の計画の話し合いも含めて充実した内容となり、出来た部分はきれいに仕上がることができました。 !

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして本日22日には、午後3時半過ぎより報道で騒ぎになっております大雪がこの金華山の地においても降り始めました。

     

     

    けっこうな量が断続的に降る見込みで、久しぶりの大雪になりそうです。

     

     

     

     

     

     

     

    明日からしばらくは船も運休となり、島内は缶詰め状態となりますが、陸地の方々も明朝大変なことになっていることと想像されます。

     

     

    良すぎた天気の後には必ず中和するかのように荒天が来る、というのが何となくの天気の法則のようです。

     

     

     

    陰陽の原理でしょうか、それでも私たちは何とかそれを知りつつも対策を整えて、備え、大事に行動して行かなければなりません。

     

     

     

    自然と付き合っていくことは、しょうがないと諦めつつも、必ず最善を尽くすことは出来ます。・・・

     

     

     

     

     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:432 最後に更新した日:2018/06/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM