師走の諸準備

0

    12月の師走というのは、例年時間が惜しまれるほど早く過ぎ、だからこそ諸準備も早め早めの構えが必要となります。

     

     

    平成30年の祭典表も新しく立て替えております。

     

     

    来年は初巳大祭本祭が5月1日となり、前夜祭が4月30日という、暦上最も早い初巳大祭の年です。

     

     

    また、これには書いてありませんが、来年は深夜の祭典・甲子大黒祭が6年ぶりに復活し、11月27日の午後11時より執り行われる予定となっております。

     

     

     

     

     

     

     

     

    師走の夕方、元総代の三上さんが、日暮れ近くぎりぎりまで、潔斎場屋根を修復させるためのペンキ塗りに一心不乱にいそしんいらっしゃいました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    10月の台風被害の個所はまだあちこちに残り、その復旧もしなくてはなりませんが、住み込みで震災後ずっとボランティアで作業頂いておりますこの姿勢にはとにかく頭が下がります。

     

     

     

     

     

     

     

    東北の東日本大震災での被災地には、およそ二万人の無念に亡くなられた方がいらっしゃいました。

     

     

     

     

    人は、亡くなると愛する家族や近親者のための守護の働きを務めるべく、また修行を重ねて行くと神道で認識しております。

     

     

     

     

    祓いの力は大きく、こうしたことも年越しの大祓で祓って、生きる者はまた新しく新年を生きる力を授からなくてはなりません。

     

     

     

     

     

     

    師走は、全般に、しわ寄せがくる月とも言えるかもしれません。

     

     

     

     

    お正月の準備は、とにかく早めに、後伸ばしにしないでやっておくことが、無事新年を迎えるコツと、常々感じております。・・・

     

     

     

     

     


    コメント
    愛知県に住む者です。記事とは関係ございませんが 現在 黄金山神社様の御本殿に明治以降 弁天様が中心に おられないのではと とても心配しております。大震災の震源に近く 平成の世は己巳年から始まりました。大変 失礼な文面で恐縮ですが。
    • 野口 道勝
    • 2017/12/17 4:06 PM
    弁天様は、頂上奥の院に祀られておることにはなっていますが、島に来られて見るとお分かりの通り、島全体を統べるようなお護りを頂いていると思います。
    金華山に来られた方が、何か大きな目に守られ、見張られているような気がするとおっしゃるのはそのせいかと思います。
    ご参籠頂き、現地にて長い時間を過ごされると体得なされるかと存じます。・・・


    • 緑園
    • 2017/12/17 5:46 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:432 最後に更新した日:2018/06/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM