被害傷跡の修復

0

    11月25日(土)、26日(日)、東京都よりthis is a pen13名様が復興支援活動に訪れて頂きました。

     

     

    両日鮎川便は強い南風のため欠航し、女川便だけが運航され、参拝者の方々も多く渡航されました。

     

     

    これから冬場になると海上の時化も多くなりがちです。

     

     

    今回の作業現場は、桟橋鳥居付近の玉垣の残骸を撤去する作業がまず一つありました。

     

     

    津波被害以来実に6年半以上そのままの個所でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    近くに震災後あらためて建立された社号標の墨入れの作業も、お正月に向けて玄関口を整えるために行いました。

     

     

     

     

     

     

     

    発電機を二台用意し、グラインダーで柱の根元を削り、大ハンマーでひたすら叩いて行くことで大きい玉垣の石もうまく倒れました。

     

     

    ハンマードリルやツルハシ、石頭ハンマーやタガネも駆使して残された石の部分を削り取って行きます。

     

     

     

     

     

     

    ローテーションで大ハンマーを振り回し、最後の倒れるところで皆さま優しく筆者に任せて頂きました。

     

     

     

     

     

     

    こうした石を砕いていく作業に防塵マスクとヘルメットは必須でした。

     

     

     

     

     

     

     

    そして跡形もなく消えて行き、後世これは何の跡だったのだろうと思われることでしょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

    社号標墨入れも、立派に、綺麗に仕上がりました。

     

     

    (翌日は裏面の細かい文字も綺麗に仕上げられております。)

     

     

    社号標は、津波で流されていたのをまたあらためて場所を変えて建て直したものです。平成25年の2月の頃上川さん主導で行われたものでした。

     

     

     

     

     

     

    図南書道会の方が書かれた文字と聞いておりますが、神さまの「神」の字など立派なものです。

     

     

    ここの前で鳥居も含めて記念写真をまず撮られる方もいらっしゃいます。

     

     

     

     

     

     

     

    塗装が専門の若林さんの手水舎各所ペンキ塗り作業も継続されて行われておりました。

     

     

    (後日紹介いたしますが、木材と混じり合う見事な塗装となりました。)

     

     

     

    また日曜日は頂上大海祇神社修復のための資材上げ作業も行われました。

     

     

     

     

    次の主な現場は大黒様後ろ、福神橋付近の台風で土砂が流された部分の再度の埋め立てです。

     

     

    三上さんがコツコツと大きい石を下に敷き、小さめの石を上に敷いて工夫されて埋め立てておられました。

     

     

     

     

     

     

    およそダンプ二台分の土砂が入りました。

     

     

     

     

     

    近くまでクローラー(運搬機)で運びます。

     

     

    土砂は、芝などが生えやすいものを上に敷いて、再生を願いました。

     

     

     

     

     

     

    さらに埋め立て部分に刈り取ってきた芝を市松模様に並べて完成です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    時間も目一杯、ちょうどに完成し、今後残されたダムまでの道の補修や、表参道の修復の仕方など話し合いました。

     

     

     

    継続されるボランティアの方々がおられるからこそ、修復に向けてのビジョンを持つことが出来、少しずつ、一箇所ずつでも境内地は整備されて行きます。

     

     

    それはやはり大変に有難く、助かっており、とても感謝しております。

     

     

     

    そうして一箇所ずつ、傷跡が修復され、来る新年・お正月へ向けて、準備は各所着々と整って行きます。・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 新嘗祭に向けて
      緑園
    • 新嘗祭に向けて
      蒼玉
    • 風の旅行社、VCを支援する会お盆支援
      緑園
    • 風の旅行社、VCを支援する会お盆支援
    • 平成29年龍神まつり第二日目
      緑園
    • 平成29年龍神まつり第二日目
      かよこ
    • 参道舗装工事 続!
      緑園
    • 参道舗装工事 続!
      蒼玉
    • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
      蒼玉
    • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
      緑園

    links

    profile

    書いた記事数:425 最後に更新した日:2017/12/14

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM