新嘗祭に向けて

0

     来る11月23日には今年最後の大祭である新嘗祭が斎行されます。

     

     

     それに向けて、でもありますが、台風21号の被害をコツコツと境内整備を重ねておりました。

     

     

     主に働いていらっしゃるのはボランティアの上川さんと三上さんです。

     

     

     上川さんが福井県に帰られましても、三上さんはコツコツと進めておられました。

     

     

     

     

     

     

     

     福神橋付近、大黒尊像後ろの辺りです。

     

     石を大きさに合わせて詰め、後は土砂を詰めて完成です。

     

     

     石を詰められたことで、今後また流されても、その石は残るものと思われます。

     

     

     

     

     

     

     

     上川さんがおられるうちに、埼玉県・東松山チームとともに登山道の修復はかなり進めることが出来ました。

     

     

     何度流されても、復旧させるのが神社の務めであり、永々と繰り返される営みです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     まだ難所もあります。

     

     

     恒久的な修復を試みるため、ここはコンクリートを流す予定です。

     

     

     現在は迂回して登山道を登らなくてはなりません。

     

     

     

     

     

     

     本日は拝殿前祓所付近にまた海砂を入れて、新嘗祭の準備を整えているところです。

     

     

     

     拝殿前は、とにかくいつも綺麗にしておかなくてはなりません。・・・

     

     

     

     

     

     

     

     来る23日新嘗祭の日は、天候は思わしくない予報ですが、祝日で臨時便も運航されますので、ご祈祷にも好日かと思われます。

     

     

     

     

     この本年最後の大祭を経て、いよいよ冬支度へ、お正月の準備が集中して行われることになる金華山のこの頃です。・・・・

     

     

     

     

     

     


    コメント
    せっかくきれいになったのに残念ですね…
    ここ2、3年は特に…
    • 蒼玉
    • 2017/11/21 1:30 AM
    残念でしたが、転んでもただでは起きず、今後のために工夫して修復を行うことが出来、何度でも不死鳥のようによみがえるのが金華山です。・・
    • 緑園
    • 2017/11/23 5:49 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:432 最後に更新した日:2018/06/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM