台風21号、被害状況

0

     10月23日未明から秋雨前線を伴って接近した台風21号は、超大型で800キロも強風圏・暴風圏もありましたが、その雨量は強く、震災の年の台風15号被害を思わせるものがありました。

     

     

     (報告が遅れてしまい申し訳ございませんでした。)

     

     

     このような大雨では、まず排水の土管という土管が流れてきた巨石・倒木等により詰まってしまい、本来の土管ではなく道自体が川になってしまうことが余計被害を助長させます。

     

     

     銭洗い場付近のその時の様子です。

     

     

     

     

     

     

     土管が詰まると水は勢いを増し、まさに道が川になります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     震災の年の台風では、この旧売店いったいのアスファルトがめくれ、いったいに土砂が堆積する状態となったのですが、今回はこれくらいで済みました。

     

     

     大難が小難で済み、小難が無難でありますことを、常に願います。

     

     

     現在はこの辺りの片づけは済んでおります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     また問題となったのが参道です。

     

     

     せっかくこの7月・8月に出来たばかりの参道が、排水溝の排水をもろともせずに、排水溝自体を水の流れが壊してしまいました。

     

     

     

     水の流れの勢いの強さは本当に恐るべきものです。

     

     

     

     

     

     

     法面の土砂も膨れ上がりました。

     

     

     ネットが張られているため、崖崩れの心配は無用ですのでご安心下さい。

     

     

     

     

     

     

     

     桟橋付近も見るも無残な風景となりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     こうした、排水の土管入り口が、土砂や倒木により詰まってしまうとそこからあふれ出てしまうのです。

     

     

     

     震災の年は、ずっと絶え間ない余震がありましたので、表土はかなり揺さぶられて、そのせいも含めたため、その年の台風の山津波はこれよりも幾倍も甚大なものだったと想像されます。

     

     

     

     大きな力を時に示されるのが自然の怖いところです。

     

     

     

     

     

     

     

     滝のように沢からあふれ出た水流が流れ出し、それはやはり通常の土管では対応できないくらいでした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     せっかく修復した表参道も、無念にもかなりやられてしまいました。

     

     

     

     

     

     

     

     車が上がれるまで直したボランティアさんたちの努力が、すべてではなくても灰燼に帰してしまったのは大変な痛手です。

     

     

     それでもここまで来た限りは、また再び何度でも、直して行きます。

     

     

     

     

     

     

     

     参道のアスファルト工事は、現在石巻市に土地を譲渡しているため、公道として業者が請け負う形で直して頂くことになっておりまして、それは不幸中の幸い、全くもって頼もしいことです。

     

     

     

     

     

     

     被害は、まるで震災のときの浦安市のような、いわゆる「液状化現象」のような形で、アスファルトの下を水が走って、アスファルトがめくりあがり、現在もなお車の往来を不可能にしています。

     

     

     

     

     

     

     こちらの復旧は、まだめどは立っていませんが少なくと今月中には車が通行できるようにし、お正月にはいまだ不完全でも利便がはかられる道路であってほしいものです。

     

     

     お車の送迎は、今のところ、この坂を上り切ったところ辺りから行っておりますので、ご来山の際には何卒ご了承願います。

     

     

     

     

     

     ちなみに、お水取り場の金光水の足元付近もいまだ土砂が堆積したままです。・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     それでも、社殿に被害はありませんでしたし、頂上奥の院他山の各地末社にもさしたる被害はございませんでした。

     

     

     

     

     秋の夕日が目に沁みます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     いったいいつから、私たちは自然と向き合い、寄り添って、暮らしてきたのでしょうか。

     

     

     

     「災害」と一口にいっても、それは自然の大きな力の、ちょっとした力の影響に過ぎないのですが、非力な人間にとっては大きく感じられたりもします。

     

     

     

     天災が、忘れたころにやってくるのであれば、それに対する備えを踏まえたうえで、出来る限りの対策を備えておくことしか、我々には出来ません。・・・

     

     

     

     

     

     なお、現在も、船は天候が良ければ通常通り運行しております。

     

     

     

     ご参拝の折にはいまだ復旧途上であることにご注意願います。・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 新嘗祭に向けて
      蒼玉
    • 風の旅行社、VCを支援する会お盆支援
      緑園
    • 風の旅行社、VCを支援する会お盆支援
    • 平成29年龍神まつり第二日目
      緑園
    • 平成29年龍神まつり第二日目
      かよこ
    • 参道舗装工事 続!
      緑園
    • 参道舗装工事 続!
      蒼玉
    • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
      蒼玉
    • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
      緑園
    • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト

    links

    profile

    書いた記事数:420 最後に更新した日:2017/11/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM