アメリカ国務省ボランティア、そして新年へ・・

0

     去る10月12日、13日、アメリカ国務省ボランティアの方々が風の旅行社斡旋・VCを支援する会押切様引率のもと1泊2日でご参籠されました。

     

     一昨年から続いている企画で、日本語研修のための学びのプログラムの一環です。

     

     一日目は三上さん主導で境内の清掃を行い、二日目はあいにくの雨天候のため登山を断念して殿内にて七朝祭発送のための封入作業にご協力頂きました。

     

     

     国籍はアメリカでもさすが人種のるつぼのお国なので出身地はばらばらです。

     

     皆さま金華山をご堪能頂いたご様子でした。

     

     

     

     

     

     

     今回はこの企画では珍しく幼児のご参加もありました。

     

     

     普段のご参拝でもそうですが、子どもたちの声が神社で聴かれることは、何故かとても嬉しく、神さまもその純真な魂にきっとお喜びになられていらっしゃるものと感じられます。

     

     

     三つ子の魂百までとも申します。その無邪気な精神は、大人も学ぶところがあります。

     

     

     

     

     

     

     

     変わって、先日来年の神社ポスターがいち早く出来上がりました。

     

     

     来年のポスターは金華山の象徴なのか、鹿が大きくデザインされ、なかなか良いものとなっております。

     

     

     各地に貼られる姿を早く見たいものです。

     

     

     

     

     

     

     

     来年の祭典日は、小さくてよく見えないかもしれませんが、初巳大祭本祭が5月1日、神輿渡御が5月6日、龍神まつりが7月28日と29日、例大祭9月25日は火曜日、神鹿角切行事祭は10月7日となっております。

     

     

     

     

     

     これには書かれておりませんが、来年は11月28日に甲子大黒祭という祭典が、深夜11時から、6年ぶりに斎行されます。

     

     

     こちらのお祭りには、参集殿に泊まられるか、滞在されるかしかないので、それまでには必ず震災以降使用不可となっている参集殿の各部屋を完全に復活させなければならないところです。

     

     

     

     参拝者、お客様も増え始め、いよいよ完全復旧に向けて、全力で取り組んで行かねばなりません。

     

     

     鮎川の漁港・観光桟橋付近が整い始めるのが来年秋頃とされ、女川の港湾付近の整備もまだまだかかる見込みです。

     

     

     

     毎日の定期便、そして金華山に着いてからの売店など震災以前の復興を夢見ますが、それはまだまだ先のようです。

     

     

     さしあたっては現在出来ることを、少しずつ試みて行くしかありません。・・

     

     

     

     霊島・金華山も寒くなり始め、紅葉が待ち遠しい季節となってまいりました。

     

     

     

     天候がよろしいときは、この時期のご参拝もおすすめの季節です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/05/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM