平成29年龍神まつり第二日目

0

     7月30日、金華山龍神まつり第二日目の龍(蛇)踊り奉納は曇り空の天候で何とか無事盛大に斎行することが出来ました。

     

     

     おかげさまです。

     

     

     

     関わる諸々の方々の祈りも通じました。

     

     

     

     

     龍体は午前11時と午後1時に、拝殿をゆっくりと出発して行進し、拝殿前にて3回、八大龍王神碑前にて3回それぞれ周り、その後石鳥居前にて一度整列し直し一礼を行ってから、大広間前に特設された龍踊り祭場へと向かいます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     先日舗装工事を終えた真新しい旧売店前のアスファルトの上を行進して行きました。

     

     

     

     

     

     

     

     祭場に着きます。土曜日の奉納が雨天のため完全には出来なかったこともあり、龍衆の皆さまも腕を振るわせておられました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     写真は午後の部のもので、午前にはこの3倍位の観覧の方々がいらっしゃいました。

     

     

     龍(蛇)踊りは一部と二部の構成になっておりまして、一部はひたすら龍が幸運を象徴する金色の玉を追い求めるストーリーを表しています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     そして二部は御神前の樽酒の御神酒を飲み干すシーンから始まり、世代交代して今回初の龍頭役となった奉仕会の平塚様も張り切っておられました。

     

     

     

     

     

     

     

     龍は御神酒を飲みすぎていったん眠りにつき、太鼓の音でびっくりして再び目覚め、金の玉を再び探し始めます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     何度かの探し求めの末、最後には金の玉を捕まえ、それをくわえたまま煙幕に囲まれて退場していくシーンが描かれます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     ここで一部、二部と終了するのですが、実はアンコールもご用意させていただいておりまして、爆竹役の者が「もういっちょう!」と声をかけると龍は再び祭場に舞い戻り、良いとこ取りの奉納演技が再び繰り返される金華山龍神まつりの醍醐味があります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     奉仕会として龍(蛇)踊り奉納を行ってより、実に30年の節目を迎え、龍衆のメンバーはいつも募集しておりますが、直会では感謝状の授与式も行われ、このお祭りに関わることは観覧演者一体となって得難い喜びがあり、今後とも金華山の夏祭りの風物詩としても末永く存続していきたいものがあります。

     

     

     

     

     土曜日は不完全燃焼だったかもしれませんが、日曜日は完全燃焼出来たのではないでしょうか。

     

     

     

     おかげさまでございました。

     

     

     

     こうして様々な方がたの思いが集結されて、お祭りは成功して行き、毎年のお祭りを、たとえそれぞれその年に違った形であっても成し遂げて行き、それに向けて周到な準備を重ねて行き、また後片付けを行って行く、その繰り返しが神社を成り立たせ、神社の組織としての生命を更新していく生業です。

     

     

     

     極めて多くの方々の思いが、そこには集中され、それはあたかも御神輿を担いで渡御して行くかのようです。

     

     

     

     気持ちが一つになり、まとまることが出来なければ成り立ちません。

     

     

     

     

     有難うございました。  今年もおかげさまで無事納めさせて頂きました。

     

     

     

     

     

     


    コメント
    青森から
    始発の新幹線で仙台まで
    石巻まで仙石線で
    女川まで石巻線で
    女川からフェリーで
    乗り継いで
    乗り継いで
    たどり着きました。
    龍神まつり最高でした!
    願って願っていた
    黄金山神社にお参りすることができて
    大満足でした。
    しあわせな時間でした。
    やはり
    来年
    再来年も
    行かなければ!!
    ありがとうございました!!
    • かよこ
    • 2017/07/31 8:19 PM
    喜んでいただきまして幸いです。
    有難うございました。
    金華山は辺鄙なところにありますが、伊達に辺鄙なところにあるわけではありません。
    ご利益満載でご来山頂きました方々にその後多くの喜びがありましたら、幸いこの上ないことであります。
    またのご来山をお待ち申し上げております。

    • 緑園
    • 2017/07/31 8:41 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 新嘗祭に向けて
      緑園
    • 新嘗祭に向けて
      蒼玉
    • 風の旅行社、VCを支援する会お盆支援
      緑園
    • 風の旅行社、VCを支援する会お盆支援
    • 平成29年龍神まつり第二日目
      緑園
    • 平成29年龍神まつり第二日目
      かよこ
    • 参道舗装工事 続!
      緑園
    • 参道舗装工事 続!
      蒼玉
    • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
      蒼玉
    • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
      緑園

    links

    profile

    書いた記事数:425 最後に更新した日:2017/12/14

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM