神鹿慰霊碑奉遷

0

     去る6月29日、午後4時より「神鹿慰霊碑奉遷清祓式」を神鹿慰霊碑前にて執り行いました。

     

     

     昭和57年建立されたこの慰霊碑の場所は、長年の風雨や地震・台風などの土砂崩れにより、石碑の存立が危うくなっており、石ごと海に落ちてしまう前にその移動が叫ばれるところでした。

     

     

     金華山の島はその形状が少しずつ削られて小さくなっている現状なのです。

     

     

     震災前はそれを防ぐための護岸工事の国家(?)予算もついておりました。

     

     

     灯台までの海沿いの道の修復なども、震災復興の最後の最後になることと予想されます。

     

     

     ともあれ、参道工事の最中であり、蟯殍楞藩佑僚典,島内にあるうち、とお願いをして全面的にご協力頂き、この作業が可能なこととなりました。

     

     

     海側すれすれに屹立する神鹿慰霊碑です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     清祓の祭儀を行って、工事に臨みます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     6月、7月、この季節は船の運航にとっては障害となるガス(霧)ですが、霊島にあっては幻想的な雰囲気を醸し出します。

     

     

     下の写真の奥手に見えるのは対岸の牡鹿半島の山並みです。霊玄です。

     

     

     慰霊碑はゴザなどによって保護され、作業は明くる6月30日、先ずは深さがどれくらいあるか掘ってみました。

     

     

     

     

     

     

     

     その深さが分かると、(1m70センチもありました)新しく移動する場所にそれだけの穴を掘り、埋める段取りが行われます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     ところがここで障害が一つ、大きな石が埋め立て場所に鎮座しておりました。

     

     

     そこで重機のバケットをブレーカーに代えて、石を砕いていきます。

     

     

     

     

     

     それでもらちが明かなく、エンジンカッターで石をさいの目に切断し、さらに重機で砕いて大きな石は取り除くことが出来ました。

     

     

     (その石だけでもう一つ慰霊碑が作れるほどの、3トン級の石でした。)

     

     

     

     

     

     

     そしていよいよ慰霊碑を吊り上げる段取りです。

     

     スリングベルトとワイヤーをかけてシャックルで繋ぎ、15トン級の重機で吊り上げます。

     

     

     

     

     

     

     

     この持ち上がったところがハイライトでした。

     

     写真撮影は元総代・ボランティアで来山中の三上義弘様に負うところがほとんどです。

     

     

     

     大きな重機は細やかな動きが出来、スムーズに移動して行きます。

     

     

     5トン級の石でした。・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     そして新しい場所に鎮座いたします。

     

     

     水平、垂直、後ろ何センチ空け、下から何センチ上げるか、というきめ細かい位置取りの作業が精確に決まるまで繰り返し行われました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     石自体は3m50センチ級の長さで、1m30センチは地中に埋まっており、それで安定がとれていた格好でした。

     

     

     

     

     

     

     立ち位置の微調整が進められます。

     

     

     

     

     

     そして見事、無事に奉遷が完了しました。

     

     

     入れた土はランマーで圧縮し、少々のことではびくともしないように万全が期せられます。

     

     

     

     

     

     

     はがされた芝生をまた集めて埋め戻す作業で完了です。

     

     

     作業は一日で終わりました。

     

     

     (当日夕刻午後5時からは夏越し大祓式の神事もありました。・・)

     

     

     

     

     

     

     

     

     神鹿・神猿は、金華山において遠くは神代の昔より生まれ育ってきたと云われる動物たちの類魂を集めた慰霊碑ですが、10月神鹿角切り行事祭において先立つこと前日には必ずこの碑の前において慰霊祭を執り行っています。

     

     

     

     

     新しい場所に鎮座ましましてもなお、参拝者の方々、勢子ほか諸々の来島者を見守る御魂たちであってほしいと願っております。

     

     

     

     

     このような形でも、復旧復興が少しずつ進んでおります金華山の現状です。・・・

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/05/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM