金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト

0

     「金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト」のご案内を申し上げます。

     

     金華山復興支援に取り組む最上元気研究所・VCを支援する会押切珠喜様ご紹介の東京造形大学教授・オープンハウス代表取締役益田文和先生始め山谷こうじ様、風の旅行社竹嶋友様などのボランティアグループが、金華山の牡鹿の春に角が抜け落ちることに着目し、それらを拾い集め、質感を生かしたものづくりに着手していただきました。

     

     

     そのテーマの一つとして作製されるのが、縄文時代に行われていた鹿角の釣り針づくりや、勾玉のような装身具づくりです。

     

     

     

     いまだ試作品の段階ですが、なかなか好評で、試作品の中でも強く求められ、販売されたりもしております。

     

     

     

     神社境内内、大広間売店前にて展示されております。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     金華山の魅力の一つは、日本にいてまるで異国にいるかのような、または異世界にいるかのような、非現実的な時間空間の感じ方にあるとも思われます。

     

     

     

     

     その切り口が一つ違うだけで、こんな芸術的な作品が出来上がってしまうものと驚嘆いたします。

     

     

     

     

     鹿たちは、古くはブッダの時代から、何故か神聖なところにいるものでした。

     

     

     

     写真の切り取りかたによって金華山がこうもまた違って見えます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     こちらのプロジェクトはまだまだこれから進行する予定ですので、お楽しみにお待ちください。

     

     

     

     

     

     

     さて、本日はまた福井県から上川さん・石巻市から三上さんが昨日ご来山されたために、復旧作業がまた一つ進むこととなりました。

     

     

     

     男子寮トイレの配管直しという地味なことではありますが、その住民にとっては作業の完成は震災後6年を経て快哉を叫ぶほど重要なことでありました。

     

     

     作業写真はお見せせず、美しい風景をお楽しみください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     再来週土日、再再来週土日にもボランティア作業が予定されており、まだまだ現場も多くあることを痛感いたします。

     

     

     

     

     

     一方、お祭りの後片付けかたわら、あらたなる7月龍神まつりの告知も始まりました。

     

     

     

     金華山休憩所に掲示してあります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     お祭りは準備を重ね、多くの方々のお手をお借りしてようやく成立するもの、神社の運営護持も、多くの方々のお知恵を拝借して技術が重なり、ようやく成り立って行くもの、多面的ではありますが、古くよりそうした伝統が脈々と続いて来て、今また新たな展開が生まれようとしていることには、ご神縁とお導きの出会いに感謝いたすことしか出来ません。

     

     

     

     

     金華山は、神社は、幾度も再生して行きます。

     

     

     

     

     多くの方々の手によって。それでいて古き良き伝統を絶やすことはありません。

     

     

     

     

     

     神事は必ず継続されますので。・・・ それは1000年以上絶えない、ある山のご神火のように。・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    関連する記事
    コメント
    鹿角プロジェクトメンバーで、今もアイディアをあーでもない、こーでもないと出し合っています。また訪れた際にお世話になりますので、引き続き宜しくお願いいたします。
    • 2017/05/19 9:49 AM
    あのアクセサリーは、質感が本当に素晴らしく、触ってみたところでその良さを実感できます。
    今後是非継続いただきまして、素晴らしいお土産をお作り頂ければと思います。
    ロッカクだから六角形も良いのでは?・・・

    • 緑園
    • 2017/05/20 5:59 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
      緑園
    • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
    • G.W.、そして初巳大祭へ
      緑園
    • G.W.、そして初巳大祭へ
    • 金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 
      緑園
    • 金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 
      OK
    • 伊逹武将隊来山
      緑園
    • 伊逹武将隊来山
      蒼玉
    • 繭玉飾り、どんと祭
      蒼玉
    • 年の瀬に
      緑園

    links

    profile

    書いた記事数:395 最後に更新した日:2017/05/17

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM