金華山植樹祭斎行

0

     ご報告が遅れてしまいましたが、去る4月15日(土)、金華山植樹祭が斎行されました。

     

     

     崇敬者総代・阿部和工務店様による桜と松の苗木それぞれ20本を金華山境内地に植樹するという試みは、震災前から続いておりまして、今回で9年目になります。

     

     

     東京都から1泊2日で来られておりましたボランティアのthis is a pen様20名もご参列頂き、その後の植樹作業にまた鹿の角切り場フェンス修復作業他にとご協力頂きました。

     

     

     

     霊島に木を植えるには神事を必要としまして、良く育つようにと祈念をいたします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     阿部和工務店様総勢17名、this is a pen様20名、それに神社職員と元総代の三上さんも加えて合計40名近くで作業を行いました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     今回は、this is a pen代表岡田様の斡旋によりボッシュジャパンの提供があり、電動工具までご奉納頂きました。

     

     

     

     神社にご奉納頂きますことは、すべてにおいて有難いことでありまして、これまでの数々のご奉納の品々で様々な場面で物たちが活躍し、丁寧に扱うことで末永く活用させて頂くことになります。

     

     

     

     作業も含めまして、誠に有難うございました。!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     金華山の桜はソメイヨシノがすでに100年を過ぎて老木となっており、新しい若い苗木を植えて、数10年後を見据え、手入れをしていく状況にあります。

     

     

     

     苗木の植樹には、鹿よけの柵が欠かせなく、囲っておかないと鹿がすべて食べてしまいますので、十分に育つまでに囲いが必需となっています。

     

     

     震災前も、NPO環境ネット石巻様に、金華山植樹のプロジェクトを企画頂いたものでした。

     

     

     

     整備を重ね、桜の桃源郷をまた再びつくりたいものです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     現在の桜は、ソメイヨシノが19日の暴風で散り始めを迎え、これからは山桜と八重桜が咲くころとなっています。

     

     

     

     やがて散りゆく桜はいつ見てもはかなく、そこはかとない思いに誘われます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     売店脇にありますのは、コウボウ桜という巨木ですが、こちらも散り始めではあります。

     

     

     

     樹木はいったいいつまで咲き続けることでしょうか。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     金華山参道の工事も法面まで進んでおりまして、通行の際には工事関係者より注意されますが、この工事は全く悲願のものでした。

     

     

     

     プロの方々は当たり前ですがしっかりと確実に段階を踏んで着々と工事を進めていらっしゃいます。

     

     

     (定点カメラで撮影し続けたら出来上がりの様子まで素晴らしい動きが見られることでしょう。)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     工事関係者の方々も神社参集殿にほぼ泊まり込みで進められ、参道に関しては夏までの完成を目指していらっしゃいますが、山津波以降悩まされてきた道路幅が広がる参道工事の完了は、本当に楽しみです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     間もなく来週からはゴールデンウィークを迎え、工事はいったん中断されて、多くのお客様をお迎えすることとなりますが、出来立ての桟橋の待合所が活用され、多くの方々に生まれ変わりつつある金華山を堪能頂きましたら幸いです。

     

     

     

     

     ご来山頂きました方々、並びに初巳大祭の郵送でお申し込みの方々には、この霊島の、広大無辺なるご利益が授かりますよう、祈念申し上げます。

     

     

     

     

     ゴールデンウィーク期間中は、鮎川・女川両港ともに船便が増便されますので、追ってご連絡申し上げます。

     

     

     

     

     

     

     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:432 最後に更新した日:2018/06/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM