金光水復旧作業  〜 第二章 

0

    3月4日、土曜日のお昼を過ぎて、東屋解体は鉄の部分とボルトでつながっている木材をはずし、鉄で出来た棟木部分をそのままでは重すぎて運べないということからまた上川さんがそれを四分割されて、後で溶接して組み立てるためのしるしをつけ、その四分割された鉄骨をロープをかけて引っ張り上げることとなりました。

     

     

    重いものは多人数で運ぶ、原始的ですが、理にかなった常套手段です。

     

     

    マンパワーが活躍します。

     

     

     

     

     

     

     

    それも慣れてくると少人数で運ぶことも出来、足場に気を付けて慎重に上方へ、元の場所へ戻します。

     

     

     

     

     

     

     

    お水取り場は乱雑としてきましたが、必要な資材をすべて運ぶことに成功しました。

     

     

     

     

     

     

    山津波で流された東屋はとうとうすべて解体されて運ばれ、残された震災遺構のような鉄の柱を中心として記念写真を撮りました。

     

     

    まだ作業当日の土曜日、夕方の頃でした。

     

     

    この鉄の柱がここに残されることで、あの時ここまで東屋が流されたのだよ、というしるしになって良いのかもしれません。

     

     

    石巻の津波で流された鯨の大きな缶詰も、日和大橋付近でしばらくそのままになっておりましたが、今は撤去され、津波襲来の地にはここまで津波が来ました、というしるしが各地電柱などに取り付けられております。

     

     

    この金光水の東屋も、それに似た、自然の猛威と不思議を感じさせる、6年間ずっとそのままになっていた、震災遺構的なものでした。

     

     

    とうとうそれが解体できました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    それからの組み立ての段取りはまた苦難を極めます。

     

     

    作業は常に段取り八分、まずは足場づくりから整えられて行きます。

     

     

     

     

     

     

     

    足場作り班と木材資材の釘抜き班に分かれて作業頂きました。

     

     

    こちらも多数の釘が残されており、地道な作業でしたが、大事なところでした。

     

     

     

     

     

     

    鉄骨は出来立ての足場に次々と上げられて行き、重いものにも関わらず、それはやってみると案ずるより産むが安しで意外とスムーズに進みました。

     

     

    ここでもマンパワーです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして出来上がったのがこちらの状態です。

     

     

    微調整を経て、鉄骨が水平になり、溶接されやすい形となりました。

     

     

     

     

     

     

    あたかも棟上げ式かのような形で出来上がったわけですが、ここから柱を立て、屋根を作っていく作業はまた多難を極めていきます。

     

     

    それにしても、1日半で解体が完了して上方に上げられたこと、延べ3日間であの流された東屋がここまで再建できたことは、本当にマジックのようでした。

     

     

    総監督の上川さんも17名の若い方を細かい部分まで指揮され、お疲れの様子であられましたが、携われた皆様も全力奮闘頂きました。

     

     

     

    金光水は現在このような形となっておりますが、今後少しずつ工事は進んでいく予定です。

     

     

     

    今年中に出来上がれば、それはまた竣工祭を行い、祝うべき事柄です。

     

     

     

    少しずつ、少しずつ、復旧復興が進んで行きます。・・・  多くの皆様のお手をお借りいたしながら・・・

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
      緑園
    • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
    • G.W.、そして初巳大祭へ
      緑園
    • G.W.、そして初巳大祭へ
    • 金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 
      緑園
    • 金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 
      OK
    • 伊逹武将隊来山
      緑園
    • 伊逹武将隊来山
      蒼玉
    • 繭玉飾り、どんと祭
      蒼玉
    • 年の瀬に
      緑園

    links

    profile

    書いた記事数:395 最後に更新した日:2017/05/17

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM