どんと祭、繭玉づくり

0
    1月14日、朝より「繭玉(まゆだま)づくり」が行われました。



    ミズキの木に紅白の餅を丸めてつけ、年縄と交換して立春まで飾る、春を呼ぶ儀式です。


    春を呼ぶためには様々な工夫が古来より重ねられて来たことが伺える行事です。


    それぞれのセンスで紅白の餅をつけていきます。








    神社内社員総出で行う習わしです。








    同日1月14日は午後に「どんと祭」を行う予定でしたが、あいにくの強風のため、翌日1月15日に売店前広場にて斎行されることとなりました。


    どんと祭はお焚き上げの行事で、昨年一年お世話になった御神符・お守り等を一挙に燃やしてしまう神事です。



    お焚き上げで「神上げ」し、その煙は無病息災の御利益があるとして、全国各地で行われてきましたが、金華山ではこじんまりと社員だけの参列で執り行われる習わしです。


    地域によっては「どんど焼き」「左義長」「松焚祭」などと呼ばれる祭事でもあります。

















    そのご神火は有難いもので、一瞬「柴燈大護摩祈願大祭」を思わせ、「火渡り」の神事に近いものがありました。



    ただ、本当はその場合はお札等を燃やしたものではなく、松や杉を念をこめて燃やしたものを火渡りするということなので、やはり異なるものと思われます。



    火はすべてを燃やし尽くして灰にしてしまう恐ろしい性質を持っており、大事に扱わなければなりません。



    恐ろしいゆえに有難くもあり、それは太陽がずっと遠くにあっても陽の光と暖かさを届けてくれる有難さと似ています。




    自然の現象を理解し、扱う立場の私たち人間は、どれだけ畏れ感謝を持っても足りないくらいと存じ上げます。




    何はともあれ、小正月の行事も終え、お正月はひと段落し、寒い冬季のシーズンがやってまいりました。



    鹿たちは食べるものに飢え、明日からは低気圧が猛威を振るい、荒れた天候となる見込みです。



    天候が荒れているときは皆さまご自愛くださいまして身を守ることに専念頂きたく存じます。・・・





     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/05/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM