旧正月3日目

0
     2月10日、午前2時の元旦祭に始まり、旧正月七朝祭がスタートしました。

     2月16日までの七日間行われる習わしです。

     当日は警察官も警備に来られ、およそ200人強の参拝者が来山されました。

      


     上の写真は大広間の祈祷待合者休憩室の風景です。

     この部屋は震災以降、外の売店が開放できなくなり、かつ外の公衆トイレも使用できなくなったため、一般の自由参拝者の方もご利用できるようになっています。

     (※金華山社務所付近の境内内では、トイレは今、殿内にしかありませんのでお参りの際はご注意ください。)

     



     「旧正月は新正月の兄、新正月は旧正月の弟」、と何度も申しておりますが、「古い暦にもとづく<本当の>正月、だけれども、新正月は新しい暦の現在の<あくまでも>正月、ということで、兄弟のような関係にあるため、どちらも大事にしなければならない」、というような意味だと、恥ずかしながら近年になってやっと実感を持って分かってまいりました。





     そんな旧正月大晦日から2泊3日で復興支援ボランティア奉仕で御来山いただいた、今回も風の旅行社・「地球の歩き方」ボランティアツアー並びにVCを支援する会様計12名のご奉仕活動に、またしても助けていただきました。

     写真は祈祷殿裏杉林清掃作業の際のものです。

     
     封筒の封入作業から、境内清掃、厨房奉仕、茶番・売店奉仕、写真撮影、何と巫女奉仕に至るまで、元旦祭は午前2時斎行のためほとんど夜を徹して延べ3日間、お力をお貸しいただき、ご協力いただきました。誠にお疲れ様でございました。





     写真のお守り「授与所」に立っている巫女さんはボランティアの方々です。

     新正月の際もしかりでしたが、皆様各職場にて十分すぎるほど立派にお勤めいただき、感謝甚大です。




     そしてまた巳歳大祭が刻一刻と近づいています。


     

     本日は桟橋付近倒れていた社号標(しゃごうひょう)を建立すべく、土台の基礎づくり作業を丸一日かけて行いました。
     (後日報告できるかと思います。。)

     
     正午頃、北朝鮮で核実験が強行されましたが、明日は天候は荒れ模様となり、船は欠航になりそうです。・・

     
     






    コメント
    ワタクシも「旧正月は新正月の兄、新正月は旧正月の弟」の意するところが … 少〜し、解って来たかな〜?
    志ん生 は、古今亭志ん朝の父 … ???
    ちょっと違いますよね …
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/05/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM