巳歳大祭キャンペーン実行委員会

0
     今日2月8日は、明治30年に社殿が全焼したことから、以来この日に「鎮火祭」を毎年行っている当社のゆかりの日です。
     早朝社員一同参列のもと、平成25年鎮火祭を無事恙無く執り行い、防火のことをあらためて戒めました。


     さて、去る1月31日には、「金華山巳歳御縁年大祭キャンペーン実行委員会」設立総会が、石巻グランドホテルにて行われました。
     
     約60人が参加し、発起人代表で実行委員長に就いた石巻商工会議所の浅野亨会頭は、「大祭を成功させ、資源豊かな金華山、牡鹿半島が脚光を 浴びるよう頑張っていこう」と挨拶されました。

     
     2月1日付けの河北新報、石巻かほくに記事が載りましたが、当会はチラシを2万部、ポスターを500部、横断幕、小幟も作成し、旅行業者へキャラバンの実地も計画しています。




     

     
     期せずして、本日午後6時20分頃からの仙台放送スーパーニュースにて「金華山の今」という報道がなされました。

     大久保権禰宜が対応しましたが、台風被害による参道の危険個所の整備が、「宗教法人の私有地」という枠組みのため行政の支援は受け入れられず神社で対応せざるを得ないこと、また定期便がなかなか復旧しないことなどの説明を現状に沿って丁寧に説明頂いた報道でした。





     上の写真は参道の危険個所の一部です。

     ガードレールのように保護してはおりますが、側溝が道路の真ん中に来ている形となり、お車で送迎いたしているとは言え、お詣りの方が危険を感じてしまうのは否めません。

     また、この個所の工事着工には未だめどがたっていません。






     金華山は本来信仰の島であり、それには少なくとも千年以上の歴史を持ちます。

     これまで幾度もの災害・危機を乗り越えて不死鳥のようによみがえってまいりましたが、例えばもう千年、この環境を維持発展・持続継続させていくとしたら何が必要でしょうか。


     金華山の特異な環境は、実際に来山され、できれば泊って一晩でも過ごしていただかないと実感できません。


     離島の神秘、霊山の大いなる気を、できるだけ多くの人に味わっていただきたいと願う次第です。



    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/05/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM