節分祭と名誉宮司

0
     二月三日、午後二時より拝殿にて節分祭が執り行われました。

     
     金華山は離島のため大々的な節分祭は行わず、年男・年女を代表とする社員の参列のもと、神事を執り行い、神職ほか社員等数名の参列者によって豆まき行事を行う習わしです。

     
     今年は巳歳とあって、年女の名誉宮司が参列致しました。

     



     
     金華山黄金山神社名誉宮司・奥海睦(むつ)は昭和4年己巳(つちのとみ)歳元旦生まれで、御年84歳(数え85歳)になります。
     
     写真の通りまだまだ若い者にも負けぬほど健在でいらっしゃいます。

     昭和34年に金華山に奉職して以来、実に55年、己巳歳元旦生まれの誠に奇特な御縁ですが、巳歳御縁年大祭は昭和40年、昭和52年、平成元年、平成13年と四度経験し、今回で五度目の巳歳大祭となります。





     女子神職の先駆けとして全国で初めて別表神社の宮司となり、また全国婦人神職協議会会長も長らく務められ、並々ならぬ苦労を重ねてきましたが、そのお人柄には社員の皆がひれ伏すところであり、今もなお御指導いただいております。

     
     震災の際も島におりましたが、千年に一度の災害と口にされ、晶文社発行川村一代氏著「光に向かって」では、聖書をひもとき、津波の話をされています。



     その名誉宮司も巳歳の年女とあって豆まきに参列なさいました。


     


     「福は内、福は内、鬼は外、鬼は外、 天打ち 地打ち 四方打ち、鬼の目ん玉ぶっつぶせ」
     
     と威勢よく掛け声をかける伝統行事です。

     各所各部屋に豆が撒かれ、恒例の厄祓いの行事を行いました。

     
     
     外に撒かれた豆は鹿の御馳走となりますが、誰も知らないところに撒かれた豆はしばらく誰も気づかないときもあります。・・


     震災の厄が落ち、巳歳の新たな運勢が生じることを念じる次第です。






    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/05/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM