金華山の初詣(7)

0

     平成25年新正月七朝祭も、最終日は穏やかな天候のもと、無事終了致しました。

     今朝七日目の朝は、伝統により社員一同「七草粥(ななくさがゆ)」を食し、無病息災を祈りました。

     
     本来1月は1年の始まりの月、そして1月15日小正月までは正月飾りは解きませんので、まだまだ初詣は間に合います。


     送迎用神社車

     参道途中にはいまだなおやや危険な個所が残っておりますので、必ずそのつど神社所有のお車で送迎するように致しております。


     金華山桟橋から


     桟橋付近は、津波・台風被害の影響がほとんどそのままで、荒涼とした様子は変わりありません。


     港湾かさ上げ工事の蠶電蝶け人佑砲茲蝓⊇蒜餬鷸務所の二階を、参拝者のためにもトイレ・桟橋待合所としても開放いただいております。




     平成25年祭日表


     平成25年3月18日から10月31日まで行われる巳歳御縁年大祭について、12年に一度ということもあり、準備を滞りなく進めるため、考えをめぐらせております。


     期せずして、本日地元紙の河北新報朝刊に、国土交通省が半世紀ぶりに離島航路の制度見直しを行い、金華山を含む全国13県23の有人島に離島航路を検討する旨の記事が載りました。


     震災以降、いまだ定期船がないことは、郵便物・宅急便物はもとより参拝の方々のために大きな足かせとなっておりますが、この検討が実現されるのがいつになるのか分からないものの、金華山を後世に伝えて行くためにも、期待を寄せるところは正直大きいです。



     ともあれ、巳歳正月が無事始まりました。

     
     今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。



    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/05/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM