東松山チーム来山!

0

    11月11日、震災からちょうど6年と8カ月の日、低気圧が爆弾低気圧に発達しながら昨晩の暴風警報が今朝は強風注意報に変わっているなか、埼玉県から早朝東松山チーム7名様が先日の台風21号被害復旧作業のために一泊二日で訪れて頂きました。

     

     

    先ずはお詣りをしてから被害箇所を下見してまわります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     表参道は重機にて埋め立てはたいがいは出来ておりましたが、まだまだ本来ではありません。

     

     

     来年は神輿を通すつもりで復旧していたところでした。・・

     

     

     

     

     

     

     

     神池には大量の土砂と泥が堆積しており、来る11月23日の新嘗祭前に修復しておきたい個所でした。

     

     

     

     

     

     

     

     ダムに至る道、登拝口の付近は平成23年の台風被害からダムの土砂上げをして、2年はかかったでしょうか、その出てきた土砂で道が埋め立てられたものでしたが、この度の台風一発でそれがほとんどすべて流されてしまいました。

     

     

     苦労して埋め立てを行っても、この惨状はあんまりです。

     

     

     自然の力のすさまじさですが、何か沢の流れが根本的に変わっているのかもしれません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     とりあえず出来るところから、優先順位の高いところからと、表参道の埋め立てにダンプ土砂二台分を流し込み、地ならししてひとまず完成です。

     

     

     人足がおられると作業はとても速く、完全に出来るのがいつも感動させられます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     表参道階段下の側溝ですが、こうしたところを常に機能できるように整備しておかないと、非常時には大きな被害が出てしまうものと痛感しております。

     

     

     昔の方は、様々な自然現象を想定しており、そのために仕掛けられた防御策を、機能出来るように整備することが大切と認識を新たにしております。

     

     

     

     

     

     

     綺麗に埋め立てられましたが、またこれを守るための方策、土砂を圧縮して固めたり、排水を十分に考えたりしないとまた二の舞になってしまいかねません。

     

     

     

     とりあえず形を整えることは出来ました。!

     

     

     

     

     

     

     そして次の問題、神池の土砂・泥上げですが、あまり深く掘りすぎると、池の水がすき間から抜けてしまう経験がかつてありましたので、慎重に、底を出して取り除いて行きます。

     

     

     出た土砂はダムに至る道の埋め立てに使われました。

     

     

     運搬機・クローラーも大活躍でした。

     

     

     

     

     

     

     

     閑話休題、弁天堂付近の紅葉は赤めいて、今はもう散り際ですが、美しいものです。

     

     

     銭洗い場も、復旧したてですので、今なら益々のご利益が高まっているかもしれません。

     

     

     (かつて復旧したての子安地蔵がそうでした。・・)

     

     

     

     

     

     

     

     神池の真ん中に位置する鶴の下には亀が鎮座しておりまして、網地浜の方の奉納と刻まれておりました。

     

     

     なかなかこうした機会でもないと下までは見えないものです。

     

     

     こちらの池の水は、御本殿に何かあったときのための防火用水ともなっております。

     

     

     上から見ると勾玉の形をした、随一のパワースポットとも言われます。

     

     

     

     

     

     

     

     土砂上げ・泥上げの入念に仕上げをして、後は水を貯めるばかりとなりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     最後の方では、各所埋め立てのための土のう袋づくりの作業に専念されておられました。

     

     

     神池から出た土のうも相当のもので、登拝口参道の埋め立ても下の方から徐々に進んでおります。

     

     

     

     そして明日も作業は繰り返されます。

     

     

     

     はるばる遠くから来られて、作業に従事頂くことに旧知の方々の面々も加わって感謝でいっぱいです。

     

     

     

     このような災害の状況が、少しでもなくなるよう、減災の措置を考える必要もあるかと思います。

     

     

     

     入念な境内整備が、それを可能にするでしょう。

     

     

     

     各所の被害と、その措置が出来ることで、初めて復旧復興と言えるのかもしれません。

     

     

     

     秋の行楽シーズン、明日は鮎川便も運航されるようです。

     

     

     

     復旧復興の機運の霊島に、是非ご来山くださいませ。

     

     

     

     

     

     


    9月25日例大祭に向けて

    0

       天候不順が続いた8月を終えると、9月は10日にリボーン・アートフェスティバルも盛大裡に終え、今日の連休中日はもっと混み合うはずが、残念ながら台風の影響で鮎川便は欠航となり、女川便だけがかろうじて運航される状況でした。

       

       

       土日の雨は往々にして何故かパターン化することがあり、この辺りで食い止めて来週月曜日の9月25日例大祭を迎えたいものと切に思います。

       

       

       9月9日には一泊で石巻市・北野神社様御一行様がご参籠され、恒例の石鳥居の注連縄奉納を行って下さいました。

       

       

       これで例大祭の準備は大きく一つ出来た格好です。

       

       

       甚大な被害を受けている長面地区の皆様には、震災後も変わらず熱意をもってご参拝頂いております。

       

       

       立派な注連縄が飾られました。

       

       

       

       

       

       そして9月16日には、東京都よりthis is a penのボランティアの方々21名様が日帰りで支援活動に訪れられ、頂上大海祇神社の修復のための資材上げ作業・拝殿前に海砂を入れる作業・また神楽殿修復・売店リニューアル仕上げの作業に訪れられ、加えて表参道にも修復の手を伸ばすことが出来ました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       筋肉隆々の方はムエタイの現役世界チャンピオン・梅野さんです。

       

       そのパワーは普段相当に鍛えられているだけあって、驚くべきものがありました。

       

       

       

       

       

       表参道は清掃も兼ねて、ずっと埋めたい場所を形に何とか埋めることが出来、これからの進展に期待です。

       

       

       

       

       

       

       

       本業はファッションモデルの、this is a pen リーダーのSHOGOさんです。

       

       最近ではユニクロの店頭写真の仕事などもされ、お忙しい中、毎月プログラムを組んでお友達を多く連れられ、作業に臨んでいらっしゃいます。

       

       

       未だ継続されているボランティア作業には、いつも大変に助かっておりまして、感謝の仕様がないほどです。

       

       

       メンバーの方々にも、作業従事頂きまして、いつも喜んでおられ、楽しんで作業頂いておりますこと、幸甚に思います。

       

       

       

       

       

       

       10月9日、恵比須祭で使用する神楽殿(舞殿)は前回ここまで来ておりました。

       

       

       

       

       

       それが木目を生かす塗装をすることで、さらに綺麗になりました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       年に一度しか使われない舞殿ですが、道路が舗装されて綺麗になったため、周辺の設備もどんどん綺麗にして行きたいところでした。

       

       

       頂上資材上げ作業では小型の発電機も上げて頂いており、表参道ではダンプ4台分の土砂を入れてならしてこのようになりました。

       

       

       隔世の感があるほどずいぶん良くなっておりますが、まだまだ手を入れる必要がある場所です。

       

       

       

       

       

       

       

       拝殿前、特に祓所の辺りが海砂を入れることによってとても綺麗になったこともありますが、大広間・四つの間間の売店もレジ台やレジ入り口が作られて、機能的になりスタイリッシュになりました。

       

       

       

       

       

       

       

       すべては黄金山神社のため、金華山のため、とおっしゃって頂いておりますSHOGOさんの言葉が有難いです。

       

       

       後方支援でご参加頂いておりますクラフトマン世田谷の白井さんもその熱い気持ちに動かされて、ご支援頂いております。

       

       

       

       今回は皆さま日帰りの日程で少しくも残念ではありましたが、例大祭の準備は着々と整っている状況です。

       

       

       

       様々な方々の熱心な信仰の真心で、金華山は成り立っており、その篤いお気持ちに応えるべく、日々境内整備して行かねばなりません。

       

       

       

       9月25日、例大祭の日は月曜日に当たりますが、女川・鮎川両港ともに臨時便が運航されます。

       

       

       

       皆さま近隣お誘い合わせの上、奮ってご参拝下され、是非この機会に格別のご利益がもたれされますよう、ご祈念申し上げます。

       

       

       

       

       

       

       


      風の旅行社、VCを支援する会お盆支援

      0

         8月11日(金)から13日(日)まで、総勢22名の風の旅行社・VCを支援する会様のお盆支援がありました。

         

         

         あいにくの雨天候でしたが、金華山の歴代の住職などのお墓がある、鮎川浜山鳥に供えるお花などの採取作業もありました。

         

         

         鹿が食べない花なので、お盆のお供えに必ず用いられる金華山に自生した花となっています。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         他、各授与所配置をいたし、外の復旧作業は雨天のため出来ませんでしたが、封入等の内職作業に奮闘頂きまして、これはこのツアーが始まったときの巳歳前の汲々としていた頃の作業に戻ったかのような場面でした。

         

         

         

         このツアーの方々には、実に震災後の平成24年8月から継続頂きまして、ずっと復旧作業や、祭典時の神社内スタッフとして活躍頂いておりました。

         

         

         

         震災直後の不便な状況下でも来て頂いた方々も懐かしいです。

         

         

         桟橋がまだ仮の桟橋であるなど、様々な過程がありました。・・・

         

         

         

         

         しかし、こうして復旧が進んでいる限りは、前を向いてまた進んで行かなければなりません。

         

         

         

         ともあれ、今回の参加者の方々もお疲れ様でございました。!

         

         

         金華山の魅力を存分に味わうことが出来ましたら幸いです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         金華山にボランティアで来られる方々は、特に何かしらのご縁で、結ばれて、ここに連れて来られておられるような気がいたします。

         

         

         

         辺鄙な場所ですが、それだけにパワースポットとしては比類ないものがあるのではないでしょうか。

         

         

         

         これまで復旧作業に携わって来て頂いた方々にも是非またご来山頂き、復興の様子を(まだ道半ばではありますが)ご覧頂けましたら幸いに存じます。

         

         

         

         今回復旧復興作業に従事されました方々に、まずは感謝申し上げ、今後ともこうしたツアーの企画が継続されることを願う次第です。

         

         

         

         職員の数のわりに、神社境内地は広く、それを隅々まで手入れして行くには、ボランティアさん方々のお手をお借りするしかありません。

         

         

         

         そうしてこれまでも、金華山は成り立っており、有史以来ここまで来れているものと思います。

         

         

         

         お疲れ様でございました。また有難うございました。!

         

         

         

         

         今後とも機会ございましたらまた何卒宜しくお願い申し上げます。・・・

         

         

         

         

         


        新生して行く金華山

        0

           8月、この長雨で金華山のあちこちにもその影響が出ておりますが、プラス面として新生して行く金華山をお伝えいたしたいと思います。

           

           

           まずは参道が舗装工事完了し、車の往来はしごく便利になりましたこと、この参道は市道認定されているため、今後被害があっても必ず直す保証がついていることは大変な強みです。

           

           

           この長雨で、法面からの雨が出来立ての側溝付近をえぐりましたが、道路に問題はありません。

           

           

           徒歩でも十分に登れる参道となっております。

           

           

           

           牡鹿半島山鳥の一の鳥居を踏まえると、金華山桟橋の鳥居は二の鳥居です。

           

           

           

           

           

           

           

           すでに新道路脇のガードレール設置は完了しており、道路は震災後最も、極めて安全な形で往来可能となっております。

           

           

           ここまで来るにも、様々な過程がありました。・・

           

           

           

           

           

           

           

           リボーン・アート・フェスティバルが牡鹿半島で盛り上げっているお盆の頃も、風カルチャークラブ・VCを支援する会総勢22名の神社スタッフ支援もありました。

           

           

           

           長雨の中、例年になく涼しいお盆となりましたが、こちらはまた追ってご報告申し上げます。

           

           

           長い雨天のため主に内職作業に奮闘頂きました。

           

           

           

           

           8月17日、BS日テレの取材があり、タレントの遼河はるひさんと、金子貴俊さんも来山されておられました。

           

           

           9月28日、午後7時からの放映だそうです。お楽しみにお持ちください。

           

           

           

           

           

           

           

           8月19日、20日とまたしても東京都よりボランティアでthis is a pen様総勢28名のご支援がありました。

           

           

           今回のご支援は多岐にわたり、売店のリニューアルと神楽殿補修、拝殿周辺側溝整備、祓所・神池の剪定、角切場ベニヤ板張り、長雨でのカビ着いた拝殿〜祈祷殿までの拭き掃除、などなどです。

           

           

           

           小雨・霧雨の絶えない中、皆さま奮って御健闘頂きました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           そして出来上がった新しい売店がこちらです。

           

           

           商品は明るく照らされ、通行の往来も妨げず、震災後、外の売店が休止して以来、ずっと四つの間・大広間間の仮設売店で凌いでまいりましたが、震災6年を経て、そろそろリニューアルを、という声で出来上がった売店です。常設のものとしてさらに手を加えて行き、ご参拝者の利便をはかって行きたいものと思います。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           長雨でカビついた拝殿の障子は9月例大祭までにすべて張り直すこととし、その段取りが整いました。

           

           

           

           

           

           

           

           こちらも9月例大祭に必須となる祓所のシキミ・モミの木がさっぱりと剪定され、(庭師の方が来られていました。)早くも準備は整ってきている状況です。

           

           

           

           

           

           

           

           庭師の方には、本殿脇「神池」の樹木も剪定して頂きました。

           

           

           松の手入れなどは見事なものです。・・

           

           

           

           

           

           

           

           

           作業二日目の日曜日は、あいにくの雨天候であったため、拝殿回廊・欄干・床の清掃に力を注ぎました。

           

           

           長雨も、今日21日はようやく上がりましたが、「止まない雨はない」としてもそうとう長く続きました。・・・

           

           

           

           

           

           

           

           修復途中の神楽殿です。

           

           

           こちらは10月9日、恵比須祭の日に使用されます。

           

           

           アスファルト地面が綺麗になったため、建物や周辺のものも綺麗にして行きたいところです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           問題としては、この神楽殿の屋根裏にスズメバチの巣が作られて始めていること、また参集殿が5階・4階と雨漏りがひどくなっていること、送迎用のハイエースのみならず軽トラックも故障ぎみで調子が悪くなっていることなどがあります。

           

           

           

           

           天候が不順だと、様々な面で影響が出ることは必須なのかもしれません。

           

           

           

           それでもまだまだ、「異常」気象はもはや承知の上です。振り子が揺れて元に戻って行くかのように、これから天候が快復して、長雨の湿気を振り払う熱気が再来して、夏は夏らしくなることを願います。

           

           

           

           

           新生して行く金華山、色々な諸問題はありますが、願わくばすべて乗り越えて、秋の行楽シーズンを迎えて行きたいものです。・・・

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          復旧・復興のこと・・

          0

             風薫る季節、まさに新緑の候、5月27日(土)、28日(日)にはまたしてもボランティアのthis is a pen様20名が東京都より復旧復興支援活動に訪れて頂きました。

             

             

             両日ともに女川便・鮎川便両港より多数のご参拝の方々が訪れ、土曜日のご参籠は40名近くでボランティアさんも入れると参集殿は満館状態でした。

             

             (参集殿屋上の雨漏りから使えない部屋が五階に多くあり、そちらの復旧も急がれるところです。・・)

             

             

             

             作業の第一は4月19日の突風で剥がされた頂上奥の院大海祇神社の銅板屋根修復のための足場組みのための資材運搬作業で、これには中でも特に若い方々が従事され、二日間で二度三度と資材を担いで登拝頂きました。

             ただ登るだけでも大変なこと、頭が下がります。本当にお疲れ様でございました。

             

             

             

             

             同時並行してさらに一つの現場は、お正月・G.W.などに半分が休憩所として開放される旧売店作業スペースの棚づくりで、こちらにCRAFTMAN世田谷の白井さんが監督され、ご奉納頂きましたボッシュの電動工具を含め、作業道具類を分類して収納できる、素晴らしい棚が出来上がりました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             あたかもテレビ番組の「ビフォーアフター」の匠の技を再現されたかのようです。

             

             

             

             

             

             

             

             そして別の場面で匠の技が発揮されたのが祈祷殿から拝殿に至る中を通る階段の傾きの矯正作業で、地震で歪んでそれっきりでしたところをここに来てようやく手を入れることが出来ました。

             

             

             

             

             

             

             

             作業監督の若林さんです。せっかくだからと、階段下杉葉などの腐葉土と化した堆積物の掻き出しを行い、柱部分をワイヤーブラシで苔を落とし、そこに防腐剤を塗って行く作業までご指導頂きました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             金華山にとって何といっても欠かせないのが福井県・上川さんと石巻市・三上さんのまさしくゴールデン・コンビです。

             (黄金山だけに・・)

             

             

             お二人とも頂上も登られており作業の段取りをして頂き、様々な場面でも重要なポジションは変わりなく、たとえば上川さん発案で階段の横のズレを矯正するため、近くの杉の木の大木から同じく杉の木の丸太を水平にジャッキを当てて、外側から階段を押すことで中から見ても殆ど真っすぐになっております。

             

             

             その後反対側から引っ張る段取りです。

             

              

             

             

             

             

             

             

             ここも地震以来手付かずな場所、なかなか手を入れることが出来ない部分に整備を行うことが出来ましたので、神さまもずっと痒いところが掻かれたかのような気持ち良さを味わったのではないでしょうか。

             

             

             

             二日目の船便帰りの便間近まで、マンパワーで粘り強く出来るところまで完全に綺麗に出来ました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             さらにもう一つの作業現場が拝殿周辺の側溝整備です。

             

             

             これの長年の放置が遠因となって、地震で拝殿石垣の角の部分が少しく不安定な形となってしまったものと理解しております。

             

             

             排水をとることは建物のみならずあらゆる場面で大事なことです。

             

             

             雨は必ず降りますので。・・

             

             

             セメント等に詳しい宮本さんに監督頂き、ご指導頂きました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             this is a pen 代表SHOGOさんのご子息も来られておりました。

             

             

             大人数をまとめ人員の配置などの苦慮もされつつも、さながらCMの撮影現場のような、和気藹々とした中でご活躍を頂きました。

             

             

             神社にとって、子どもが天真爛漫に活動されることは、和気相満ちたとても微笑ましい風景となります。

             

             

             

             

             

             

             

             

             そして拝殿周辺側溝は埋もれていた土管を通し、無事応急処置的にでもこれから梅雨時にでも、十分な排水がとれる状態となりました。

             

             

             

             

             

             

             

             当日は河北新報の方も取材に訪れ、震災後6年経ってもいまだ復旧作業を必要としている金華山の現場と、それを根気強く継続されておりますボランティアさんの活動を記録されて行かれました。

             

             

             

             

             今年は本当に復興が如実に兆しとなってようやく現れてきている年と認識しておりますが、ここまで来れておりますのも、ひとえにこれまで震災復旧復興に従事頂きましたボランティアさん皆さま方、そちらを後方支援で資金援助して頂いております崇敬信者様皆さま方、さらには変わらずご参拝頂いております参詣参籠者皆さま方の賜物と、関わるすべての方々に、あらためまして言葉に表せないほど深謝申し上げたいところでございます。

             

             

             

             復旧・復興とは、決して一筋縄では行かないものと思い、稲で縄をよるかのように、それが不思議とひとりでに折り重なって次第に太くなって行くかのように、多数のご縁が集まって初めて成し遂げられるものと考えます。

             

             

             

             

             関係者、諸々の無数のご縁が集まって、ここに結集して成り立っている金華山、こうした縒りを絶えることなく未来まで、後世につないでいくことが私たちに課せられた使命であります。・・・

             

             

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << November 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 新嘗祭に向けて
              蒼玉
            • 風の旅行社、VCを支援する会お盆支援
              緑園
            • 風の旅行社、VCを支援する会お盆支援
            • 平成29年龍神まつり第二日目
              緑園
            • 平成29年龍神まつり第二日目
              かよこ
            • 参道舗装工事 続!
              緑園
            • 参道舗装工事 続!
              蒼玉
            • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
              蒼玉
            • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト
              緑園
            • 金華山 鹿角(ロッカク)プロジェクト

            links

            profile

            書いた記事数:420 最後に更新した日:2017/11/20

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM