震災の復興と風化について

0

     5月19日、20日、ボランティアで東京都よりthis is a pen 様34名、埼玉県東松山市を中心として東松山チーム様18名、総勢52名による復旧復興支援活動がありました。

     

     

     それぞれ、震災後からずーっと継続されております団体様で、震災後7年を経ても未だ復旧もままならない金華山において、公的な支援が得られにくい宗教法人であるため、ボランティア様の活動は本当に有難く、継続されておられますことに、敬神の念に近い、感謝と感激、感動と尊敬の念があります。

     

     

     忘れてはならない、福井県から単独でボランティア作業に従事されております上川さんの存在もあり、この日も滞在しておられましたため、上川さん主導の祈祷殿脇石灯籠の組み直し作業、金ぐい神社近くの石垣修復作業に、主に東松山チームが就かれ、this is a penチームと合同で、メインとなる表参道修復作業もかなりのところまで進めることが出来ました。!

     

     

     

     

     

     

     

    表参道は降り口、登り切ったところに平成25年の巳歳御縁年大祭で奉納された狛犬が鎮座しております。

     

     

     

    かつて(震災前)大祭の祭典では、ここに大幟を上げ、参道には小幟を飾り、初巳の御神輿もこちらを通ったものでした。

     

     

     

     

     

     

     

    表参道修復にあたっては、何度も試行錯誤を重ねた上で、芝生を植えて行く試みに挑戦しており、ボーダーライン状に芝生を敷いて行くことで、雨の排水もとれ、根付けばやがて一面が芝生に覆われることとなります。

     

     

    金華山の芝は、島の固有種で、ノシバとも言われ、いわば「金華芝」、塩害に強いということで京都の桂高校様も研究に訪れ、津波被災地の沿岸部各地にも植樹されている特別ものです。

     

     

    その強さは、海であり山である金華山と、神話かのように神鹿が棲む鹿の食性との環境の中で培われてきたものに違いありません。

     

     

    その強さが、ここでも試されることとなりました。

     

     

    秋の台風、大雨にも何とか持ってほしいものです。

     

     

     

     

     

     

     

    作業は、まず側溝を整備し、足りない土を入れて道路の勾配をとり、固めた上で芝生を並べ、さらに割り箸で芝生が動かないように固定する手順で、手際よく進められて行きました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     確か、2年前位のクラウドファンディング企画で、ここが最終目標とされていました。

     

     

     それが念願叶って、ここまで来れています。

     

     

     芝生が次々と敷かれていく様は、まるで夢を見ているかのようでした。

     

     

     

     復旧復興の、遠かった夢も、いつか実現する時が来るのだ、と実感できた時でした。

     

     

     

     

     しかし、時間の制約もあり、表参道約250メートルの半分を越えても、完成まで至ることは出来ませんでした。

     

     

     

     それでもなお、この営みは今後とも続けられ、やがて完成の日の目を見る時が必ずやってくるものと、確信が持てます。

     

     

     

     

     

     

     

     当初はこの赤鳥居の傾きを直したり、色を塗り直したりで止まっていました。

     

     

     ここに至る開運橋という太鼓橋の、地震で崩れた石垣の補強が完了したからこそ、初めてこちらにようやく手を入れることが出来た経緯もありました。

     

     

     

     復旧復興は、一日にしては成らず、いつでも、常に一歩一歩です。

     

     

     

     でも今回は、極めて大きな一歩をまた進めることが出来ました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     いったいいつから、金華山は被害と復旧の歴史を繰り返してきたことでしょうか。

     

     

     

     海に囲まれ、山の秀麗な形からそれはまさしくご神体山として崇められ、そしてそこに社殿が建てられ、厳しい自然環境の中でそれを桃源郷のように維持していくことは並たいていのことではなく、これまでの歴史の中でも、幾度もの困難は必ずあったはずです。

     

     

     

     

     あの震災は、自然の厳しさを、凄まじい強さを、見せつけられたとともに、その物凄い強大な力の中でしか、私たちは生きられないことを否が応にも実感させられたことが、ほとんど唯一無二の教訓と考えます。

     

     

     

     人間は学習します。辛い、痛い目に遭ってこそ、それを乗り越える術を身につけ、いつもの平和な日常を作り出します。

     

     

     

     豊かな未来というものは、時間を越えて想像することが出来、こうすればこうなる、と幾らかでも読む力が人間に備わっているので、それを発揮することで、初めて可能となることです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     金華山は、以前、「南三陸金華山国定公園」でした。

     

     

     それがいつの間にか、金華山の文字は消され、大きく「三陸復興国立公園」となりました。

     

     

     

     この、「復興」の文字を冠された限りは、いち早く復興を成し遂げなければならないところですが、未だ多くの障害(ハードル)もあります。

     

     

     

     後世に、この素晴らしい自然と信仰を、いかにして残せるか、ご来山頂きました方々がその良さを感じて頂き、神社職員のみならず多くの支援の輪が広がって行くことを、他力本願ではありますが、期待いたします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     そして復興と風化について、いわゆる震災の風化は、しかるべきして起きざるを得ないことと思います。

     

     

     

     雨で道路の汚れが流されるように、自然の時間の流れの中で、自然のままに、きれいになったり、朽ち落ちたり、年季が入ったり、人体の傷が癒えて行くように、それはむしろ必要なこととも思えます。

     

     

     

     傷は傷として残っても、そのときの記憶は残り、どうすればそうした傷を負わないで済むか、と考えるのが人間の営みです。

     

     

     

     

     でも、往々にして人は忘れてしまいます。

     

     

     

     それはでも日常を平和に過ごすためには、むしろ必要なことでもあるのです。

     

     

     

     それでも、記録は、残さなくてはなりません。そうした記録を読み解くことで、人類はいくらか進歩してきたことでしょう。

     

     

     

     

     かつて、伊勢湾台風の被害があった時に、東北人が助けたという記憶が口伝で伝承されて、東北の災害時に恩返しで助けて頂いた話もありました。

     

     

     日本人は、そうした、同朋をいたわる、世界に誇れる民族です。

     

     

     

     

     ボランティアさんたちの行動に、震災後、多くのことを学ばさせていただきました。

     

     

     

     

     風化は必然、やむを得ないものですが、たとえば道路が、作られる過程に様々な工事の現場があったように、様々な現場の苦労があったはずです。

     

     

     

     当たり前のものとして私たちは道路を通りますが、それはあくまでも人工物であり、利便をはかろうとして計画され、出来上がったものです。

     

     

     

     

     そのまた昔、道路もままならない時代のことを思うと、先人たちの営みに感謝せざるをえず、あらためてそこでも自然との闘い、もしくは共生の考えが染みわたっていることを感じさせられます。

     

     

     

     

     

     とにかくも、金華山の復旧復興は順調に未だ進められております。

     

     

     

     

     震災7年、10年目で国の復興予算は終わり、後は自治体に委ねられ、めいめいで何とかして行くしかない状況です。

     

     

     

     平成も31年で終わり、新しい元号がやがてやってまいります。

     

     

     

     

     

     そのときこそ、本当の復興の姿を、お見せできましたら幸いこの上ないことです。

     

     

     

     

      ちなみに、 鮎川港の港湾整備、ホエールランド等、船待合所お土産スペース一体型の建物が完了するのは、来年度の予定です。・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    表参道修復へ

    0

       先日お伝え致しましたthis is a pen 様19名と東松山チーム2名の合同作業により、計21名、また復旧復興へ前進することが出来ました。

       

       

       表参道修復が今回のメインでしたが、他に絵馬殿修復の仕上げ、頂上大海祇神社修復のための段取り、金光水参道の整備なども行うことが出来ました。

       

       

       

       表参道は、震災の年の9月21日の山津波被害によりアスファルトが完全に流されてより、幾度かの整備はしておりますが、昨年10月23日の台風被害によりまた修復した個所が流されたりして、困難を極めております。そのため、この度は完全に修復する意気込みで土を固めた上に芝生を植樹しようという計画で行きました。

       

       

       

       下の写真は修復前、ビフォーの状態です。

       

       

       

       未だ悲壮感がどうしても漂ってしまいます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       そこへ参道修復工事で出た黄土色の土を敷き、山神組様にお借りしましたランマーで地面をならし、側溝も開通させて道路中央が勾配がとれて仮に水がながれても側溝に落ちるように設計し、その上に土が流れないように芝生を植えて行く段取りの行程です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       芝生は近くのかつて鶴が丘公園と呼ばれた場所からふんだんに植樹させて頂きました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       大きめの重機が未だ修理途中であるため、ミニユンボと軽トラックで土をピストンで運びました。

       

       

       

       (ダンプ・重機が使えれば、もっと速く進んだことが悔やまれます)

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       それでも、作業は順調に進み、一日目で土の埋め立ては終わり、芝生の植樹を残すばかりとなりました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       芝生を植えなくても綺麗な道となりましたが、大雨などの水でまた流されてしまうことを危惧して、その上にやはり雨に強い(実は塩害にも強い固有種の)芝生(ノシバ、「金華芝」)を根付かせて参道を整備して行こうという計画です。

       

       

       

       

       

       

       

       しかしこの芝生の植樹はその面積をそのまま移動する訳で、これは想像以上に大変な作業となりました。

       

       

       

       鶴が丘公園は上空から見るとナスカの地上絵のような状態となりました。

       

       

       

       

       それでも皆さま奮闘頂いて下さいました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       そして二日目、日曜日のお昼頃までには、目標の赤鳥居までの芝生の道が完成の日の目を見せ、後はコツコツト仕上げをして行くばかりとまでなります。

       

       

       

       参拝者の方々は遠慮されて芝生の道を歩きたがらなかったご様子でしたが、これがこれからの道として、どんどん広げて、伸ばして行く道です。

       

       

       

       果てしない作業ですが、工夫を重ねて、何とか完了させます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       今はまだ2月ですので、芝生も芽生える時期はまだあと一カ月はあります。

       

       

       

       植物の生育も考えると、埋め立てを重ねて行き、4月、5月にはまたあらたな展開が待っているのではないでしょうか。

       

       

       

       

       

       とにかくも、ここまで苦労されて見事埋め立てを完了されたボランティアの皆さまに感謝感激します。

       

       

       

       

       復旧復興はいつでも一歩一歩、進むしかありませんが、この一歩はまた大きな一歩でありまして、灯された熱い情熱を、絶やすことなく進めさせて頂きます。

       

       

       

       

       

       有難うございました。!    またお疲れ様でございました。!

       

       

       

       

       

       ご参拝者の皆さま方は、是非この出来立ての参道を不自由なく歩いてご参拝下さいませ。

       

       

       

       

       

       参道アスファルト工事も期せずして完成まであと一息まで来ており、4月、5月のシーズンを迎える準備が、急ピッチで進まれています。・・・・・

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      被害傷跡の修復

      0

        11月25日(土)、26日(日)、東京都よりthis is a pen13名様が復興支援活動に訪れて頂きました。

         

         

        両日鮎川便は強い南風のため欠航し、女川便だけが運航され、参拝者の方々も多く渡航されました。

         

         

        これから冬場になると海上の時化も多くなりがちです。

         

         

        今回の作業現場は、桟橋鳥居付近の玉垣の残骸を撤去する作業がまず一つありました。

         

         

        津波被害以来実に6年半以上そのままの個所でした。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        近くに震災後あらためて建立された社号標の墨入れの作業も、お正月に向けて玄関口を整えるために行いました。

         

         

         

         

         

         

         

        発電機を二台用意し、グラインダーで柱の根元を削り、大ハンマーでひたすら叩いて行くことで大きい玉垣の石もうまく倒れました。

         

         

        ハンマードリルやツルハシ、石頭ハンマーやタガネも駆使して残された石の部分を削り取って行きます。

         

         

         

         

         

         

        ローテーションで大ハンマーを振り回し、最後の倒れるところで皆さま優しく筆者に任せて頂きました。

         

         

         

         

         

         

        こうした石を砕いていく作業に防塵マスクとヘルメットは必須でした。

         

         

         

         

         

         

         

        そして跡形もなく消えて行き、後世これは何の跡だったのだろうと思われることでしょう。

         

         

         

         

         

         

         

         

        社号標墨入れも、立派に、綺麗に仕上がりました。

         

         

        (翌日は裏面の細かい文字も綺麗に仕上げられております。)

         

         

        社号標は、津波で流されていたのをまたあらためて場所を変えて建て直したものです。平成25年の2月の頃上川さん主導で行われたものでした。

         

         

         

         

         

         

        図南書道会の方が書かれた文字と聞いておりますが、神さまの「神」の字など立派なものです。

         

         

        ここの前で鳥居も含めて記念写真をまず撮られる方もいらっしゃいます。

         

         

         

         

         

         

         

        塗装が専門の若林さんの手水舎各所ペンキ塗り作業も継続されて行われておりました。

         

         

        (後日紹介いたしますが、木材と混じり合う見事な塗装となりました。)

         

         

         

        また日曜日は頂上大海祇神社修復のための資材上げ作業も行われました。

         

         

         

         

        次の主な現場は大黒様後ろ、福神橋付近の台風で土砂が流された部分の再度の埋め立てです。

         

         

        三上さんがコツコツと大きい石を下に敷き、小さめの石を上に敷いて工夫されて埋め立てておられました。

         

         

         

         

         

         

        およそダンプ二台分の土砂が入りました。

         

         

         

         

         

        近くまでクローラー(運搬機)で運びます。

         

         

        土砂は、芝などが生えやすいものを上に敷いて、再生を願いました。

         

         

         

         

         

         

        さらに埋め立て部分に刈り取ってきた芝を市松模様に並べて完成です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        時間も目一杯、ちょうどに完成し、今後残されたダムまでの道の補修や、表参道の修復の仕方など話し合いました。

         

         

         

        継続されるボランティアの方々がおられるからこそ、修復に向けてのビジョンを持つことが出来、少しずつ、一箇所ずつでも境内地は整備されて行きます。

         

         

        それはやはり大変に有難く、助かっており、とても感謝しております。

         

         

         

        そうして一箇所ずつ、傷跡が修復され、来る新年・お正月へ向けて、準備は各所着々と整って行きます。・・・

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        東松山チーム来山!

        0

          11月11日、震災からちょうど6年と8カ月の日、低気圧が爆弾低気圧に発達しながら昨晩の暴風警報が今朝は強風注意報に変わっているなか、埼玉県から早朝東松山チーム7名様が先日の台風21号被害復旧作業のために一泊二日で訪れて頂きました。

           

           

          先ずはお詣りをしてから被害箇所を下見してまわります。

           

           

           

           

           

           

           

           

           表参道は重機にて埋め立てはたいがいは出来ておりましたが、まだまだ本来ではありません。

           

           

           来年は神輿を通すつもりで復旧していたところでした。・・

           

           

           

           

           

           

           

           神池には大量の土砂と泥が堆積しており、来る11月23日の新嘗祭前に修復しておきたい個所でした。

           

           

           

           

           

           

           

           ダムに至る道、登拝口の付近は平成23年の台風被害からダムの土砂上げをして、2年はかかったでしょうか、その出てきた土砂で道が埋め立てられたものでしたが、この度の台風一発でそれがほとんどすべて流されてしまいました。

           

           

           苦労して埋め立てを行っても、この惨状はあんまりです。

           

           

           自然の力のすさまじさですが、何か沢の流れが根本的に変わっているのかもしれません。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           とりあえず出来るところから、優先順位の高いところからと、表参道の埋め立てにダンプ土砂二台分を流し込み、地ならししてひとまず完成です。

           

           

           人足がおられると作業はとても速く、完全に出来るのがいつも感動させられます。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           表参道階段下の側溝ですが、こうしたところを常に機能できるように整備しておかないと、非常時には大きな被害が出てしまうものと痛感しております。

           

           

           昔の方は、様々な自然現象を想定しており、そのために仕掛けられた防御策を、機能出来るように整備することが大切と認識を新たにしております。

           

           

           

           

           

           

           綺麗に埋め立てられましたが、またこれを守るための方策、土砂を圧縮して固めたり、排水を十分に考えたりしないとまた二の舞になってしまいかねません。

           

           

           

           とりあえず形を整えることは出来ました。!

           

           

           

           

           

           

           そして次の問題、神池の土砂・泥上げですが、あまり深く掘りすぎると、池の水がすき間から抜けてしまう経験がかつてありましたので、慎重に、底を出して取り除いて行きます。

           

           

           出た土砂はダムに至る道の埋め立てに使われました。

           

           

           運搬機・クローラーも大活躍でした。

           

           

           

           

           

           

           

           閑話休題、弁天堂付近の紅葉は赤めいて、今はもう散り際ですが、美しいものです。

           

           

           銭洗い場も、復旧したてですので、今なら益々のご利益が高まっているかもしれません。

           

           

           (かつて復旧したての子安地蔵がそうでした。・・)

           

           

           

           

           

           

           

           神池の真ん中に位置する鶴の下には亀が鎮座しておりまして、網地浜の方の奉納と刻まれておりました。

           

           

           なかなかこうした機会でもないと下までは見えないものです。

           

           

           こちらの池の水は、御本殿に何かあったときのための防火用水ともなっております。

           

           

           上から見ると勾玉の形をした、随一のパワースポットとも言われます。

           

           

           

           

           

           

           

           土砂上げ・泥上げの入念に仕上げをして、後は水を貯めるばかりとなりました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           最後の方では、各所埋め立てのための土のう袋づくりの作業に専念されておられました。

           

           

           神池から出た土のうも相当のもので、登拝口参道の埋め立ても下の方から徐々に進んでおります。

           

           

           

           そして明日も作業は繰り返されます。

           

           

           

           はるばる遠くから来られて、作業に従事頂くことに旧知の方々の面々も加わって感謝でいっぱいです。

           

           

           

           このような災害の状況が、少しでもなくなるよう、減災の措置を考える必要もあるかと思います。

           

           

           

           入念な境内整備が、それを可能にするでしょう。

           

           

           

           各所の被害と、その措置が出来ることで、初めて復旧復興と言えるのかもしれません。

           

           

           

           秋の行楽シーズン、明日は鮎川便も運航されるようです。

           

           

           

           復旧復興の機運の霊島に、是非ご来山くださいませ。

           

           

           

           

           

           


          9月25日例大祭に向けて

          0

             天候不順が続いた8月を終えると、9月は10日にリボーン・アートフェスティバルも盛大裡に終え、今日の連休中日はもっと混み合うはずが、残念ながら台風の影響で鮎川便は欠航となり、女川便だけがかろうじて運航される状況でした。

             

             

             土日の雨は往々にして何故かパターン化することがあり、この辺りで食い止めて来週月曜日の9月25日例大祭を迎えたいものと切に思います。

             

             

             9月9日には一泊で石巻市・北野神社様御一行様がご参籠され、恒例の石鳥居の注連縄奉納を行って下さいました。

             

             

             これで例大祭の準備は大きく一つ出来た格好です。

             

             

             甚大な被害を受けている長面地区の皆様には、震災後も変わらず熱意をもってご参拝頂いております。

             

             

             立派な注連縄が飾られました。

             

             

             

             

             

             そして9月16日には、東京都よりthis is a penのボランティアの方々21名様が日帰りで支援活動に訪れられ、頂上大海祇神社の修復のための資材上げ作業・拝殿前に海砂を入れる作業・また神楽殿修復・売店リニューアル仕上げの作業に訪れられ、加えて表参道にも修復の手を伸ばすことが出来ました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             筋肉隆々の方はムエタイの現役世界チャンピオン・梅野さんです。

             

             そのパワーは普段相当に鍛えられているだけあって、驚くべきものがありました。

             

             

             

             

             

             表参道は清掃も兼ねて、ずっと埋めたい場所を形に何とか埋めることが出来、これからの進展に期待です。

             

             

             

             

             

             

             

             本業はファッションモデルの、this is a pen リーダーのSHOGOさんです。

             

             最近ではユニクロの店頭写真の仕事などもされ、お忙しい中、毎月プログラムを組んでお友達を多く連れられ、作業に臨んでいらっしゃいます。

             

             

             未だ継続されているボランティア作業には、いつも大変に助かっておりまして、感謝の仕様がないほどです。

             

             

             メンバーの方々にも、作業従事頂きまして、いつも喜んでおられ、楽しんで作業頂いておりますこと、幸甚に思います。

             

             

             

             

             

             

             10月9日、恵比須祭で使用する神楽殿(舞殿)は前回ここまで来ておりました。

             

             

             

             

             

             それが木目を生かす塗装をすることで、さらに綺麗になりました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             年に一度しか使われない舞殿ですが、道路が舗装されて綺麗になったため、周辺の設備もどんどん綺麗にして行きたいところでした。

             

             

             頂上資材上げ作業では小型の発電機も上げて頂いており、表参道ではダンプ4台分の土砂を入れてならしてこのようになりました。

             

             

             隔世の感があるほどずいぶん良くなっておりますが、まだまだ手を入れる必要がある場所です。

             

             

             

             

             

             

             

             拝殿前、特に祓所の辺りが海砂を入れることによってとても綺麗になったこともありますが、大広間・四つの間間の売店もレジ台やレジ入り口が作られて、機能的になりスタイリッシュになりました。

             

             

             

             

             

             

             

             すべては黄金山神社のため、金華山のため、とおっしゃって頂いておりますSHOGOさんの言葉が有難いです。

             

             

             後方支援でご参加頂いておりますクラフトマン世田谷の白井さんもその熱い気持ちに動かされて、ご支援頂いております。

             

             

             

             今回は皆さま日帰りの日程で少しくも残念ではありましたが、例大祭の準備は着々と整っている状況です。

             

             

             

             様々な方々の熱心な信仰の真心で、金華山は成り立っており、その篤いお気持ちに応えるべく、日々境内整備して行かねばなりません。

             

             

             

             9月25日、例大祭の日は月曜日に当たりますが、女川・鮎川両港ともに臨時便が運航されます。

             

             

             

             皆さま近隣お誘い合わせの上、奮ってご参拝下され、是非この機会に格別のご利益がもたれされますよう、ご祈念申し上げます。

             

             

             

             

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/05/20

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM