G.W. /初巳大祭間近かに

0

     G.W./初巳大祭を間近に控え、先ずは船便のご案内を申し上げます。

     

     女川発4月29日から5月2日までは

     

       毎便 女川発11:00  金華山発13:30 が運航され、

     

        5月3日から7日までは

     

       毎日 女川発   9:00 、 11:00 、 13:00

          金華山発 10:00 、 12:00 、 14:00 、 15:30 が運航されます。

     

     

     鮎川発4月29日から4月30日までは  鮎川発  10:00と12:30

                         金華山発 11:50と14:00 の二便が運航され、

     

        5月1日から2日までは   鮎川発 10:30  金華山発12:30  の一便です。

     

        5月3日から5日までは

        鮎川発 9:00、9:40、10:20、11:00、11:40、12:20、13:00、13:40

        金華山発 9:40、10:20、11:00、11:40、12:20、13:00、13:40、14:20

          の計8便が運航されます。

     

        5月6日初巳大祭本祭の日は 鮎川発 9:00と10:30 、金華山発12:30と13:30〜14:00

          の二便、

     

        5月7日初巳大祭神輿渡御の日は 

           鮎川発  9:00、9:30、10:30、13:00

           金華山発 12:30、13:30、14:00〜15:00

          の4便となっております。

     

     

      詳しくは船会社 鮎川港:金華山航路事業協同組合(0225−44−1850)     

              女川港:潮プランニング(090−4639−9038)

          までお問い合わせ願います。

     

     

     

     さて、金華山灯台へ向かう海沿いの道は相変わらず津波被災そのままの有り様ですので、ご注意ください。

       

     

     

     

     

     

     

     

     以前はこちらに二軒の民宿もありました。

     

     

     今は見渡す限り白玉の浜になっております。

     

     

     

     

     

     

     

     その桟橋付近にあるのが、この度オープンしました、休憩所です。

     

     

     トイレもあり、船待合に活用できますので、ご来山のおりには中をご覧ください。

     

     

     

     

     

     

     

     その休憩所から少し進んだところに、御神輿の日に神輿が休まる「御旅所(みたびしょ)」があります。

     

     

     

     芝生を植えて、昨年、おかげさまで整備も進みました。

     

     

     

     

     

     

     桟橋付近の鳥居も健在です。こちらは昭和52年の巳歳大祭記念で建てられたものです。

     

     

     (津波はこの鳥居の下の横棒まで来ました。)

     

     

     

     

     

     

     

     

     鳥居付近には、初巳大祭告知の看板が立てられております。

     

     

     5月6日初巳の日から5月12日まで一週間、毎朝の開扉祭とご祈祷の度ごとに御本殿御開帳の儀が執り行われるのが初巳大祭です。

     

     

     神輿渡御は期間中の日曜日であり、今年は5月7日に行われます。

     

     

     

     

     

     

     

     神社付近まで昇りますと、各所に桜が咲いているのが目に見えます。

     

     

     こちらの写真は枝垂れ桜で、これからは山桜と八重桜が咲こうと各所でつぼみを膨らませております。

     

     

     

     

     

     

     おまけの写真は、御神輿の日に行われる特殊神事で使われる特殊大麻の長い若布です。

     

     

     春潮の一番干潮で引いたときに採取してまいりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     これがお祓いのための材料にもなります。

     

     

     

     震災以前はもしお草という海藻を活用しておりましたが、地盤沈下のため取れなくなってしまいました。

     

     

     

     震災は海藻の繁殖も変えております。

     

     

     

     ともあれ、4月29日から始まるG.W.並びに5月5日前夜祭から始まる初巳大祭には、是非ご注目頂き、ご来山遊ばせ頂きますようご案内申し上げます。

     

     

     

     内陣の御簾が開かれる初巳大祭の御開帳の儀は、格別のご利益が授かるものと、言われております。

     

     

     

     準備を重ね、万端の状態で、金華山一同お待ち申し上げております。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    金華山灯台が国登録文化財に

    0

       金華山灯台は1876(明治9)年にスコットランド出身のリチャード・ヘンリー・ブラントンの主導で建設されました。

       

       

       高さ13メートル、白色の御影石製で、1945年太平洋戦争などで計四度にわたり被災したものの、明かりをともし続け、昨年点灯140周年を迎えてマスコミにも公開されました。

       

       

       この度、所有者の第二管区海上保安部が石巻市を通じて国に申請し、3月10日、文科省文化審議委員会が登録を答申しました。

       

       

       石造りの灯台としては東北最古で、以前は交代で職員が駐在していたものです。

       

       

       

       

       

       

       金華山は太平洋沖の要の位置にあるため、航海を臨む船のための灯台にしても重要な場所に変わりはありません。

       

       

       かつ、そのような場所でもあり、円錐形の秀麗な山でもあったため、金華山信仰はその地形の成り立ちの有史以前からつながっているものと思われます。

       

       

       かつては海側の道が整備されていたため、車で灯台までも行けたものでした。

       

       (現在は津波被災のためまだ道路整備はされておりません。)

       

       

       

       そして間もなく、金華山黄金山神社最重要儀の5月「初巳大祭」がやってまいります。

       

       

       

       

       

       

       

       

       期間中、おそらくソメイヨシノは散ってしまっていますが、八重桜が咲き誇る頃と思われます。

       

       

       下の写真は昨年のソメイヨシノ満開の頃の様子です。

       

       

       離島の神社にあって、境内は整備され、まるで桃源郷のようです。

       

       

       

       

       

       

       こちらの桜が咲くのは、今年は少し遅れているようでして、4月の第4週、23日以降になりそうな感じです。

       

       

       未だつぼみにしかなっておりません。

       

       

       

       一瞬の咲き誇る桜をこよなく愛でる日本の感性ですが、離島の自然に囲まれてその悠久の時間を体感されるのもまた「をかし」かもしれません。

       

       

       

       是非天気予報をチェックされて、気候の良いときを狙い、金華山参拝に訪れ頂きますよう、お願い申し上げます。

       

       

       

       


      石巻市金華山休憩所竣功祭

      0

        去る3月28日、金華山桟橋付近の「石巻市金華山休けい所」が竣功し、竣功奉告祭と落成式のセレモニーが執り行われました。

         

        4月1日からオープンしております。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        昭和50年代に建てられたこちらの建物は津波で全壊し、平成27年に着工してようやく日の目を見ることが出来ました。

         

         

        総工費およそ4億7000万円、石巻市の発注で、螢泪襯謄奪様が請け負い、震災特別交付税などが活用されております。

         

         

        これでようやく桟橋にトイレもあり、暑さ寒さもしのげ、雨風も防げる待合所がご参拝の皆様に提供されることとなりました。

         

         

         

        建物内は立派なもので、水の問題に苦労されたためか、トイレの手洗いは消毒のみとなっております。

         

         

        椅子も完備され、今後細かい備品などの補充は検討されますが、十分な待合所です。

         

         

        関係者、来賓約40名の出席のもと、竣功奉告祭が奉仕されました。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        参列には黄金山神社宮司を始め、石巻市長亀山紘様、女川町長須田善明様など各方面から訪れていらっしゃいまして、厚いご祝辞も頂戴いたしました。

         

         

         

         

         

         

         

         

        ハイライトは落成のテープカットですが、上記の方々に宮城県知事代理・宮城県東部地方振興事務所所長加藤慶太様、一般社団法人石巻市観光協会理事遠藤秀喜様、金華山航路事業協同組合代表理事成田壽広様を加えて、合計8名で式を行いました。

         

         

         

         

         

         

         

        厚いご祝辞の中にも、こうして金華山詣での利便性が高まり、くつろぎと憩いの場が設けられ、さらなる金華山観光の盛り上がりにつなげたいとのお話もありましたが、実にその通りでございました。

         

         

         

        願わくば、定期船が、震災後従来の土日祝日だけではなく、震災以前のように平日も運航されることを祈願いたします。

         

         

        (平日は現在、鮎川・女川両港ともに予約時のみのモーターボートが運航しております。)

         

         

         

        NHK、TBCのテレビニュースや河北新報・石巻かほく・石巻日々新聞などの報道にもこの件は取材され、各地でご覧になられた方々も多くおられました。

         

         

         

         

         

         

         

         

        来るゴールデンウィーク、初巳大祭にこちらの待合所が大いに活用され、船便も増便されることと予想されます。

         

         

        加えて今年は、悲願の参道崩落個所工事が夏を目安に完了する運びとなっておりまして、今後の工事の進捗に期待いたします。

         

         

         

        また福井県・上川さん主導により、地道に作業を重ねてまいりました絵馬殿の修復工事も、ようやくほとんどの完成となり、やはりGW・初巳大祭までには間に合った形です。

         

         

         

         

         

         

         

         

        作業頂いております工事関係者、またボランティアの皆さまには多大な尽力を頂き、厚く御礼申し上げます所存であります。

         

         

         

        今後とも、工事必要個所は未だ多くあり、復旧復興も険しい道のりですが、整備に努めてまいりたいと思います。

         

         

         

        春の行楽シーズンが到来いたしました。

         

         

         

        生まれ変わりつつある金華山に、皆さまどうぞ奮ってご参拝下さいませ。

         

         

         

        お待ち申し上げております。

         

         

         


        初巳大祭17日まで行われています

        0
          5月10日、初巳大祭前夜祭が斎行され、5月11日、初巳大祭本祭が無事滞りなく終えました。


          そして始まったのがこの「初巳大祭」です。


          5月11日から一週間、5月17日までは毎朝「開扉祭」が行われ、御本殿の御扉が開かれて献饌し、この期間中の御祈祷の方はすべて御本殿御開帳の儀にご案内いたします習わしとなっておりまして、さらにご参籠(お泊り)の方は必ずこの「開扉祭」にご参列いただく習わしともなっております。



          天候不順で船も危ういという予報だった5月10日、11日を関係者各位他あらゆる方々のおかげさまをもちまして無事乗り切りまして、今年も順調に初巳大祭が滑り出し、始まりました。



          期間中日曜日には「神輿渡御」も執り行われます。今年は5月15日(日)です。



          巳の御縁であられるこの祭典が行われている期間は、毎年のこととはいえ、やはり何か特別な感じがいたします。



          金華山の神様方の御神威がいや増々に高まっているかのような。





          下の写真は弁財天奉安殿を遠目に見たもので、幟で装飾され、賑々しくなっております。



          ここの場所も、ロケーションも美しく、不思議と何故か立ち止まってしまうパワースポットと感じ入ります。



          近くには12柱の神さまをお祀りしている金ぐい神社があります。










          五色旗、社名旗に加え、初巳大祭ならではの「四神旗」(四神=朱雀・青龍・白虎・玄武)の装飾も加わり、御本殿が御祈祷のたびごとに御開帳され、とにかくもご参拝におすすめなのがこの初巳大祭の時期です。












          社殿は精緻を極め美しく、普段より何処となく、祀られております神さま方の御力が、増しているような気さえいたします。




          正面が拝殿、奥が御本殿です。









          この初巳大祭の習わしは古く、お使いが蛇である弁財天信仰に基づくものですので、これを一年間に拡大したものが「巳歳御縁年大祭」という12年に一度のものです。




          御本殿の内陣の扉が開かれ、御簾も掲げられて、極端な言い方ですが、ご利益が倍増されるのがこの期間ですので、是非ともこの期間中のご参拝をおすすめいたします。




          一年に一度のことです。












          そうして金華山は一年に一度の盛大なお祭りを行い、神慮(しんりょ)を畏み、それが連綿と受け継がれて、現在が成り立っています。





          一年に一度、この期間だけは、何故かしら亡くなられた方々でもご存命の方々でも、金華山に特に御縁ある方々が集合して来て、お祭りを盛り上げようと、奮闘して気持ちが高まっているような気さえいたします。・・・




          「最重要儀」とされるゆえんです。・・




          皆さま是非ご来山・ご参拝くださいませ!







           

          さくら情報 3

          0
            金華山の桜情報第三弾です。


            ソメイヨシノはまだ満開で、本日強風により散り始めといったところです。


            神社の境内内における一角を写真で切り取ると、そこは桃源郷のような夢のような風景が現れてきます。



            (是非現地でご堪能ください!)










            拝殿前、常夜燈と桜も、なじみの光景でありますが、老木の桜とは言え、やはり映えます。







            老木で、とても大きい桜の木なのです。










            随神門前、枝垂れ桜が咲き始めてまいりました。










            御神木脇、コウボウ桜も別の角度からも見事です。


            樹齢200年は経つ木でしょうか、大きさは樹齢800余年のケヤキの木と遜色ありません。


            見事なものです。









            桜は、咲き誇ってから早くに散り始める、そのはかなさが美しいとされ、愛でられ、各地で植えられてきました。



            日本人のDNAのみならず恐らく外国の方も、その光景には否応なく何故か高揚するでしょう。



            そしてその日本的な美は、極めて日本的な神社境内に、殊の外似合います。





            昨日、熊本で大きな地震が起こってしまいました。


            被災地域の方々に謹んでお見舞い申し上げますとともに、一刻も早い救出と復旧をお祈り申し上げます。



             


            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << April 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 
              緑園
            • 金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 
              OK
            • 伊逹武将隊来山
              緑園
            • 伊逹武将隊来山
              蒼玉
            • 繭玉飾り、どんと祭
              蒼玉
            • 年の瀬に
              緑園
            • 明けましておめでとうございます
              緑園
            • 明けましておめでとうございます
            • 年の瀬に
              蒼玉
            • 随神門脇、祈祷殿前の玉垣竣工
              緑園

            links

            profile

            書いた記事数:388 最後に更新した日:2017/04/26

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM