初巳大祭のご案内

0

    来る4月30日、初巳大祭前夜祭が午後4時より斎行され、明くる5月1日午前10時(巳の刻)、初巳大祭本祭が斎行されます。

     

     

    弁財天に古くから由縁ある当社の、最重要儀の祭典です。

     

     

    5月1日から7日まで、初巳大祭は一週間行われ、毎朝、雅楽の奏でる中、開扉祭が執り行われて、期間中のご祈祷を受けられました方全員が御本殿御開帳の儀にご案内されます習わしです。

     

     

     

    今年は、桜が異様に早く咲いて、八重桜もすでに散り始めという異様な気象です。

     

     

    写真は昨年のものです。

     

     

    参道脇ヤマザクラがきれいに咲いています。

     

     

     

     

     

     

     

    初巳大祭本祭は御本殿・石の間にて執り行われ、期間中日曜日の、5月6日には神輿渡御が行われます。

     

     

     

    一年に一度の神さまのお出まし、桟橋まで神輿は下がり海潮祓いの特殊神事が行われます。

     

     

     

     

     

     

     

     

    牡鹿半島各浜の皆様に、神輿渡御にご協力頂き、今年は、やっと昨年参道が完成しましたので、震災後初めて、稚児行列も桟橋まで下がる予定となっております。

     

     

     

    震災7年、参道が完成するまでにも紆余曲折があり、ようやく日の目を見ることが出来ています。

     

     

     

     

    金華山の海と自然、神輿と信仰、などを併せて想うと、この地域に、古くから大事に大事にされてきたものだと分かります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    震災7年、他の地域よりずっと遅れ、復興はまだやっと端緒についたばかりですが、一年に一度のこの盛大な大祭を、是非間近で味わって頂きたいものと存じます。

     

     

     

    ゴールデンウィーク中、鮎川・女川両港ともに船便は増便されます。

     

     

    詳しくは船会社にお問い合わせください。

     

     

     

     

    金華山の1300年以上の伝統、初巳大祭が間もなく幕を開けようとしています。

     

     

     

     

     

    たまたまゴールデンウィークとも重なり、ご家族皆さま近隣お誘いあわせの上、この良い季節に、どうぞ皆さま奮ってご参拝下さいますよう、ご案内申し上げます。

     

     

     

     


    卯月、観光シーズン突入

    0

      気象上、記録づくめの3月は例年を越える暖かさと、実は降水量も例年より多かったようです。

       

       

      去る1月吉日、東京都、蟠篋臓Ε肇泪藩佑傍祷殿内の真榊一対をご奉納頂きました。

       

       

      3月になり、ようやく現物が出来上がって到着し、祈祷殿内にはすでに飾られております。

       

       

       

      様々な多方面の篤志者のご奉納によって、神社調度備品は整えられていきます。・・・

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       金華山の鹿も、この暖かさで芝生が芽吹き始め、飢えに苦しむことからはようやく完全に解放され、時間帯によって場所を移動し、一生懸命毎日芝生の新芽を食べております。

       

       

       

       

       

       

       

       

       金華山の桜は、例年仙台より2週間は遅れて咲くのが通常です。

       

       

       

       今年、全国的に桜の開花は早く、東京ではすでに満開を終え、仙台では開花から今週末から来週にかけて見頃のようです。

       

       

       

       金華山の桜はいまだまだつぼみから2分、3分咲き、土日で言えばおそらく14、15日か、21、22日辺りが見頃になるかと思われます。

       

       

       

       今年、初巳大祭も例年より早いのですが、桜も何故かそれに合わせたかのように極めて早くなっております。・・・

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       表参道の修復を、ボランティアさんの熱意を起動力・原動力として、神社職員で進めております。

       

       

       

       この場所は震災の年の9月の山津波によってすっかり流されて以来、修復のためにまず重機やダンプが通れるために、橋を直すことから始まって、震災7年、ようやく念願かなってこの進捗状況に手を付けられている現状です。

       

       

       

       ここまで来るためにも、実に紆余曲折、様々な苦労がありました。・・

       

       

       

       歴史深い金華山の、表参道を元のように修復しようという試みは、一筋縄では行かず、自然災害にも強く、参拝者が自然を楽しんで通れる趣ある道としなくてはなりません。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       未だ埋め立ては途中ですので、ご来山・ご参拝の際にはご注意願います。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       いったいいつから、金華山信仰は始まっているのか、たまに思うことですが、それは人類がこの周辺の地域に住み始め、この秀麗な山をご神体として崇めたことから始まっているという気がいたします。

       

       

       

       (それは不可侵な思いです・・)

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       この島の、自然と信仰は、仮に世界遺産までは残念ながらいかないとしても、日本の遺産には必ず数えられるべきものでありまして、豊かな土壌を、四季を通じて巡り合える豊かな自然の姿を、是非日本全国各地の方々に、ご堪能頂きましたら、幸いこの上ないことと存じます。

       

       

       

       

       黄金山神社、年間最も最重要儀の5月初巳大祭は、今年、暦上最も早く、5月1日に本祭が行われますので、何卒ご注意願います。

       

       

       

       

       卯月、春の暖かさとともに、シーズンがやってまいりました。

       

       

       

       

       

       


      旧正月、祈年祭のご案内

      0

        来る2月16日(金)は旧正月元旦に当たり、午前2時より元旦祭が斎行されます。

         

        こちらの元旦祭は一番祈祷を併合して執り行われますが、おこもりなされた方のみの参列となりますのでご注意ください。

         

         

        2月16日、旧正月元旦、鮎川港からは臨時便が運航されます。

         

         

         鮎川発 9:00 、 10:00 、 10:30  、 11:00 の4便です。

         

         折り返し金華山発 11:30 、 12:00 、13:00 、13:30 となりますのでご注意願います。

         

         

         「ホエール」もしくは「ドリーム」号にて運航する予定です。

         

         

        2月17日(土)、祈年祭の日は、女川港より 11:00 発   折り返し金華山発 15:15 の便が運航されますので

        こちらもご注目ください。

         

         

         

        とにかくも、船便が出ないと参拝出来ないのが金華山となっております。

         

         

         

        境内は雪景色も過ぎ、雪は次第に溶けてまいりました。

         

         

         

         

         

         

         

         こちらは昨年の祈年祭の模様です。

         

         

         祭典は常に厳粛に執り行われます。

         

         

         

         

         

         

         本年は、テントも張られた石の間において今年初めての大祭を盛大に執り行います。

         

         

         五穀豊穣他、今年一年の活力を祈念するお祭りでもあります。

         

         

         浦安の舞が奉納されます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         旧正月は2月16日から2月22日まで旧七朝祭としてご奉仕され、ご祈祷を受けられた方は、また必ず御本殿御開帳の儀にご案内される習わしとなっております。

         

         

         

         

         2月16日の旧正月元旦の鮎川船便、2月17日女川船便をご利用ください。

         

         

         2月18日(日)も旧正月七朝祭期間中に当たり、御本殿御開帳の儀がやはり執り行われます。

         

         

         

         立春正月を迎えたばかりかと思えば、この旧正月元旦、旧暦の暦は何かと深い意味があり、「新正は旧正の弟」と呼ばれるゆえんです。

         

         

         

         この時期、正月は何度もやってきますので、あらためてのスタートを踏み出したい方にはもってこいの旧正月元旦です。

         

         

         

         新正月同様に、準備を整えておりますが、この重みを考えると、やはり手抜かりなく入念に準備しなくてはなりません。・・・

         

         

         

         

         

         

         

         


        初詣船便!

        0

          12月25日、クリスマスも終わり、いよいよ新年に向けての機運が高まってまいります。

           

          去る12月23日は天皇陛下御誕生日に当たり、早朝、天長祭を斎行いたしました。

           

           

          クリスマス寒波が近年多いのは、日本のお祭りのほうももっと大事にやってください、という日本の八百万の神様のお言葉なのかもしれません。

           

           

          ともあれ、お正月は近づいています。

           

           

           

          第一授与所脇、裏参道降り口の辺りに謹賀新年の看板を設置済みです。

           

           

           

           

           

          そしてお正月船便ですが、

           

          元旦

           鮎川発 6:40、7:30、7:50、8:30、9:10、9:50、10:30、11:10、11:50、12:30、

               13:10、13:50   があります。

           

              この折り返しは金華山発7:50を始めとして最終15:15となっておりますのでご注意ください。

           

           女川発は 二年詣り便 12月31日 22:00発 、折り返し金華山発2:00を含め、元旦は

           

               6:20、8:00、10:00の3便となっております。

               この折り返し金華山発は、8:45、10:45、12:45となっております。

           

                  6:20発は特に「初日の出ご来光便」です。

           

          1月2日になりますと、

           鮎川発 9:00、10:00、11:30 と3便に減りまして、

             折り返し金華山発は 11:00、12:00、13:30 です。

           

           女川発は 11:00 、金華山折り返し13:30発が1月3日まで一便で同様です。

           

           

          1月3日、

           鮎川発は 10:00、11:00 の二便がありまして、

                 折り返し金華山発 12:00、13:00 となっております。

           

           

           いずれも、お客様が多すぎて対応しきれない場合は、臨時便や増船、+モーターボートが動くと思われますので、ご予約の方優先とはいえ、金華山の復興の様子をご覧に、振るってご参拝下さいますようご案内申し上げます。

           

           

           

           

           神社送迎車、トヨタ・ハイエースと日産・エルグランドも張り切って待ち備えております。

           

           

           

           

           

           

           

           エルグランドの内装はこんな感じです。

           

           

           ゆったりとしたシートです。

           

           

           

           

           

           

           そして今年4月に竣功しました金華山休憩所も、このお正月には十分に活用されることと予想されます。

           

           

           売店は?という声が多く聞かれるのですが、まだまだそこまでは残念ながら行かないようです。

           

           

           あくまでも船や神社送迎車の待合所です。  トイレはもちろんあります。

           

           

           

           

           

           

           今年10月の台風21号被害により、8月にせっかく完了したはずの参道工事がまたやり直されております。

           

           

           徒歩で登られる場合、お車の通行などにご注意ください。

           

           

           道幅は狭くなっております。

           

           

           

           

           

           

           

           

           いったい完全に復興と呼べる日はいつ来るのか、まだそれは分かりません。

           

           

           

           

           船便が平日も定期運航出来ることか、参拝者の数が震災以前まで戻ることか。

           

           

           

           少なくとも、あの震災の地震・津波の被害箇所・爪痕、その後の台風被害などの境内の傷跡は一つ一つ消して行きたいと思います。

           

           

           

           金華山がご神体山だとしたら、あちらこちらのそれは、神さまの傷跡なのです。

           

           

           

           海辺に出ると、爽やかな涼気が感じられました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           元旦、初詣の船便が、波風立たず滞りなくいきますように、祈念いたします。

           

           

           

           

           そして平成30年は残すところあと6日で、その幕を開けます。・・・・

           

           

           

           

           

           

           


          エルグランド搬入!

          0

            12月21日、福井県よりボランティアでずっと携わっておられます上川晴雄様より日産のワゴン車・エルグランドが参拝者の桟橋からの送迎用としてご奉納頂きました。!

             

             

             

             

            これ以前はカーシェアリング協会からご奉納頂きましたホンダ・オデッセイを送迎用としてご活躍させて頂いておりましたが、こちらのエルグランドも同じく8人乗り(運転手含めてなのでお客様は7人乗り)、お正月前に合わせて鮎川から台船で搬入し、到着次第、その安全と活躍を祈ってお祓いを行いました。

             

             

             

            既存の12人乗りトヨタ・ハイエースとともに送迎の力が増すこととなりました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            車内は思いの外広く、座席が可動できまして荷物も詰め込め、助手席は1人、小柄な方やお子様などが座られることを含めると2列シートで各々3人以上乗ることも出来、その場合は7人以上も乗れることになります。

             

             

             

             

             

             

             

            車内の写真は追ってお知らせいたします。

             

             

             

            参道はいまだ工事中ですが、これを持ちまして輸送力にかなりの戦力となり、多忙なお正月を何とか乗り越えられそうです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            とは言え、神社送迎車は正月期間、ピストンで桟橋から境内まで動いていますけれども、混雑の中、乗り切れない場合が想定されますので、足の悪い方・お年寄り・お子様などを優先されてご利用頂きますようお願い申し上げます。

             

             

             

             

            (なお送迎車をご利用頂きました祭は、「お気持ち」でけっこうですので車内の袋に運航維持のためのお賽銭を入れて頂くようお願いいたしております。)

             

             

             

             

             

            師走も早あと10日となりました。

             

             

             

             

            来る新年が待ち構えております。

             

             

             

            お正月の準備は、各所注連縄・紙垂を新しくするなどの他に、隅々までの清掃、そして諸々のやるべきことが山積するのが神社の常です。・・

             

             

             

            今年の汚れは今年のうちに・・・

             

             

             

            一年を区切って、また新しい魂を頂く日本のお正月の信仰は、まさに理にかなったものと思います。

             

             

             

            日付・暦とともに、何かがそこで大きく変わるのです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            来年の干支は戌歳(いぬどし)です。

             

             

            戊戌(つちのえいぬ)歳とも言いまして、十干の「戊(つちのえ・ぼ)」はもともと「茂(しげる)」をその語源とし、草木が繁茂して盛大になった様を表すと言われます。

             

             

             

             

            戊戌歳は、六十干支で言いますと、35番目に当たり、ちょうど中間ぐらいでしょうか、来年は甲子大黒祭も11月に行われますが、何よりも震災復興が、着実に進んで行く年であってほしいと願います。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            震災後巳年に福島県・室野井様ご奉納の狛犬も、ようやく犬年を迎え、生き生きとしている感があります。

             

             

             

             

            (来年は、この狛犬が降り口に鎮座する、表参道を何とか修復して、5月の神輿渡御を、震災後出来なかった表参道渡御を成し遂げたいと、切に願う次第であります。・・・)

             

             

             

             

            (今現在、表参道も歩いて登ることは普通に出来ますので、是非こちらの道もご利用下さい。)

             

             

             

             

             

            元旦・正月船便は別途ご連絡申し上げます。・・・

             

             

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << August 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:432 最後に更新した日:2018/06/20

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM