初巳大祭17日まで行われています

0
    5月10日、初巳大祭前夜祭が斎行され、5月11日、初巳大祭本祭が無事滞りなく終えました。


    そして始まったのがこの「初巳大祭」です。


    5月11日から一週間、5月17日までは毎朝「開扉祭」が行われ、御本殿の御扉が開かれて献饌し、この期間中の御祈祷の方はすべて御本殿御開帳の儀にご案内いたします習わしとなっておりまして、さらにご参籠(お泊り)の方は必ずこの「開扉祭」にご参列いただく習わしともなっております。



    天候不順で船も危ういという予報だった5月10日、11日を関係者各位他あらゆる方々のおかげさまをもちまして無事乗り切りまして、今年も順調に初巳大祭が滑り出し、始まりました。



    期間中日曜日には「神輿渡御」も執り行われます。今年は5月15日(日)です。



    巳の御縁であられるこの祭典が行われている期間は、毎年のこととはいえ、やはり何か特別な感じがいたします。



    金華山の神様方の御神威がいや増々に高まっているかのような。





    下の写真は弁財天奉安殿を遠目に見たもので、幟で装飾され、賑々しくなっております。



    ここの場所も、ロケーションも美しく、不思議と何故か立ち止まってしまうパワースポットと感じ入ります。



    近くには12柱の神さまをお祀りしている金ぐい神社があります。










    五色旗、社名旗に加え、初巳大祭ならではの「四神旗」(四神=朱雀・青龍・白虎・玄武)の装飾も加わり、御本殿が御祈祷のたびごとに御開帳され、とにかくもご参拝におすすめなのがこの初巳大祭の時期です。












    社殿は精緻を極め美しく、普段より何処となく、祀られております神さま方の御力が、増しているような気さえいたします。




    正面が拝殿、奥が御本殿です。









    この初巳大祭の習わしは古く、お使いが蛇である弁財天信仰に基づくものですので、これを一年間に拡大したものが「巳歳御縁年大祭」という12年に一度のものです。




    御本殿の内陣の扉が開かれ、御簾も掲げられて、極端な言い方ですが、ご利益が倍増されるのがこの期間ですので、是非ともこの期間中のご参拝をおすすめいたします。




    一年に一度のことです。












    そうして金華山は一年に一度の盛大なお祭りを行い、神慮(しんりょ)を畏み、それが連綿と受け継がれて、現在が成り立っています。





    一年に一度、この期間だけは、何故かしら亡くなられた方々でもご存命の方々でも、金華山に特に御縁ある方々が集合して来て、お祭りを盛り上げようと、奮闘して気持ちが高まっているような気さえいたします。・・・




    「最重要儀」とされるゆえんです。・・




    皆さま是非ご来山・ご参拝くださいませ!







     

    さくら情報 3

    0
      金華山の桜情報第三弾です。


      ソメイヨシノはまだ満開で、本日強風により散り始めといったところです。


      神社の境内内における一角を写真で切り取ると、そこは桃源郷のような夢のような風景が現れてきます。



      (是非現地でご堪能ください!)










      拝殿前、常夜燈と桜も、なじみの光景でありますが、老木の桜とは言え、やはり映えます。







      老木で、とても大きい桜の木なのです。










      随神門前、枝垂れ桜が咲き始めてまいりました。










      御神木脇、コウボウ桜も別の角度からも見事です。


      樹齢200年は経つ木でしょうか、大きさは樹齢800余年のケヤキの木と遜色ありません。


      見事なものです。









      桜は、咲き誇ってから早くに散り始める、そのはかなさが美しいとされ、愛でられ、各地で植えられてきました。



      日本人のDNAのみならず恐らく外国の方も、その光景には否応なく何故か高揚するでしょう。



      そしてその日本的な美は、極めて日本的な神社境内に、殊の外似合います。





      昨日、熊本で大きな地震が起こってしまいました。


      被災地域の方々に謹んでお見舞い申し上げますとともに、一刻も早い救出と復旧をお祈り申し上げます。



       

      桜情報2 +

      0
        緑園です。 


        金華山の桜ですが、只今ソメイヨシノは満開を迎えております。



        神社建築物に桜、というのはやはり映えます。 この境内内付近と、







        御神木脇、コウボウ桜がいま見事に咲いております。


        この見頃は今週一杯続くものと思われます。



        そして山桜、かなり遅れて八重桜が咲いてくるのがこの季節のことです。









        去る4月10日、安倍内閣総理大臣夫人・安倍昭恵様のご参拝がございました。



        西村禰宜が拝殿までご案内、ご説明致しました。












        石巻まではたびたび来られていられたとのことでありまして、この度ご縁あって金華山までご視察に来られ、この特異な場所に並々ならぬ関心を持たれたご様子でございました。


        有難うございました。





        竣功してからわずか二年の鳥居ですが、桜とも絶妙に合います。









        金華山の桜は、本来の見どころは鹿山公園にありまして、海と桜、という他ではあまり見られない絶景が広がるのですが、ソメイヨシノは樹齢100年にもなると老木・古木として桜の花びらはあまりつけなくなってしまいます。



        加えて病気が広がり、桜の桃源郷が見れたのは今は昔となってしまいました。



        それでもその片鱗はうかがい知れます。









        それにしても、「三陸復興国立公園」の文字が、金華山においてはやけに悲しく感じられるのが気にかかります。




        海の絶景にわざわざ「復興」の文字が入ることで、いつでも震災が思い出されてしまいます。










        「南三陸金華山国定公園」の看板でしたが、地名が消されてしまい、「復興」という漠然としたものが残りました。



        それはそのせっかくの絶景と体験が、必ず瞬時にある特定の記憶と結び付けさせざるを得ないことになり、何となく煩悶したものが残ります。



        このことは昭恵夫人にお伝えすることはできませんでした。・・・




        とにかく桜は満開です!!





         

        初詣船便!

        0
          街並みの整い方が急速に進んでいる女川港の船便からお知らせします。


          平成27年12月31日には

             女川発 13:00   金華山発 13:45 
             女川発 22:00   金華山発  2:00

             の2便があります。 「ベガ」62名乗りです。

          平成28年1月1日は

             女川発  6:20 に2艘「ベガ」「アルティア」が出航し
             金華山発  9:00 で折り返します。
             同じく女川発  10:00 で2艘、金華山発13:30 で2艘折り返します。

               1月2日は

              女川発 11:00 、 金華山発 13:30 でやはり「ベガ」「アルティア」の2艘が出ます。

               1月3日も同様です。 ちなみに「ベガ」62名乗り、「アルティア」65名乗りで、

             詳しくは女川航路蠶プランニング 090−4639−9038 もしくは0225−98−9038まで
            お問い合わせ下さい。


          そして肝心の鮎川航路ですが、
          「ホエール」もしくは「ドリーム」が運航する臨時時刻は以下の通りとなっております。

          平成28年1月1日

               鮎川発      金華山発
              6:40      
              7:20      7:50
              7:50      8:30
              8:30      9:10
              9:10      9:50
              9:50     10:30
             10:30     11:10
             11:10     11:50
             11:50     12:30
             12:30     13:10
             13:10     13:50
             14:00     14:30
                       15:30     
            

          1月2日は、

               鮎川発       金華山発
               9:00      11:00
              10:00      12:00
              11:30      13:30


          1月3日は、

               鮎川発       金華山発
              10:00      12:00
              11:00      13:30


          これらの臨時便以外にも不定期航路として12人乗りのモーターボートが運航する予定ですので、
          詳しくは鮎川航路 金華山航路事業協同組合0225−44−1850
            もしくは蟠皺攣慨儻 0225−45−3377
                シードリーム金華山汽船蝪娃横横機檻苅粥檻隠娃毅
          までお問合せ願います。



          初詣は年間最も船便が増便される期間です。


          船が動かないと金華山には渡れませんので、この機会にどうぞ金華山にお渡り頂き、
          元旦零時から執り行われる七朝祭の大護摩祈祷にご参列頂きまして、多大なるご利益を授かりましたら、幸いに存じます。




          震災から5回目のお正月、金華山を盛り上げるべく、風の旅行社扱い地球の歩き方ボランティアツアー、ならびにVCを支援する会皆様の有志のボランティアの方々が今日先ほど到着されました。


          平成25年巳年正月から数えて4回目の正月のご奉仕となり、手慣れた手腕に期待がかかり自律した態勢で受け入れ体制はすでに万全に整っております。  




          皆さま良いお年を迎えられますことを・・・霊島金華山からお祈り申し上げます。




           

          恵比須祭ご案内

          0
             10月4日(日)、神鹿角切り行事祭は万端滞りなく終了いたしました。



             神社分の写真がなかったため、掲載された新聞記事の河北新報のものと石巻かほくのものの写真をお届けいたします。










             表参道赤鳥居の修復工事もようやく終わり、コンクリートの型枠をはずして周辺の土砂を埋め立て、矯正のロープ・バンドもはずして完了です。










             今日の佳き日にお祓いをいたしました。









             続く10月12日(祝)、正午からは恵比須祭が執り行われます。



             10月の三連休最後の日ですが、鮎川・女川ともに増便される見込みですので、是非ご参拝くださいますようご案内申し上げます。



             写真は修復完了した神楽殿(舞殿)です。







             上川さんの仕事は以上の鳥居修復・舞殿修復のみならず重機修理からご参拝者休憩室の看板作成・取り付けまで行って頂きました。



             由緒版下にある看板と、大広間前に二か所立てましたが、この看板の通り、休憩室は大広間を開放しておりますので、是非こちらをご利用下さいますようお知らせいたします。









             お札・お守り・お土産はもちろんトイレも中の休憩室のものをご利用いただいたほうが便利ですので、ご来山のおりにはお気にせず大広間にお入りください。



             
             朝明けるのが次第に遅くなり、夕方暮れるのが日増しに早くなる秋の日の今日この頃です。





             連休日曜日、祝日は船も混み合いますので、各船会社にご予約のほどを何卒宜しくお願い申し上げます。




             10月12日(祝)、恵比須祭が斎行されます。




             


            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 
              緑園
            • 金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 
              OK
            • 伊逹武将隊来山
              緑園
            • 伊逹武将隊来山
              蒼玉
            • 繭玉飾り、どんと祭
              蒼玉
            • 年の瀬に
              緑園
            • 明けましておめでとうございます
              緑園
            • 明けましておめでとうございます
            • 年の瀬に
              蒼玉
            • 随神門脇、祈祷殿前の玉垣竣工
              緑園

            links

            profile

            書いた記事数:383 最後に更新した日:2017/03/18

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM