大海祇神社例祭

0

    3月11日、震災6年目の日を迎えて早朝東日本大震災復興祈願祭を斎行し、午後2時46分には黙祷を捧げました。

     

    そして3月17日の彼岸の入りの日には翌日の大海祇神社例祭に備えて、26名の参籠者がいらっしゃいました。

     

     

    その中の大部分をしめる東京都・井戸理恵子様グループの中でも、バリの舞踊に心得がある方がおられ、その舞踊を祈祷殿にて神前奉納して頂いた折の写真です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ミロクの菩薩は金華山にも通じるものがあり、神社風景を背後に、国境を越えて神仏の融合かのような素晴らしいご奉納でした。

     

     

     

    明くる18日、早朝より一番祈祷が行われ、午前10時巳の刻より頂上大海祇神社にて例祭が執り行われました。

     

     

     

    今年は例年になく穏やかな気候で、日差しが暖かく、体感温度は標高445mゆえ幾らか寒いものの、これほど穏やかな頂上例祭も初めてという声も聞かれました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    頂上護摩壇に点火の儀を終え、先ずは大祓詞にて修祓が行われて祭儀が進行して行きます。

     

     

    この頂上護摩壇も、思えば震災時、多方に吹っ飛んで、修復のために幾度も登頂したことでした。

     

     

     

     

     

     

     

    そしてこちらの大海祇神社の社殿もお宮が地震で半壊となり、修復のための資材を、全国神青協の方々のご協力で担いで上がったものでした。

     

     

    今や修復された個所は以前から当たり前のようにあるように、立派に佇んでおります。

     

     

    そしてさらに思えば、こちらのお宮が当初建立されたときにはもっと多くの困難があったことでしょう。

     

     

     

    頂上にこれだけのお宮があること自体が金華山信仰のなせる業かと思います。・・・

     

     

     

    祭儀は当日ご来山の方も含め、全34名のご参列のもと、無事万端滞りなく終えました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    3月18日の頂上の例祭日にこれだけの方々が登頂して参列されることは、実は震災前はあまりなかったことで、こうした変化も重要なものと受け止める次第です。

     

     

    1年に一度の例祭が、このように多くのご参列のもと執り行われましたことを嬉しく思います。

     

     

     

    この賑わいは、きっと神様もお喜びになられて、雪の残る頂上付近でも晴れて穏やかな天候をもたらしていただいたものと感謝いたしたく存じます。

     

     

     

    ちょうど今日から春の3連休となり、4月からは桟橋の金華山船待合所もオープンし、いよいよ観光シーズンが訪れます。

     

     

     

     

     

     

     

     


    金光水復旧作業  〜 第二章 

    0

      3月4日、土曜日のお昼を過ぎて、東屋解体は鉄の部分とボルトでつながっている木材をはずし、鉄で出来た棟木部分をそのままでは重すぎて運べないということからまた上川さんがそれを四分割されて、後で溶接して組み立てるためのしるしをつけ、その四分割された鉄骨をロープをかけて引っ張り上げることとなりました。

       

       

      重いものは多人数で運ぶ、原始的ですが、理にかなった常套手段です。

       

       

      マンパワーが活躍します。

       

       

       

       

       

       

       

      それも慣れてくると少人数で運ぶことも出来、足場に気を付けて慎重に上方へ、元の場所へ戻します。

       

       

       

       

       

       

       

      お水取り場は乱雑としてきましたが、必要な資材をすべて運ぶことに成功しました。

       

       

       

       

       

       

      山津波で流された東屋はとうとうすべて解体されて運ばれ、残された震災遺構のような鉄の柱を中心として記念写真を撮りました。

       

       

      まだ作業当日の土曜日、夕方の頃でした。

       

       

      この鉄の柱がここに残されることで、あの時ここまで東屋が流されたのだよ、というしるしになって良いのかもしれません。

       

       

      石巻の津波で流された鯨の大きな缶詰も、日和大橋付近でしばらくそのままになっておりましたが、今は撤去され、津波襲来の地にはここまで津波が来ました、というしるしが各地電柱などに取り付けられております。

       

       

      この金光水の東屋も、それに似た、自然の猛威と不思議を感じさせる、6年間ずっとそのままになっていた、震災遺構的なものでした。

       

       

      とうとうそれが解体できました。

       

       

       

       

       

       

       

       

      それからの組み立ての段取りはまた苦難を極めます。

       

       

      作業は常に段取り八分、まずは足場づくりから整えられて行きます。

       

       

       

       

       

       

       

      足場作り班と木材資材の釘抜き班に分かれて作業頂きました。

       

       

      こちらも多数の釘が残されており、地道な作業でしたが、大事なところでした。

       

       

       

       

       

       

      鉄骨は出来立ての足場に次々と上げられて行き、重いものにも関わらず、それはやってみると案ずるより産むが安しで意外とスムーズに進みました。

       

       

      ここでもマンパワーです。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      そして出来上がったのがこちらの状態です。

       

       

      微調整を経て、鉄骨が水平になり、溶接されやすい形となりました。

       

       

       

       

       

       

      あたかも棟上げ式かのような形で出来上がったわけですが、ここから柱を立て、屋根を作っていく作業はまた多難を極めていきます。

       

       

      それにしても、1日半で解体が完了して上方に上げられたこと、延べ3日間であの流された東屋がここまで再建できたことは、本当にマジックのようでした。

       

       

      総監督の上川さんも17名の若い方を細かい部分まで指揮され、お疲れの様子であられましたが、携われた皆様も全力奮闘頂きました。

       

       

       

      金光水は現在このような形となっておりますが、今後少しずつ工事は進んでいく予定です。

       

       

       

      今年中に出来上がれば、それはまた竣工祭を行い、祝うべき事柄です。

       

       

       

      少しずつ、少しずつ、復旧復興が進んで行きます。・・・  多くの皆様のお手をお借りいたしながら・・・

       

       

       

       

       


      金光水復旧作業  〜 第二章

      0

        平成23年の震災の年の山津波で本来の場所から100〜200m流されてしまった金光水東屋、その復旧作業にまたしてもthis is a pen様17名が東京都より一泊二日で駆け付けて頂きました。

         

        3月4日、5日のことです。

         

         

        それ以前に、東屋の屋根は上川さん・三上さんの尽力によりここまで解体されておりました。

         

         

         

         

         

         

        福井県よりお越しのボランティア・上川さんは溶接訓練校の講師でおられ、アフリカのケニアにも溶接を教えに行かれたほどの熟練されたスペシャリストです。

         

        酸素等のガスボンベにより鉄を溶かして切ることもお手の物で、金属などの物質の性質をよく熟知していらっしゃいます。

         

         

         

         

         

         

        はたまた、今回は、現役ムエタイのライト級世界チャンピオンの梅野様にもご参加頂いておりました。

         

         

        持ち前のパワーで垂木解体作業などに従事頂き、金華山下山前にチャンピオンベルトを拝観できかねたことが残念でしたが、快くボランティア作業にご参加頂き、その持ち前の力には皆心強く、そのスター性からも士気を高めて頂き、誠に有難うございました。

         

         

         

         

         

         

        垂木は見る見る間に解体が進められて行き、骨組みは残すところわずかとなって行きました。

         

         

         

         

         

         

         

         

        そしてすべての垂木が外され、背骨の部分を取り外したところで、ちょうどその日のお昼となりました。

         

         

         

         

         

         

         

        バール、ハンマーを駆使して外し、人力で上方まで運ぶという作業を繰り返し、繰り返しの中で皆さまも熟練されて行き、マンパワーを目の当たりに致しましたが、これはまだまだ始まりでした。

         

         

         

         

         

         

         

         


        金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 

        0

           二日目、作業は佳境に入っており、銅板めくりはすべて終了して、下の防水シート、並びに木材をはがしていく作業が中心となって行きました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           一方で、お水取り場の周辺をきれいにするための古い瓦の運搬と、砂利の運搬も並行して行われ、砂利は重さ20キロほどですが、これを3袋持ち運んだ方もおられたほどでした。

           

           

           

           

           

           

           

           

           東屋の下地木材にもすべてナンバリングが振られ、ハンマーやバールで解体が進められて行きます。

           

           

           

           

           

           

           

           

           砂利運搬部隊も断続的に動いて相当の量を運びました。

           

           

           足場に利用する単管パイプやその他資材も運びました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           まだ経過は途中ですが、ご参拝の皆さまもお水取りも含めて是非「金光水」のお水取場に足を運ばれ、作業進捗の様子をご覧いただきましたら幸いです。

           

           

           受付所から歩いて10分のところです。

           

           「金光水」の看板が5か所くらい立っておりますので、迷う心配はありません。

           

           

           

           

           

           

           

           作業がもっと進めば、こちらに東屋が再建されます。

           

           

           今回の作業でも、霊泉のご利益はいや益々に増したかもしれません。

           

           

           

           

           

           

           

           今後作業は継続され、東屋は完全に解体され、本来の現地にて再建されることと思います。

           

           

           今回だけでこれほど進みました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           そのためのまさに道づくりをして頂きましたボランティアの皆さまに感謝申し上げます。

           

           

           

           

           

           

           

           

           復旧必要箇所は、境内のあちこちに未だ多くあるのですが、震災以来手つかずのここに手を入れられたことは、大きい一歩でした。

           

           

           

           皆さまお疲れ様でございました。! また有難うございました。

           

           

           

           

           間もなく3月となり、震災6年目の11日を迎えます。

           

           

           

           時間が経つのは早いものですが、未だスタートにすら立てない地区もあると聞くといたたまれない気持ちになります。

           

           

           

           とにかくも一歩一歩、泥沼の中でも歩みを進めて行く覚悟で、やがて軽やかな一歩も歩めるのかもしれないと前を向いて進んで行きます。・・・

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 

          0

             2月18日(土)、19日(日)、東京都よりthis is a pen様17名がボランティア作業支援で一泊二日で駆け付けて頂きました。

             

             

             上川さん・三上さんの特殊監督部隊が揃っているため、高度な作業も他に可能なところは幾つかあったのですが、人数が多めであったため、多人数で出来ることとして金光水お水取り場の復旧作業に終始専念することとなりました。 

             

             

             皆さまお参りされてから作業に取り掛かる習わしとなっています。

             

             

             この作業安全のお参りが非常に大事なことは、すでに熟知されています。

             

             

             

             

             

             

             

             

             現場は、ちょっと分かりづらいところにありますが、受付所後ろから5分から10分歩いたところにある「金光水」というお水取り場です。

             

             

             

             「金光水」は金華山五大霊泉の一つで、他に銀光水・天狗の力水、滑石神社水取り場などがあり、そのうち最も重要なお水取り場でした。

             

             

             平成23年の震災の年の台風被害でその東屋が下方100〜200m流されたままになっており、それ以来ずっと手付かずの場所でした。

             

             

             

             

             

             

             

             

             現地に来られないと分かりづらいところですが、下方に流れてしまった東屋を一度解体して上まで運び、本来の場所で再び組み直すという大仕事です。

             

             

             

             

             

             

             

             

             その計画は福井県・上川さんマジックによる発案でした。

             

             

             

             そしてまずは物を運ぶための道づくりから始まります。

             

             

             段取り八分、下地が常に重要です。

             

             

             けもの道を、人がすれ違えるだけの平坦な道に作って行きます。

             

             

             

             

             

             

             

             

             そしてようやく現場にたどり着きました。

             

             

             東屋の屋根の部分の角を埋もれているところから出すことで始まります。

             

             

             

             

             

             

             

             

             上川さんは、三上さんともにボランティア中のボランティアの方で、人出が多いときもその本領をいかんなく発揮されます。

             

             

             そのリクエストのレベルは高く、それについていく形で作業が進められて行きました。

             

             

             

             

             

             

             道がみるみる見違えるほど道らしくなって行きました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             そして東屋に到着すると、銅板の屋根にそれぞれどの方向の何段目のものか、東西南北と番号をマジックペンでナンバリングする作業が始まりました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             this is a pen代表の岡田章吾さんです。

             

             

             たまたまペンを持つ作業も就かれましたが、一団体のリーダーとして申し分ない人格者でおられ、モデルの仕事が本業とはいえ、ボランティア作業においても経験豊富で後輩方に慕われ、常に高い志で参加者のモチベーションを高め、優しいジェントルメンかつナイスガイを具現化された方でおられます。

             

             

             

             

             

             

             

             そんなモチベーションの高いまま作業は進められ、いよいよ銅板めくりの段階に入ってまいりました。

             

             

             

             

             

             

             

             同時並行で肝心のお水取り場の周辺をきれいにしようと、古い瓦を運び、水取場の湧き水の流れも三上さん主導で復旧させ、砕石と玉砂利も運ぶ作業が行われておりました。

             

             

             

             

             

             

             

             そして続きがあります。

             

             

             

             砂利等運搬の際には、かつて金華山頂上に大海祇神社修復のため活用された、神道青年全国協議会奉納による背負子(しょいこ)が大活躍いたしました。

             

             

             

             

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 
              緑園
            • 金光水復旧作業  〜 this is a pen × 金華山 
              OK
            • 伊逹武将隊来山
              緑園
            • 伊逹武将隊来山
              蒼玉
            • 繭玉飾り、どんと祭
              蒼玉
            • 年の瀬に
              緑園
            • 明けましておめでとうございます
              緑園
            • 明けましておめでとうございます
            • 年の瀬に
              蒼玉
            • 随神門脇、祈祷殿前の玉垣竣工
              緑園

            links

            profile

            書いた記事数:383 最後に更新した日:2017/03/18

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM